スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカバカしい女性陣とのバカバカしいひと時

風邪をひいて寝込んでいた筆者は突然女房の姪っ子に叩き起こされた。日本語の翻訳が必要だと言うのである。

居間に行ってみると義妹、従姉妹ジュミ、従姉妹フィリン、そして女房と姪っ子の5人が日本から買ってきた美容用品を熱心に眺めていたのだ。

またかよ・・。そう、以前の日記で書いた通り日本の美容用品の説明と言うのはあまり論理的でなく、さらに○○○酸とか塩化△△ナーゼなんて理系の筆者でも聞いたことが無い物質名が出て来るので、それを翻訳するのが億劫なのだ。

まあそれでも一応親戚だから「この商品には○○○菌が1粒で10億個入っている」なんて説明するのだが、案の定この女たちは○○○菌の効能ではなく「まあ!10億個も!」と数字の方に驚いてしまう。

まったくコイツらの脳内はどういう設計構造になっているんだろう・・と筆者はあきれ果てていたが、その時この阿呆どもにとって正に格好の商品が現れた。それが下の写真である。





すっぽんとフカヒレ、ツバメの巣の成分をマリアージュしたコラーゲンサプリ「うるうる美ツブ30日分・・・・・。

シャークスフィンとかスワローズ・ネストという単語が出てきた途端に女たちの表情が今までとは打って変わって輝きを増してきた。そりゃこの連中でも中華料理の食材は知ってるからやっと自分にも理解できるだけなんだろうけど・・。

ところがソフト・シェル・タートルというのが良くイメージ出来ないようなので、親切な筆者はYOUTUBEでスッポン鍋の動画を見せたところ一番食い意地の張ったジュミが「美味しそうだわ・・」と呟く。

つまりね!このクスリはアジア三大スープのエキスを抽出しただけでなくコラーゲンがお肌をしっとりと・・と説明する間もなく、いきなりパッケージを開けて中の錠剤の匂いを嗅ぎ始める女性陣・・。

美容に関する女性の知識なんて所詮はこんなものなのである。だったら医薬品メーカーも小難しい化学用語を駆使するのではなく、キャビアとトリュフとフォアグラを配合したスキンクリームなんて開発したら如何だろうか?






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

ははは。そんなものですよ。
ご存知のフィリピンで一番設けている、ピラミッド販売のメイン商品。

健康サプリですが、日本で有名になった有名どころをすべて混ぜてある。
紅茶きのこ、どこかのアガリクス、竹の炭、かえで、グアバ… 何十種類か混ぜてある。

で、偶然効いた人がいれば、大宣伝。

クリーム類だって

コウジ酸、コラーゲン、胎盤ホルモン、ビタミンA,D,Eと亀のこ違い、(ビタミンA誘導体は、怖いですよ。なめたら奇形児誕生の可能性があるのに)それに紫外線カット… このあたりが、氾濫している。

プラセボこうかもあるから、効くのでしょう。
私のところも、カラマンシーと顔化粧品用ホワイトへナとオキシフルとフルクリームミルクと、ココオイルで作った石鹸とか、何かと混ぜマクって、使ってます。生活の知恵ネット版(ネチズン版)かな?

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/980-09896be3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。