スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄に欠けているもの

筆者の今回の旅は女房のビザ期間ギリギリの3ヶ月間と結構長いもので、メインイベントである京都と沖縄の2カ所ではそれぞれ1ヶ月過ごす予定を組んであったのだが、京都を去る時に実に名残惜しそうにしていた女房が沖縄に対してはかなり冷淡である事に驚いてしまった。

お前なあ・・、ここは多くの人が魅せられる日本屈指の名所なんだぞ・・と説明しても、女房の中ではココは鹿児島よりも下!と言う判断が固まっていて、こんなどうしようもない街よりもダバオの方がよっぽどマトモだ!と言い張って聞かないのである。

おそらく南国育ちの女房とっては京都などの北方文化こそがエキゾチックであって、自分の生まれ育ったフィリピンと同じエッセンスを持つ沖縄には目新しさを感じないのだろうと思っているのだが、ではお前自身リゾート地としての沖縄が好きか?と問われると筆者も正直そう思わないのである。





海は綺麗かもしれないがバリやプーケットに比べればリゾートとしては相当劣るし、今まで行った中では一番退屈なマイアミよりも下、まあ湘南や伊豆に毛が生えた程度のビーチリゾートと言うより海水浴場という一段劣る名称が似合う場所にしか思えないのだ。

それで沖縄に欠けているのは一体何なのか?と考えてみたのだが、バリやプーケットが持つアジア独自の紫の風が漂うエクゾチックさには遥か遠く及ばないものの沖縄には独自の南国文化があるし、逆に文化の香りなんか全然無いフィリピンやマレーシアのビーチには客が集まっているではないか。

沖縄にはビーチリゾートとしての重要なものが決定的に欠けている・・とぼんやり考えているとある結論に辿り着いた。それは昔インドのゴアで出会った男が言っていた「ビーチは人を淫靡にさせる」という一言である。そう!沖縄に徹底的に欠けているのはセックスの香りである。





カリブ海やブラジル、タイやロシアのソチなり地中海にしろ観光客はビーチにやりまくりに来るのである。ところが沖縄ときたらコカコーラのCMのようにスカッと爽やかなだけで、どよんとした淫らな空気に浸りたい人たちの潜在願望が満たせないのだ。

ゴーギャンの絵が南の島の奔放なセックスを匂わせているのに対し、沖縄から感じるのは米軍基地やひめゆりの塔、失業率みたいなNHK教育テレビ的なイメージがどうしても混じってしまう。沖縄には怒られに行くだけでなく学習までさせられるのはたまったものでは無い。

まあ中国人は日本人は何処でもエロAVみたいにやりまくってるんだ・・と思ってるから沖縄の禁欲さや説教癖は全く目に入らなのだろうが、より強力なビーチリゾートにアップグレードするなら沖縄県知事はもっと色気のある観光政策を作らないとね。正直あんたらの難しい話聞くのは飽きたよ。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

最後の写真、泰のぷーけっとですか?かわりましたね。

おきなわ本島なんて、何にも観光資源がない島だから。

海の綺麗な離島あたりを特区指定で、ぷーけっと風の歓楽地リゾートか、ボラカイ風のリゾート開発すればよいのに。

白人系が楽しめないようなビーチでは、駄目でしょうね。勿論、オリエンタル スピリッツも取り入れて。

米軍をもっと上手く利用して、地域活性を考えればよいのに。

全島免税化も面白いと思うけど。

ところで、中国は帰国者の免税品の基準、税率を大幅に小さく・大きくして、高級時計なんか60%かけるそうで。高級バックは30%。おかげで全世界で爆買い大幅ダウン。

全島免税かすれば、本土から買い桃客集まるのじゃ。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/955-e6f0ef59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。