14歳のマッサージ嬢が男と駆け落ち

今日の夕方いつものマッサージ屋に出向くと、予約をしたのにもかかわらず女房のお気に入りのマッサージ嬢のジゼルが急に店を辞めてしまったので別の女の子で我慢してくれとオーナーのオバちゃんに言われた。はぁ・・またかよ・・。この手のマッサージ屋(Hサービスの無い真面目な按摩屋)は人の出入りが激しく、やっと腕の良いマッサージ師に出会っても3か月くらいで店を辞めてしまうのだ。ちくしょう・・ジゼルにはたんまりとチップをやって手なずけといたのに・・また振出しに戻るのかよ。
     093622703_10a4e47acc6a0d36932bfccd23bfc3436ba54410.jpg

女房と横並びで足裏マッサージを受けていると、筆者担当の太目のマッサージ嬢と女房が何やらヒソヒソ話し込み始めた。なんとなくオーナーの様子をうかがっている感じである。太目の女が思わせぶりな表情で何かを話すたびに女房は「はぁ~っ?」と驚きの声を上げている。やがて二人の会話が終わると女房は筆者の方を向き「ジゼルは男と逃げちゃったんだって」とオーナーに聞き取れないように広東語で言った。「しかも男と言うのが店のドアマンなのよ」と呆れた表情で付け加えた。
     e0134831_93403.jpg
     
あのドアマンか・・。オーナーの遠い親戚なので仕方なく雇われているだけの頭も気も回らないウラナリ坊やである。へー・・あんな昼行燈みたいな男にジゼルみたいな素直な女の子がねえ・・と呆れていると、「ジゼルは14歳だから交際はまだ早いって昨日オーナーに反対されたけど、もう二人は離れられないから駆け落ちしたみたいなのよ」と驚くべき事を言った。14歳・・? ジゼルって14歳だったの・・・? これって違法労働じゃ・・。それに合意の上でも強姦罪になるんじゃないか?それ以前に14歳で駆け落ち・・?
      994950_517004198389291_1726660600_n.jpg

太目の女の話によればジゼルはビサヤの貧乏な島から家出同然で出てきて、このマッサージ屋で働き始めたのだが、ドアマンの男にちょっかいを出されているうちにジゼルの方が本気になってしまったらしい。「あのドアマンは自分で1ペソも稼ぐ能力も気力も無いのに、博打だけは毎日かかさず打ってるようだから、結局ジゼルが行きつく先は売春宿しかない」というのがマッサージ屋の同僚全員の一致した意見らしい。ジゼル・・・14歳で転落の人生を歩み始めてしまうとは・・。まるで藤圭子の歌のような世界である。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
     
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

連れsex 

彼はやり得で。捨てられないように祈ります。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/84-ec79747d