スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷宮にはまり込んだ手品師たち

先日2回ほどキリスト教関係の日記を書いたが、その時に何気にみた韓国の宗教関係者のウエブサイトにいくつか興味深い事柄を見つけたので本日の日記にしたいと思う。なお筆者はここ20年間の韓国のニュースなどろくに見てこなかったので、内容的に何をいまさら・・と思われる事を先にお詫びしておきます。

韓国キリスト教徒率が北アジア諸国の中でとびぬけて高い事は良く知られているが、これは皆さんよくご存じのとおり1961年の朴正煕クーデターから始まる軍事政権への反対派がキリスト教へと流れこんだからである。反政府主義者が投獄された当時の韓国ではキリスト教会が信者としての庇護を与えることで彼らは活動を続けることが出来たのである。

それで韓国のキリスト教徒人口比率の推移をみてみたところ、なるほど確かにグイーンと大きく伸長しているのは1960年代から80年代と正に朴正煕少将によるクーデターから始まる軍事政権の時期であり、一方キリスト教人口が30%前後で急に頭打ちとなったのは盧泰愚の民主化宣言から金泳三政権樹立あたりの時期とピタリと重なる。

なるほど、もう隠れ蓑は要らなくなったってことか・・と筆者は時間軸の見事な一致に納得したが、ふとグラフの右の方を(つまり90年代以降)を見てみると、キリスト教全体は30%前後で横ばいだがこれまで少数派だったカトリックが勢いつき、多数派のプロテスタントが減少という世界の趨勢とは逆行した現象が起こっていることに気が付いた。





バチカンは世界の人口増加率1%より若干上回るペースでカトリック信者数が伸びている!などと公表しているが、これは単純にラテン系の女がポコポコ子供を産んでいるからで、人口増加を差し引いた信者数で見れば過去20~30年間で急増しているのはプロテスタント、エバンジェリカルと呼ばれる原理主義的なプロテスタントなのだ。

エバンジェリカルと言えば最近アメリカのご本家を乗っ取ったペンテコステ派系のヨイド福音教会など韓国では主流派だ。しかしこれがジジババにうんと分厚い層があって最近死に始めたからだとか、若い世代が入ってくれなくてね・・といった減少理由が特定世代に絞われるのならまだ分かるが、民主化闘争を戦った現在40歳代を除く全ての世代で改宗やら宗派替えが起こっているのだという。

その原因についてはプロテスタント教会に付きまとう左翼イメージとか、これ本当にキリスト教なの?と疑いたくなるようなデタラメな教会に嫌気がさし、だったら本家本流のカトリックに行こうじゃないか!などいくつか理由が諸々あるらしいのだが、やはり最大の原因は1997年の通貨危機と続くIMF管理下での失業率の増加なのだそうだ。

人道的見地に溢れたグローバリズムの象徴プロテスタントを信仰したら、10年後にプロテスタントのもう一つの顔である自由主義経済の申し子ウォール街に国ごと潰されてしまった・・。この16世紀のカトリックと続く植民地化と同じような経験が、プロテスタントは信用できないという思いを植え付けられてしまったらしい。





そしてここから先が重要なのだが、このままじゃ教団が先細りになってしまう事を恐れたプロテスタント教会は韓国国内での布教にある程度見切りをつけ、東南アジアや中国からアラブ諸国などの海外での信者獲得の道を模索しはじめたが、その中で最も信者獲得の可能性があると位置付けられているのは日本だというのである。

明治維新後にいくら宣教師が来てもキリスト教徒が増えなかった日本で一体韓国人に何が出来るの?と思うだろうが、彼らには過去自分たちが経験した勝ちパターン、つまり日本の左派系の労働団体や学生グループ、そして人権派との共闘、もっと言うと乗っ取りを図っているというのだ。なお日本のプロテスタントは既に背乗りが完了したらしい。

この件については以前「反日団体の正体」「不気味な赤い十字架」と「奇形化する日本のプロテスタント」という3つの日記を書いたので詳細は是非ともそちらを読んでたいただきたいが、なるほど韓国プロテスタントがからんできた理由がやっとわかった・・、それに善意ある人間に付け込んで乗っ取っていくやり口や欺瞞工作の巧みさはまさに左翼そのものだわい・・と今更ながら納得してしまった。

だけど韓国人に聞きたいのは、アメリカ式グローバリズムを信じたら国ごと破産したのを体験してるんだから、むしろ韓国が繁栄していった時期の思想に宗旨替えしようとは思わないのかね?。それは誰って、そりゃアンタらが戦った朴正煕の思想ですよ。反日思想で目がくらむんじゃなくて、朴正煕が一体なんの思想をベースに韓国維新を断行したのかよーく目を開けて見てごらん。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

私の無知な分野ですが、私的な意見をお許し下さい。

政治が宗教を利用しているか、宗教が政治を利用しているか。の違いだと。

また、アメリカの傘内の国は、アメリカに利益をもたらすのは、どの宗教か?だと思います。結局、宗教もアメリカのコントロール下にあると。

>反日思想で目がくらむんじゃなくて、朴正煕が一体なんの思想をベースに韓国維新を断行したのかよーく目を開けて見てごらん。

目を開けて見せないように’するのが、アメリカのコントロールと圧力。

 

私の無知な分野ですが、私的な意見をお許し下さい。

政治が宗教を利用しているか、宗教が政治を利用しているか。の違いだと。

また、アメリカの傘内の国は、アメリカに利益をもたらすのは、どの宗教か?だと思います。結局、宗教もアメリカのコントロール下にあると。


目を開けて見せないように’するのが、アメリカのコントロールと圧力。

Re: タイトルなし 

最近プロテスタントとアメリカ外交、共産主義運動とアジアの近現代史なんかを調べてみると、これまでてんでバラバラに考えていた事柄が実は一本の茎でつながっていることが分かり思いきりはまってしまいました。。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/805-63fc00d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。