アラブの不夜城が似合う女

半年前に出稼ぎ先のドバイから帰国したっきりの従姉妹ボーヤがまた中近東に出稼ぎに行くことを決心したらしい。この従姉妹はまだ30歳前だが2人の子持ちで、しかもそれぞれの父親がド貧乏の学生や既婚者で養育費は1ペソも貰えなかったためアブダビとドバイに出稼ぎに行ったが、そこでも誰だかの子供を身籠ってしまい堕胎のためにフィリピンに戻ったのである。

手術後は実妹フィリンの家に居候をして自分の息子とフィリンの娘の面倒を看ていたが、さすがに居心地が悪くなったのか、それとも頭は空っぽでも性的能力だけは溢れているためフィリンの旦那と抜き差しならない関係に陥ったのかは知らないが、色んな出稼ぎエージェントに書類を送り始めたのだと言う。

それで先日のピーナ叔母の誕生会に顔を見せたボーヤに「どんな仕事に応募しているのか?」と聞いたところ、もともと働いていたアメリカ系のホテルマンが第一希望だが、ホリデイインもシェラトンからも芳しい返事が来ない場合は、応募したら何故かすぐに採用通知が来たバーレーンの現地資本ホテルに行くつもりだ!という答えだった。

へえ、そうなの・・と筆者は適当に答えたのだが、傍にいたエド叔父さんと従兄弟ジャネルはピクンと反応した後でなんだかイヤ~な顔をしている。そしてちょうどその時ボーヤをはじめ女性陣全員ともピーナ叔母に呼ばれて2階に上がったので、その場には男達だけが残される形になった。





「何で嫌な顔してるのさ?」と聞くと、お前はバーレーンがどういう国か知ってるのか?と真顔で答えるエド叔父さん。えっ?そんなのドバイやクウェートと同じような湾岸諸国じゃないか?と返事をしたら、1か月前までサウジアラビアにいたジャネルは「バーレーンはアラブのアンへレスみたいな場所なんだよ」と言った。

筆者は全然知らなかったのだが、バーレーンは酒も女も何でもやり放題なため、アラブの男たちは週末になるとバーレーンに集まっては享楽にふけるのだと言う。本当ですか?でもイスラム教徒ですよね?と聞くと、なんとジャネルは何度かバーレーンに遊びに行っていて、ディスコやバーでフィリピン人やタイ人の売春婦の群れと戯れているアラブ人を沢山見かけたそうである。

にわかには信じられない筆者は手持ちのケータイで「バーレーン」「売春」などのキーワードを調べてみたら、なんと世界の悪徳の町ランキングでバーレーンはベルリン、マカオに次いで世界3位につけていたのだ。ちなみにパタヤは世界10位で、あんなセックスワンダーランドより乱れたバーレーンって・・・、まるで異空間のような話である。

「もちろんバーレーンにもマトモな会社はあるからボーヤを採用する会社が売春ホテルとは限らんが・・」と苦渋の表情を浮かべるエド叔父さん。まあ血のつながった姪が苦界に堕ちるなんて考えたくないのは判るけど、でもボーヤの過去をつぶさに見てみるとバーレーンってお似合いな気がするんだけど・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

バーレーンって、昔はフィリピンに大使館もなかった国だったと思うけど、今はあるのかな?

以外ですな 

その世界悪徳街ランキングというのは、おもろいね。
ちなみに、マニラとかバンコクは何位ですかいの?
パタヤも相当退廃してたが、10位なんですな。。。

 

1.現在は大使館がある様です。
Philippine Embassy in Manama, Bahrain
Villa No. 939, Road 3220
332 Mahooz Area
Manama
Bahrain

2.このランキングは2009年のモノでした、2014年だと1位バンコク、2位ティファナ、3位バーレーン、4位アムステルダム、5位モスクワ、6位リオデジャネイロ、7位キングストン、8位モントリオール、9位ベルリン、10位マカオとなってますね。マニラは毎年は言ってません。
https://www.youtube.com/watch?v=MT1CG5Xkazg

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/881-66f36c4f