スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もまた嫌な季節が来た

昨日までクーラー無しでも過ごしやすかったのに急に今日から蒸し熱く感じるようになってきた。どうやら遂に夏が来た様である。日本と違いフィリピンの夏は4月と5月で、昼間は気温35度なんてメチャ暑い日が続くのである。

筆者は元来は暑いのが得意で、学生時代は猛暑期にインドやタイの路上を一日中ほっつき歩いても平気だったし、蒸し暑い香港の夏でもへたってる同僚を尻目にピンピンしていたのだが、3年前に移住したフィリピンの猛暑期には体調不良に悩まされるようになってしまった。。

一昨年は飛行機に乗った時の様に耳が詰まる状態が続いていたし、昨年は何だか肺活量が半分になったかのように呼吸が苦しくなり、5月末に訪れた和歌山の温泉につかって快方に向かうまでは寝ている最中に自分が窒息死するのでは?と震えていたのである。





しかし猛暑期に体調を悪くするのは何も北方民族の筆者だけではなく、女房や義妹、それにガキのイザベルなどほぼ家族全員が体調を崩していたし、特に老人たちへの健康被害は深刻で一昨年は高齢だった祖母、昨年は腎臓病を患っていたボウイ叔父がこの時期に帰らぬ人になってしまったのだ。

香港の最高気温32度に対してマニラは35度とその差はたったの3度だが、8000メートル峰になると死亡率がグンと上がるように、この3度の差が人間の身体に与える影響は桁違いらしい。それに食生活の杜撰さから成人病が蔓延しているフィリピンじゃ尚更であろう。

それで大変不謹慎ながらも我が家に遊びに来た義弟と義妹の3人で今年は誰が危ないか?という話を冗談半分にしていたら、まず71歳の義父は体調が悪いと言って病院で検査を受けに行っているくらいだし、エスター叔母とダニー夫妻は夫婦そろって重い糖尿病だから、誰か死ぬとすればこの3人のうちの一人だろうということで意見の一致をみた。





そして中年世代、つまり女房や従兄妹たちの中ではちょっと尋常じゃないほど過剰に肥満した従姉妹フィリンやシャブ中の従姉妹メイも危ないな・・などと笑いながら話していたのだが、そこで義弟が「ブラザーも2年連続で病気になってるから、案外と危ないんじゃないの?」と言うのを聞いて思わずスッと冷めてしまった。

そういえば・・健康診断の結果は血圧から血糖値、中性脂肪まで目に見えて悪くなっているし、体に現れる色んな症状は最近増えるわ原因不明の首の痛みに悩まされるわと最近おかしなことが相次いでいるのは事実・・。まあ猛暑に備えて4月頭から2か月半ほど日本に行く事にしているが、その前に気温がグングン上がっていけば・・。

その後も義弟と義妹は縁起でもない話を続けている中、何となくソワソワしてしまった筆者はタンスの奥をガサゴソを探り始めたところ、義妹が「何やってるの?」と聞いてきた。何って・・水中眼鏡を探してるんだよ、お前より長生きするために明日から毎日プールで泳ぐんだよ、それに暑いだろ!






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

健康には良くない国 

ブログ主さんは、まだ40代だったですかね?
高血圧・糖尿病とか55歳も過ぎると日本でもなってますが、ちょっと早いかな。

 

精神的ストレスが一番影響すると。どっかのビーチに一人出かけて、のんびりするとか。
在比生活を楽しんでくださいね。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/880-31c8df95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。