奇妙な昏睡強盗犯

先日パッシグの路上で危ない目に遭いそうになったという日記を書いたが、ここ数日で身近な人間が現実に3回も事件に巻き込まれてしまった。まず木曜日にLRTに乗っていた大学生の姪が携帯電話をスラれてしまい、昨夜は義弟のバカ息子AJが大雨にもかかわらず物見雄山でクバオに来たらたちまち二人組にホールドアップされ、手持ちの小銭と買ってもらったばかりの携帯を盗られたのだ。

そして最後は従兄妹ミレットが遭った窃盗未遂であるが、これは未だに良く理解できない点が多いので他の2つのケースではなくて今日の日記ではこの件を書きたい。一昨日ミレットはATMで現金を下ろした後、同じショッピングモール内にあるジョリビーで早めの昼食を摂っていたら50過ぎのオバサンが表れて真横に座り込んだのだというのだ。

4人掛けのテーブル席は他に幾つも空いているのに何でここに来たのかしら・・?それにこのオバサン何も頼まずにペットボトルの水だけ飲んでいるのも変だ・・と警戒モードに入ったミレットはオバサンの一挙手一投足を注意深く窺っていたところ、案の定このオバさんはミレットのコーラのコップにピッタリ寄り添うようにバッグを置き始めた。

このコップにクスリを入れて昏睡させ手持ちのバッグを奪う気ね!、それとも大丈夫ですか!私が介抱しますよ!と家まで送り届けて、眠り込んだミレットの横でそのまま家財一式を盗むに違いない!。ミレットはそう確信したのだが、このオバサンさんは突然ブツブツブツブツと呪文のようなことを呟き始め、やがてエッと思うようなことが起こった。





ミレットは急に眩暈のような症状を起こした後で眠くなってきたというのだ。しかし何とか気を取り直して床の掃除をしていた店員に大声で助けを求めると、このオバさんはサッとその場を立ち去ったというのである。そしてオバサンが消えると直ぐに正気に戻ったし幸運なことに何かを盗られることも無かった。

しかし奇妙なのは一体ミレットが何が原因で眩暈を起こしたかだ。ミレットは「アタシは危険を察知したからオバさんがきた後は飲み物も食べ物も口にしていない」と断言しているのである。じゃあどこでクスリを入れられたんだ?、まさかジョリビーの店員がオバさんとグルになっていて、注文カウンターの段階でクスリが入っていたなんて事は無いだろう・・。

可能性があるとすれば睡眠ガスを散布された事だが、これだと叔母さんも同時に眠ってしまうので意味が無い。もしくはブツブツ呪文を唱えているのはガス散布中に息を吸っていない事を悟られないためのカモフラージュだったのかな?と言うと、あのオバさんにしては高等戦術だけど、それならありうるわね・・とミレットは肯いた。

しかしオカルト好きの筆者は、やはりあの呪文に催眠効果があったのではないだろうか・・と思いたい。フィリピンはキリスト教国であると同時にカリブ海諸国のように呪術が蔓延した不思議ランドだからだ。なのでもしもアナタがどこかコクリコクリとまどろんで人の横でブツブツを呪文を唱えている怪しげな人物を見つけたら、ケータイを取り出して動画を録りユーチューブへアップしていただきたい。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

一種の催眠術かも。
催眠術と呪j術となにか共通するものがありそうな。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/804-5d184b5a