神に感謝すればお終いの無責任体質

2015/12/07 00:08:01 | フィリピン雑学帳 | コメント:5件

急性盲腸炎で入院していたイザベルが退院したとフェイスブックに載った。そこには3歳のイザベルの笑顔とともにThank you very much Lordという義妹(イザベルの母親)の一文が添えられていて、数多くの「いいね」と共に、イザベルは神のご加護を受けたのだとか、強運だったのだ・・などと数多くのコメントが寄せられていたが、これを見た筆者は思わず首を傾けてしまった。

話は10日前にさかのぼる。イザベルの調子が変だというので近所に住む従姉妹のミレットと夫のラフィーが近所の私立病院に連れて行ったのだが、この悪名高い病院の駄目さと悪辣さ、そして無能さにについては後ほど書くけれども、入院4日目にしてイザベルは盲腸(どうも急性らしい)であることが分かった。

筆者は当時足の指を怪我していたため見舞いにも行けなかったのだが、なんだ盲腸か、だったら切ればいいだけだ・・と思っていたところ、病院にいるはずの女房が血相を変えて家に戻ってきて金庫を開けて我が家の生活費を掴んだのに驚いてしまった。それで一体どうしたのか?と聞いてみたところ、病院費用が20万ペソくらいかかるというのだ。

悪名高い私立病院だからボラれたのかな・・と思ったが、それを何で俺ら夫婦の生活資金から出さなきゃならんのか?だいいちイザベルの父親フランシスはサウジアラビアで建設会社のマネージャーをしているし、ここ数か月は給料の遅配があるとはいえそこそこ蓄えはあるはずである。





しかし女房の幾分感情的な説明によれば、義弟フランシスの給料の半分は前妻との間に出来た二人の子供の養育費に消えていて、さらに給料の遅配や二番目の妻(義妹)の出費で蓄えなんて殆ど無いというのである。さらに昨年筆者ら夫婦から借りた車の購入資金も最初の3か月だけ払っただけで後は滞っていることが分かった。

ふざけるな!いくら近親者とはいえ親しき中にも礼儀ありだ!だいいち前の借金を返してないのに再び金を貸してくれとはどういう了見だ!と怒ったが、義弟の母親や兄弟は全然当てにできないし、事はイザベルの生命に関わる問題だから他に選択肢はないのだ!と女房は叫んだが、筆者は怒り心頭に達してしまった。

自分の子供の治療代を賄えないなんて親として恥ずかしくないのだろうか?、それに借金を返してない相手にまた頼みに行く、しかも筆者に泣きながら借金を申し込むならまだしも、恥ずかしくって筆者に頼めないから自分の姉(筆者の女房)にだけ話をするというのは、あまりにも舐めきった話である。

もちろん筆者も3歳のイザベルの死など毛頭望んでいないし、治療費50万円くらい返せないならそれはそれでも良い。しかし聞けば医療保険も会社の福利厚生も準備していなかったと言う見通しの甘さや、蓄えが無いならなぜ義妹が働きに出なかったのか?、それと困れば誰かが助けてくれるだろう・・という他人への甘えが一気に露呈してしまったのだ。





なお今回は女房が自分の小遣いから払うと言うし、義弟も来年2月には退職金から返すとメッセージを送ってきたので筆者も渋々了解したが(繰り返すがイザベルの生命のために払う気はあった)、なんか釈然としない気分のままでいたのだ。余りにも他力本願すぎないだろうか。

そこへ上述のフェイスブックのメッセージである。神に感謝だと・・?。別に筆者に感謝してますと書けとは言わないが、神に感謝してお終いかと思うとなんとも陳腐で底が浅いといだけでなく、情けなくていやーな気分になってきた。これはキリスト教徒の決まり文句らしいが、ちょっと感謝する相手が間違ってはいませんか?

神が助けたんじゃなくて、お前ら夫婦の周りにいる人と医者が助けたんだよ。それにイザベルが罹ったのは死の病でもなんでもなくて、医学校を卒業したてのボンクラ医者でも絶対に治せる盲腸で、問題は単にアンタらは治療費が無かっただけなんだよ。神に感謝するんじゃなくて自分の無力さをまず恥じるべきだろうが!。それを誤魔化すなってんだ!

それと嫌なのは入院費用の話になった時は沈黙してたのに退院したら神のご加護だとか家族の祈りは通じたとかで励ましあってる親戚たちである。神に感謝ってのは何も出来ない人間たちが自分の非力さを覆い隠してメンツは守るのに便利な言葉だね。これだから宗教は嫌いなのだ。ちょっと義妹と一部の親戚たちの顔も見たくないのでしばらく距離を置くことにした。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

それがフィリピンの現実だよ

2015/12/07(月) 00:37:56 | URL | あたま痛~い #-
どこの家庭も子供が病気しても、両親が病気しても蓄えなんかあるものか。
日本に居る親族に電話したり、金持ってそうな親戚に電話しまくりさね。

いつまで建っても脳ミソ煮えてるからね、メリークリスマス!!(爆)

2015/12/07(月) 21:28:07 | URL | まり #Pna67J1Q
いつも興味深く拝読しております。

これだからキリスト教徒は…ですね。
のれんに腕押し 糠に釘。

2015/12/07(月) 23:23:29 | URL | ROOM237 #c/N303Uk
FB見ててもそういう書き込みが多いですね

雨に濡れずに帰宅出来たから神に感謝とか
それじゃあ雨に濡れてしまった人たちは
日頃の行いが悪いからですか?(苦笑)

コンドミとか会社ビルのユーティリティーたちに
クリスマスだからドネーションしてくれというのも
ちょっと考えてみると凄いなぁって思いますねぇ

雇用先が十分な給料を払ってないんでしょうか?
それをドネーションで補って欲しいとでも?(苦笑)

この記事、よく分かります。

2015/12/07(月) 23:24:09 | URL | わがまま、親父 #.fR4.oCU
今日は、はじめまして、いつも面白く拝見させてもらっています。

この話、私も経験があります、散々親切、金銭的にも援助したのに感謝の言葉もない、あるのは神様のお陰で助かった、ハレルヤ、

それはないだろう、そう思った事が何度も!タダ、最近、そういう風に考えるフィリピン人は全てではないようです、アメリカやカナダで生まれ育ったフィリピン人はそうは考えません。

それにしてもフィリピンにおいて金を貸す、これはあげる、親切にする、助ける、これは自分が好きでやっている、そう思うよりしょうがないでしょうね。

2015/12/13(日) 17:58:43 | URL | ほにょ #-
昨日さらに爆発させることが送ります
新しい日記を乞うご期待

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/790-501bfbdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)