FC2ブログ

アナタの傍にいるフリーメーソン

2013/10/29 20:16:57 | 事件と陰謀論 | コメント:1件

今から2か月前に筆者がフィリピンの警察本部へ向かっていた時のことである。日本の警察証明(無犯罪証明)を発行して貰うためにクバオにあるラボラトリーへ指紋採取に向かっていたのだが、とんでもない交通渋滞に嵌ってしまい締め切り時間の3時に到底間に合わない状態になってしまった。

参ったな・・。もう今日は無理だから引き返そう!と筆者は言ったのだが、従弟ジェンが「警察に待っていて貰うように知り合いに頼んだから大丈夫だよ」の一点張りでハンドルをリサール方向に回さない。何を言ってるんだ・・怠惰なフィリピンでも一番ダメそうな警察だぞ。3時どころか2時には全員帰宅してる可能性の方が高いくらいなのに・・。

     pnphq.jpg

ところがである・・。筆者らは締め切りから2時間も遅刻したというのにラボラトリーの職員は全員筆者らの到着を待っていたのだ。しかも仕事は信じられないくらいテキパキやってくれたたし、嫌味の一つも言われることは無かった。予想外の成り行きに驚いてジェンに「アンタの知ってる知り合いってのはココ(筆者はラボラトリーという1つの職場の意味で言った)のボスかい?」と聞いてみると、「いやボスじゃない。ココ(国家警察本部全体の意味)では3番目くらいの地位だよ。」と答える。

3番目?日本で言えば警察庁刑事局長とか警視総監みたいな超VIPじゃないか・・。アンタそんな大物とお知り合いなの?と聞くと「いや俺のクラスじゃ直接は無理だから間に一人入って頼んでいるんだよ。」と変なことを言った。直接ではないのに対応はやけに早いじゃないか?それにクラスって何?話が呑み込めない表情の筆者をみてジェンは「俺たちはフリーメーソンの会員なんだ」とボソッと言った。

     freemas2e.jpg

フリーメーソン・・。筆者のように陰謀論が好きな人間には堪らない響きである。世界を支配する秘密の組織。ベンジャミン・フルフォードが戦う闇の結社イルミナティの母体。アメリカ政府の影の支配者。世界の中央銀行を支配する通貨マフィア。奇妙な三角形の帽子とマントを被って秘密の儀式を行う謎の組織。筆者が自分の知ってる限りの知識を話すとジェンは呆れたように「フリーメーソンはそんな不気味な団体でも秘密結社でも無くて、ボランティアや会員相互の互助を目的とした親睦団体だよ。ただ入会するための条件が厳しいから世間は誤解するんだろうけどね」と言った。

この入会するための条件というのは、社会的地位が高くて博愛意識に満ちた品行方正な男性(女性は会員になれない)で、会員数名から推薦を受ける必要があり、人物調査の後に会員全員の賛成(すごく厳しい)を取りつける必要があるのだという。なおジェンと同じロッジ(支部)には仏教徒の会員もいるとの事なので必ずしもキリスト教徒である必要はないらしい。それなら俺でも入れるじゃんか!おーっしっ!頃合いを見てジェンに推薦を頼んでみるか!

     acodex_64.jpg

さて今日の事である。ジェンの運転でマリキナに出かけていると目の前にフリーメーソンのエンブレムを付けた車を見つけたので、これはチャンスとフリーメーソン入会の話を切り出してみることにした。ところがジェンは「ブラザー。そんなに簡単に推薦は出来ないんだ」という。ジェンによると彼の属するロッジでは会員5人の推薦が必要だが、推薦者は筆者の事を相当良く理解していなければならず(つまり筆者が博愛意識に満ちた品行方正な人間であると全員が確信してないとダメということ)、しかもジェンのような下っ端会員だけでは推薦を受理してくれないというのだ。

しかしここで諦めていては話が進まないので「おい!だったら指紋押捺の時に警察のナンバー3と話を繋いでくれた人を紹介してくれよ。その人はロッジの中では大物なんだろ?」と食い下がったところ、「おおっ忘れてたよっ!そうかっ!ボウイ叔父がいたな!。ボウイ叔父なら推薦してくれるだろう」とうっかりしてましたという感じで顔を綻ばせた。はぁ?ボウイ叔父だって?あの人が警察トップと知り合い?フリーメーソンの会員?博愛意識と品行方正だと?

     freemason.jpg

このボウイ叔父というのは60歳を過ぎても女(特に10代の娘)の尻を追っかけていて、筆者に合うたびに「来週水曜に女と○○する予定があるんだけど絶対に勃起する精力剤はないか?」とグヒグヒ笑いながら聞いてくるようなエロオヤジである。ジェンの話によればボウイ叔父はフリーメーソンに入ったおかげで内務自治省(Department of Interior & Local Government)の官僚として予想以上に出世したらしいが、退職後は週一回のアバンチュールだけが生きがいの色ボケ爺になってしまったらしい。

となると・・何がどう品行方正な集団なんだ・・。まあボウイ叔父は小娘相手には博愛と言えば博愛かも・・。運転しながらジェンは「ボウイ叔父と俺と俺の友人の3人で5人集めれば受理だけはしてくれるかもよ」と筆者を慰めるように言ったが、筆者の心の中ではフリーメーソンという組織へ持っていた幻想が急激にボロボロ崩れ出してしまい、ジェンには「いやっ・・もういいよ」と蚊の鳴くような声で断りを入れることにした。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

隣に・・も。

2013/10/30(水) 08:11:38 | URL | バボィパパ #fmVf3aaY
フリーメースンですか、博愛主義者の私は、金無しフリーオヤジです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/87-e09a349c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)