スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠大なファミリー・リユニオン

フィリピンに来ると頻繁に聞く言葉にリユニオン(REUNION)がある。これは読んで文字の通り再び一緒になると言う意味で、学校の同窓会だったらスクール(アラムナイ)
・リユニオン、親戚らとの親睦会ならファミリー・リユニオンというように使われるのだが、フィリピン人というのはとにかくこのリユニオンが大好きな民族なのだ。

筆者らは4~6月の猛暑期に日本に滞在する計画なのでそろそろ準備を始めねばならないが、実は毎年ホーリーウィーク(復活祭休み)にパンパンガ州サンタアナ町で母方一族のリユニオンが開催されるためにスケジュールが重ならない様に気を付けねばならない。それで女房に「次のリユニオンはいつだ?」と聞いたところ「2月8日だ!」という答えが返ってきた。

2月?イースターは毎年3月末とか4月である。それで、お前2月と4月を間違えてるぞ!と言ったら、「ああ!アンタはパンパンガのことを言ってるのね」という返事が来た。ちょっと意味が分からない・・。というのは父方の方は一族がいがみ合っていてリユニオン自体が開催されていないから、筆者が出るリユニオンと言ったらパンパンガしかないのだ。

怪訝な表情をする筆者を見た女房は「2月はパズ・ファミリーのリユニオンよ!ノエミーやグレースも帰ってくるの!アタシたちも血縁だから入ってるのよ!」と言った。このノエミーらは5人姉妹で全員が全員とも香港に20年以上も住んでいる出稼ぎ家政婦であり、筆者が香港に住んでいた時には毎週末に全員そろって我が家に遊びに来ていたので親しいのである。





そういえばあの5人姉妹は遠い親戚だと聞いた覚えがあるのでリユニオンにお呼ばれするのは判ったが、しかしどういう繋がりなのかがイマイチ判らない。それで女房に問いただしてみたところ、なんと昨年亡くなった祖母の母親、つまり曾祖母がパズ・ファミリーの出身だったと言いだした。

毎年パンパンガ州でやってるリユニオンは(女房の世代から見て)祖父母が兄妹同士という枠組み条件であり、これでも毎年200人以上集まるのである。ところが来月実施されるパズ・ファミリーの場合は曾祖父母が兄妹同士と一世代遡っているのだ。じゃあ一体何人集まるんだ?と聞いたら「1000人は超えるんじゃないかしら・・」という答えが来た。

ええっ!そんな集まりに何の意味があるんだ!と思わず怒り出してしまったのだが、とにかくパズ・ファミリーにとっては何年に一度かの重要な行事だから私たちも参加しないといけないのだ!。それにノエミー姉妹だけじゃなく香港にいるジャンやチェチェ、それにたまに我が家に来たけど(筆者は)全然名前も知らない別の姉妹らも参加するんだから!と言った。

と言う訳で筆者も嫌々ながらこの遠大なるリユニオンに強制参加させられるのだが、正直ものすご~く遠い親戚たちが千人以上も一堂に会してどこまでユニオンできるのか(親睦が深められるのか)甚だ疑問である。出来れば当日台風でも来るか、開催前に分派活動が始まって内戦状態になり行事自体が無期限延期されることを切に願うばかりだ。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

とにかく群れることが大好きな人種だ~ 

リユニオンから誕生会からもうすぐ旧正月からバレンタインデー、その後復活祭?
結婚式で飲み食いして、誰かが死んだら葬式でカラオケに麻雀大会。

それだけに掛かる費用や、仕事を勝手に休む時間的経済損失なんかは、計算できない、算数音痴!

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/823-5f5c090e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。