レニ・ロブレドって誰?

フィリピンの大統領選は大方の予想通りダバオ市長デュテルテが当選を決めたようだが、副大統領の方はマルコスJrとレニ・ロブレド女史の接戦が続いていると聞いて驚いてしまった。レニ・ロブレド・・?誰だそりゃ?。そう、筆者はフィリピン居住者ながらこの女性候補だけはちっとも注意を払ってこなかったのである。

彼女が現アキノ大統領から後継者指名を受けたマー・ロハス大領両候補とタンデムを組んでいる事は一応は知っていたものの、前述のマルコスJrやエスクデロに比べると全然知名度が無いのでこんなのは泡沫候補だ!としか思っていなかったのだ。それが現在トップを争っているとは・・と唖然としているのだ。

ところがこれは筆者の不勉強だけかと思いきや女房や義妹、それと近しい従兄妹たち全員が似たような状況らしい。というのは皆で従兄弟ジェンの家に集まって選挙番組を観ている最中に私はグレース・ポーに投票した!とか、俺はマルコスJrに入れたんだ!などと白状しあっていたのだが、レニ・ロブレド女史に投票した人間は何と一人もいなかったと言うのである。





まあ筆者の親戚はロハス=ロブレド連合に投票しそうな階層じゃないのだろうが、義妹の話だと近しい友人や近所の人の中でも副大統領候補としてレニ・ロブレド女史へ投票した人間はあんまり居ないと言うのである。じゃあ・・なんでこの人が現在トップを争ってるんだ?。

「どうもアキノ大統領はロハスは大統領選挙に勝てそうに無いと見限って、全能力を副大統領のポストに側近を送り込むことに注ぎ込んだみないなの!」と見てきたような事を言う義妹。ようするにレニ・ロブレドの得票と言うのはフィリピン全国津々浦々で相当底上げされている(=不正選挙)と言いたいらしい。

デュテルテが失脚するか死ねば副大統領に権力が回ってくるでしょ!全く無名だった女が政権運営なんか出来ないから御大に頼りきりになり!それがアキノの狙いよ!とふだん愚鈍な義妹が急にハキハキした口調で言うが、そんなことあるのかね?。しかしそれにしても・・レニ・ロブレド女史って誰だ?、そんな人俺は知らんぞ。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

ノイノイが一番信用していた、ビコール ナガ出身の又、ナガ市長を2001年6月から2010年6月まで、3期勤めた、アメリカにも留学した優秀なエンジニア、Jesse Robredoという人が彼女の夫でした。

彼は、ノイノイのもと内務省 長官に任命され、ノイノイの右腕として頑張っていたのです。

ところが、2012年8月18日、セブからナガに帰るときに、チャーターしたパイパーセネカがマスバテを過ぎた頃、悪天候のため、セブに引き返す途中、消息を絶ち、マスバテ飛行場に緊急着陸に失敗、飛行場沖の海に突っ込んだことが判りました。

大統領自ら、マスバテに飛び、大救出作戦を行ったのですが、運よく脱出した一人以外は、パイロットも含め全員死亡。フィリピンは悲しみに包まれました。

このとき取り残されたのが、弁護士の奥さんラニーと3人の子供たち。悲劇のヒーローとして取り上げられらました。

ノイノイのサポートと亡くなった主人のサポーターもあり、2013年の選挙で、カマリネス南台3地区から
下院議員に立候補。見事当選しました。

今年の6月までは、コングレスウーマンなのですが、2Ch‘野ニュースキャスター、コリーナサンチェスの夫であるロハスの副大統領候補選びが難航し、国民の間で、イメージが綺麗な、彼女に白羽の矢が立ったわけです。

2012年から4年経ってますが、彼女の愛する夫を事故で失った悲しみに耐え、頑張っている というイメージは、残っていますので、清廉候補として、タンデムしたのでしょうね。

ドテとマルコス、これも案が有ったのですが、カイターノに押し切られ、ドイツ系アメリカ人を母に持つカイターノがランニングメイト。

真実かどうかわかりませんが、同じくドイツ系アメリカ人のトランプ、ひょっとしたら、ミスユニーバースを通じて、交流があり、トランプの選挙参謀と、連絡を取り合っていたのかも知れません。

余りにもドテとトランプ、発言が似ているのですよ。

 

彼女も、Upデリマンで、経済学、その後、ナガしにあるuniversity of nueva caceres で、法律を学び、1992年に卒業、1996年に司法試験に受かりました。

まあ、ローカルでは優秀な人でしょう。ドテ(弁護士です)よりは頭の回転は早いと思います。1964年4月23日生まれ、52歳。

 

クイックカウントのデータは、かく投票所から、Onラインで、統計センターに送られます。

その後、このデータを、打ち出し、なぜか人の手でクイックカウントに打ち込まれるのです。

また、各 投票機にあるUSBメモリーを町単位の投票センター(市町村役場)に運び、ここからデーターを統計センターに送信したものが、オフィシャルカウントになります。

 

俺も知らないですね。スターチャイルドさんやたら詳しいですね(笑)


今回投票に行ったんですが、電子投票と言っても、読み取りだけ。だいたい肝心の投票用紙は有権者ではなく職員が入れてて、それも封のない段ボールに入れてました。各教室には個人の住所氏名がバッチリ張り出されていてプライバシーも何もない。まあ平常運転でしたが、前回よりはマシだったのかな?

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/933-2f9ee171