ぜんぜん届かないSAL便

2016/06/10 09:14:19 | 旅行 | コメント:1件

1ヶ月前京都にいる時に買い集めた食品類をフィリピンへ送ったのだが、本来2〜3週間で届くはずなのに今だに到着していないと受取人のエスター叔母から電話があった。頼んだのは郵便局のSAL便という航空便で、前回日本から送った際は10日くらいで着いたのだ。

郵便局の検索エンジンを見ると大阪郵便局から5月12日に発送されているがその先は何も書かれていない。それとエスター叔母が義妹と一緒にパッシグの郵便局に行ったら「この取扱番号自体がコンピューターシステム上に無い」と言われてしまったというのだ。

バミューダトライアングルじゃあるまいし荷物が消えるか!と思ったが、念のため発送依頼した京都三条御幸町郵便局に電話をかけたところ「ウチはねえ、受け取った後の事は一切分かりかねますからご自分で探して貰って・・」と横柄な口調で言った。全く京都人らしき実に無責任な態度である。

それで仕方なくただいま滞在中の那覇の郵便局に相談に行ったところ、アロハシャツ姿の職員が「これはいくら何でも遅すぎますね」と言うや調査依頼書なる紙を持ってきてくれた。ここに書き込めば調査してくれるというのだが、残念ながら返事は1ヶ月くらい先、しかも日本国内への郵送でしか出来ないらしい。

しかし何で今回は届かないのか?と訝っていたが、義妹から話を聞きつけた隣人ビーン叔母さんが「そりゃ大統領選挙が原因だよ!」とご注進に現れたらしい。なんと汚職摘発を恐れた税関や郵便局員らが仕事を放棄してしまい業務が滞っているケースが増えており、現にビーン叔母さんが故郷ダバオに送った小包もいつまで経っても届かないというのだ。

筆者はこんな話など全然信じないが、義妹や叔母達は「それは大いに関係があるわね」と本気で思ってる節があり、呆れたことに女房もデュテルテが就任するまで荷物は届かないかもね・・と言い出した。

馬鹿らしい・・。汚職でクビ確定の不良税関職員が郵便小包を持ち逃げしたという方がまだ説得力がある話だわい。しかし盗人役人もマルタイ棒ラーメンやスパゲティソースと圧力釜なんか盗んでどうするんだろう。それともダーティハリー登場を前にそんなに切羽詰まってるんだろうか?






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

2016/06/10(金) 14:21:24 | URL | hanep #-
私も、一度同じような目に遭いました。
結果は三か月かかりました。

一か月?まだまだ遅延の内に入りません。想定内です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/960-266e8cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)