スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏神からのプレゼント

先日リサール州タイタイにある旧宅へ久しぶりに寄った際に年前香港から送った古い荷物を整理していたところ懐かしい品を見つけた。とっくにどこかに行ってしまったと思っていたモンブランの万年筆である。この万年筆は今から21年前に当時付き合っていた韓国人の女から誕生日プレゼントとして貰ったものなのだ。

この女はリー・ヒョンファ(李賢和)といって筆者より2歳年上の飲み屋のホステスで、筆者が赴任のため香港に到着したその日に連れて行かれた店で「いいか!優秀な営業マンほど女を口説くのが巧いんだ!お前はとにかく女を口説きまくれ!」と先輩から命じられたので素直に言われた通りに口説いた相手が隣に座っていたヒョンファである。

結局1か月もしないうちに筆者とヒョンファは抜き差しならぬ深い仲になったのだが、付き合い始めてから3カ月後にビザの関係や母親の病気などの理由で彼女は韓国に帰ることになった。それでそのあとも1年間はお互い香港とソウルを何度も行き来する遠距離恋愛を続けたのだが、この女の生まれ持った宿命のために筆者は相当苦労することになった。

一緒にいると貧乏になっていくのである。いや、ホステスだから貢いでいたという訳では無いし、彼女の店に同伴出勤したのも最初の頃の1~2回だけ、それに高価なプレゼントだってあげたことも無いし、メシだって自宅で作ったり香港・チムサーチョイにある大衆的な韓国料理店で食っていたのだが、だけど本当に冗談みたいにいろんな事が起こって貧乏になっていくのである。





当時香港は返還前で大変景気が良く、筆者の様な若造でも給料は日本の軽く倍は貰っていたし、さらに接待費も月60万円くらいならノーチェックで使えたから相当裕福なはずである。ところが給料日の10日前には貯金残高が1万円を切るような状態が毎月続くようになり、同僚に頼み込んで金を貸してもらってやり繰りしていたのだ。

それである時にヒョンファに何故だか自分は貧乏になってのだ・・と言ったら「それはアタシのせいに違いないわ」と悲しそうな顔をして自分の事を話し出した。覚せい剤密輸業者と愛人の私生児として生まれたヒョンファは子供のころからずっと貧乏で、どうして自分はこんなについてないのか?とずっと思っていたらしい。

それで高校の時に巫女(ムーダン)に見て貰ったところ、自分の事など一言も話してないのに「アンタは一生これで苦労するよ!」といってハングル語で「カネ」と書いた紙を見せられてしまい、自分の宿命の残酷さに泣き出してしまったのだと言った。この話を聞いた時に筆者がトンでもないババを引いたな・・という心境でいたのかは言うまでも無いだろう。

しかし筆者も若かったし、今と違って多少正義感もあったから彼女を受け止める決心をしたのだが、その後も冗談かと思うくらい財布の底が抜け続けて完全にオケラになってしまい、さらにヒョンファの韓国での生計が破綻して申し訳なさそうに援助を申し出てきたため、ついに筆者は彼女に三下り半を突きつけたのである。





別れた後の1年間は債務の返済に明け暮れる暗いトンネルの中にいたが、やがてフィリピン人の女房に出会うや不思議と運命が好転し、韓国女と別れた2年後にはプーケットで年に2回ほどバカンスを過ごすようになったし、海外の給料が余りに良すぎるという事で上司や同僚の給料がカットされる中、なぜだか筆者だけが+15%上がるようなイケイケの時が来たのだ。

現在の女房は福の神で韓国女は貧乏神だったのである。そして18年前に女房が筆者の家に住み着き始めたころ、貧乏神や他の女から貰ったプレゼントや写真は筆者が昼間出勤してる最中に全部処分されてしまったのだが、このモンブランの万年筆はそれなりに価値があるものらしい・・と思ったらしく、女房は「義父にあげることにしたわ!」と筆者に言ったのだ。

それ以降まったく見かける事がなかった万年筆が出てきた・・。そういえば前日に長く使っていたコーヒーカップが突然破裂するという不思議な出来事もあったから、もしかしたら何か虫の知らせなのかもしれない。そう考えると昔のことが走馬灯のように脳裏をよぎって感傷に浸ろうとしたが、その瞬間突然ハッと気がついた。

そういえばここ最近株価がずいぶんと下がってるじゃねえか!。ひょっとしてリーマンショックの様な恐慌の前触れ?、それとも筆者だけが詐欺かなんかに引っかかってスッテンテンになるのか?。いずれにせよ貧乏神ヒョンファが万年筆に姿を変えて表れたのだから相当気を引き締めなければならない。あいつの生まれ持った破壊力というのは相当なものだからな・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

また懐かしい万年筆ですな 

日本が景気が良かった頃は、よく贈答品とかでパーカーの万年筆とかもらってました。
高校生の頃に買ったパイロットとか中国製の英雄・パーカー工場製?とか手元にあります。

朝鮮人の女と別れたのは大正解、毎日チョン料理じゃ胃がやられてしまいます。
フィリピンの女性は食べ物に付いては柔軟性があるので、出会いによっては良。

下げマンのピーナが多いようですが、中流以上のを捕まえると上げマンでしょうか?

 

韓国女性、カップが割れた時、ひょっとしたら亡くなったのかも知れませんね。

それと株のことですが、参考になるブログを入れときます、
私もよく読んでて、昨年6月の始めでHK株全部を売り逃げ出来ましたわ、
昨年の夏の上海株暴落が引き金でこの影響はまだまだ続くでしょう。

株を始めたのは25年ほど前から、東京に出て来てから給与を少しづつ貯めて30万円くらいから始めました。
その後、浮き沈みがありました、ITバブルでは一太郎の会社で400万→4000万、小泉政権の時はみずほBKの株で、1000万→7000万、とかありましたが、もっともっとと欲が出て高値で売れず、実際は合計して3000万程度の儲けとなりました。
儲かったらその都度不動産を買い、今は中古マンション5部屋(1DKばかり)を無借金で持っててその家賃で食ってます。
ここ2年半のアベノミックスのおかげ(主に円安)でまた3百万儲けて(昨年6月のHK株まで)、なんとかホッとしてます。

たぶん、今後の予想ですけど、今回の暴落の下げはあと1~2年続くとみてます。直ぐに戻すから終わったと勘違いするでしょうけど続きますよ。
商品市場はほとんどここ2年で下げが3割~半値以下なのに世界の株市場はまだ1割程度しか下がってません、今後、複合的に連鎖売りがジュクジュクと出て、あと今から2割~5割程度下がるとみてます。
中国経済も構造改革をして元気になるには早くて4~5年掛かるでしょう、ヘタすると6~8年掛かるかもしれない。

まっ、お互い頑張りましょう!
ジエットスターが成田ーマニラを3月から始めました、今後私はマニラ行きが増えると思います。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/838-4b8f8888
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。