日本に来て一番の頭痛の種

日本に来てから2週間が経過したが、この期間中筆者を最も苦しめているのは寒いことや生活スピードが合わない、あるいは女房が買い物で散財ばかりしているといった事ではなく、毎日のように化粧品関連の商品説明をさせられる事である。

高美活パウダーにエイジングサイン集中美容液、多機能美白保湿ジェル、美白有効成分とナノAMAを配合など理工学部出身の筆者でも翻訳するのは非常に困難を伴う用語ばかりであり、それにジェリー状「先行」美容液など一体何が何に対して先行しているのか日本語でもさっぱり読みとれない単語まであるのだ。

それから高濃度の原液なんて単語をそのままHighly Concentrated Original Solutionと訳そうものなら、そんなキツそうな液を塗って肌は大丈夫なのか?などと質問されてしまい、それでもっと薄いのは無いですか?と店員に聞いたら「アンタは一体何を言ってるんですか?」というような表情をされてバツの悪い思いをしてしまうのである。

それとどこも美白クレンジングとか美白フォーム、それと美白ローションなど美白のオンパレードで、これも英訳するとWhiteningだけれども、クレンジングとホワイトニングってどう関係あるのか?などと女房に聞かれようものなら美容関連に一ミリたりとも興味が無い筆者は呆然としてしまうのだ。

理系の方ならよくご存じのだろうが、商品説明と言うのは例えば薄さを追求したのでコンパクトになったがその代わり電池が小さいために充電残り時間が短くなりました!とか、居間を出来るだけ明るくするために間取りを広く取ったのでバス・トイレは窓が無いから換気ファンを大ぶりにしないとね・・など基本的にはプラス面とマイナス面の2つがあるのだ





どころが美容関連はプラス一本やりの良いことづくめで、このリンスは髪をしっとりさせるけどフケがいっぱい出ますよ・・とか脂性の人はニキビが一気に噴き出すので向いてません!と言うようなマイナス面の説明が全く出てこないのだ。どうも非論理的でケチで強欲な女性たちに合わせて製造者の説明責任は放棄してしまったらしい。

理工学部の卒業者が見てもちっとも理解できない面妖な単語をちりばめているのも、おそらく世の女性にはこんなの何の意味も無くて、ここに大吟醸とかグランクリュ、Voulez-vous coucher avec moi ce soir?(フランス語で「あんたアタシと今夜○○したい?」と書かれていれば「まあ!素晴らしいわ!」と飛びついているのに違いない。

まあ日本人の女性がインチキな謳い文句に騙されて財布をはたいているのは筆者には関係ないのでどうでも良いのだけれど、問題はただいま筆者は女房にいちいち高分子とか何か?と説明しなければならない事で、しかもこれがどう見ても高分子とは関係なさそうな商品ばかりだから筆者の脳内でたびたび齟齬を起こすのである。

「それで高濃度じゃない混合液はどうなったの!そっちの方が安全そうじゃない」などと女房に問い詰められる度に筆者が心の中で「ああああああああああああーっ!!!」と絶叫し、そこら辺の商品棚にしがみついて何かを壊したい衝動に駆られるのである。

ここで日本の美容関係の店やドラッグストアに言いたい。世界中から来た観光客のために各商品に「乳成分配合の肌用クリーム」とか「ブツブツした出来物を和らげるジェル」など1行くらいの短い言葉を書いた札を貼っておいてもらえないだろうか。そうすれば筆者のストレスも無くなるし意味が判った外国人たちがたくさん買ってくれると思うんだけど・・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

http://www.tunemakers.net/products/list.php?category_id=3

みて驚いた。さすが日本。こういう化粧品水ってあるのですね。(爆笑)
原液とは、4種類位のオーソドックスな成分を配合したものらしい。

いっそのこそ、店頭で、自分の好みを創らせればよいかも。手作り化粧品。

 

化粧品の手作りは、雑菌の混入が心配ですよね。
楽しそうだけど。
大手の会社の化粧品はどこでも売っているので、
サンプルをもらって実際に使ってみることをお勧めします。
天然由来のキトサンをナノ化した分子が肌の奥まで何たらかんたらする
高級化粧品サンプルでニキビができまくったので、
安いメディプラスなんとかに変えたら肌調子がいいといったことはよくあります。
ご旅行中ですと水が変わって肌の調子がいつもと違うかもしれませんが、
どの化粧品を使っても肌の上で爆発することはないので
実際使ってみるのが一番です。
と言って、説明を逃れるのが一番いい方法かも。

今回の記事で物事には両面あるのを思い出しました。
メリットだけを強調する商品や人物は、ズルいですよね。

 

その女性という生き物が、地球上の人類の半分を占めているからいいんじゃないですか。
それにしても奥さんは面白いですね。

ウチはアレですよ。トンデモ科学(1/fゆらぎとかわけわからない科学)を信じちゃうからたちが悪い。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/920-77b75d1b