豚に真珠、猫に小判

2016/07/19 10:53:38 | フィリピン雑学帳 | コメント:4件

女房の生まれ故郷であるリサール州のど田舎町で年に一度のフィエスタ(お祭り)が開かれるので遊びに来いよ!と誘われた。ふだんは何にもない田舎町もこの日は出店があふれるし、各家庭ではご馳走を用意して親戚たちをもてなす仕来りだからさあぁ!と言うのだ。

筆者もフィリピンに移住した最初の年は喜び勇んでフィエスタに参加したのだが、出店も30分ほど見ているうちにすっかり飽きてしまい、結局はただ単にメシ食って飲んでるだけの2日間は退屈で仕方が無いため過去2回のフィエスタは遠慮させていただいていたのだ。

ところがいつもは何事も遠慮がちな義弟がやけに熱心に誘ってくるので変だな・・と思っていたら、案の定「日本で買ってきたウィスキーを持ってきてくれよ」と言い出した。1か月前に帰国した際に筆者と義弟と従兄弟ラフィーで一本空けたバランタインの17年のことである。

ブレンドウィスキーの代表的な銘柄を欲しがるなんてフィリピン人にしてはなかなか舌が肥えてるじゃないか・・とお思いだろうが、本当のことを言うと義弟が最初の一杯を呑んだ時の感想は「ランバノグみたいな味がする」というモノだったのだ。

ランバノグとうのはヤシの実ジュースを蒸留させた酒で、甘ったるくてアルコール度は高いため最下層の人間しか飲まない粗悪な酒なのだ。当然のことながらそのランバノグとウィスキーの至宝を混同するとは、お前の舌はどうなってるんだ!と怒り心頭に達したことは言うまでもない。





筆者の反応にビックリした義弟は「これは良い酒なんだ」と思い込むことでその場をやりしのぎ、さらに筆者に「バランタインを呑ましてくれよ」という事で自分も味が判る人間なのだと思わせたいらしいのだが、問題はフィエスタの際に呑もう!という申し出だ。

前述の通りフィエスタではメシや酒をふるまうのが習わしだから、当然義弟の友人や隣人たちもバランタインを呑むことになるわけだけれども、彼らは義弟同様に安酒しか飲んでいから「こいつは新種のランバノグか?」みたいなアホなコメントを聞かされることになるのである。

いや酒の種類を待ち変えるだけならまだ良い方で、いきなりコーラやスプライトを注ぎ始める可能性だってあるのだ。筆者は中韓両国民以外には人種偏見を持たぬけれど、フィリピンの田舎のオッちゃんたちに高級なモノなどハナから判るわけが無いのである。

豚に真珠、猫の小判とはまさにこのことで、義弟の娘アビーがカマンベールチーズを食うや忽ちゲゲーッと吐き出したように、彼らに少々値の張るものを与える事は単に金をドブに捨てるのと同じことなのである。

さて週末のフィエスタだが田舎に行っても大して面白くないので正直気が重い・・。それとバランタイン17年も持っていくだけ無駄だから、今のうち筆者自身で一本空けて、中身をランバノグにすり替えておくか・・。それに粗悪なウィスキーでも混ぜておけばどうせわかりゃしないだろう。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

2016/07/19(火) 12:30:34 | URL | starchild #/9hBKkrU
ランバノグも高級品があるそうです。

参考:
http://tanida.cognacfan.com/my_home_bar/Spirits_lambanog.html

産地によって、高級ランバノグのメーカー・醸造所も違うようですが、例えばインファンタでは、

http://investphilippines.org/siliconvalley/news/lambanog-wins-double-gold-medal-in-world-spirits-competition/

みたいな酒造メーカーがあります。

あと、有名なのは、ラカンですよね。

http://www.lakan.com.ph/

酒の味はわかりませんので、筆者さん。これらのプレミアム グレードのラバノッグを試飲してもらって、ご報告お願いします。

ただし、これらのメーカーは比較的新しく、従って、寝かせる年数も長くないと思います。
探せば、歴史あるメーカーで、ココナッツサップ100%、銅製の蒸留器で2回蒸留みたいな醸造所の製品が見つかると思います。

ピリピン人に高級酒!

2016/07/19(火) 13:22:14 | URL | Poyopoyo #-
安酒のトバでも、あおらせとけばええのよ。
そのうち、肝臓やられて若くしてあの世行き!笑

トゥバ

2016/07/20(水) 09:11:28 | URL | starchild #/9hBKkrU
ココヤシの花の茎を切って、この樹液を発酵菌を入れた竹筒水筒にためながら、発酵させて、糖分をアルコールに変えた、インスタント自然発酵酒ですから、添加物もないし体に優しいのじゃ?
数日後、お酢に変わりますが、このお酢、都会では高級酢です。

豚の(蒸し)焼きに(田舎料理、石焼芋の要領で、炭・(たき火の後の)の中に、肉塊を入れて調理。バナナの葉で包むのも可。この酢醤油をつけて食すると絶対上手い。

2016/07/20(水) 11:13:40 | URL | hanep #-
二枚目の写真が秀逸すぎると思ったのは、俺だけだろうか。

そうそう、酢になるんよね。あれはフィリピンの知恵だね。知り合いもサトウキビで作ってますよ。健康にむちゃくちゃいいとか言ってて、結構本格的に作ってますよ。

そういや原料からスタートして、機械まで買って作っている超本格派な人だった。俺にはそこまで真似できない・・。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/999-c767310a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)