世界に羽ばたいてもあまり成功しない民族

2015/11/30 00:00:21 | フィリピン雑学帳 | コメント:4件

フィリピン人は海外への伝手を見つけてはそこに潜り込み、やがて家族を呼び寄せて現地に根を生やす民族だという日記を先日書いた。2014年のフィリピンの統計では232万人が海外に出稼ぎに出ているが、ここにはアメリカに帰化した人などを入れると1500万人にも上るらしい。

この海外に1500万というのは中国人やインド人、ユダヤ人なんかと匹敵する規模らしく、アメリカではフィリピン人は一つのエスニックグループとして認知されているらしい。確かにそう聞くと筆者が世界のあちこちで出会ったフィリピン人の顔が目に浮かぶ。

会社員時代に筆者はドバイによく行っていたが、ここでは現地の女よりフィリピン女を多く見かけるくらいで、初めて訪問した時は空港のチェックインカウンターにホテルのフロント、レストランのウエイトレスに顧客の受付係まで全部フィリピン人だったのに驚いた覚えがある。

しかし中近東やニューヨークならこういう事態はまだ理解できるが、ミラノのあちこちがフィリピン人家政婦で溢れていたり、マドリッドの中華料理店のウエイトレスがフィリピン人で、しかもいきなり流暢な日本語で「あたし千葉じゃちょっとイケイケだったのよ」と嬉しそうに話し始めたのには面食らってしまった。





実際筆者のいとこ達も半分以上が海外出稼ぎ経験者だし、残り半分もチャンスがあればと今だにアメリカでの職探しに余念が無いくらいだから、その昔スコットランド人が成人したら船乗りになったように、フィリピン人はやはり若いウチには海外に出て、豊かな国に生活基盤を築くというのが夢なのである。

さてこう書くとフィリピン人は中国人やインド人同様に冒険心旺盛で事業家意識に秀でた民族で有るかのように聞こえるが、ここでちょっと大きなハテナ?マークが脳裏に浮かんだ。華僑とか印僑にような比僑って単語聞いたこと無いじゃないか・・。

フィリピン映画の世界ではアメリカの巨大資本相手に戦うヒーローが登場するが、筆者の長い海外営業生活ではフィリピン人オーナーという御仁には一度たりとも出会ったことが無い。彼らはいつも受け付けや事務スタッフにオフィスの下働き、倉庫係など使われるたちばにいた。

しかし筆者は欧米は出張で行くだけだったから、フィリピン人が幅を利かせる筆者が知らない分野があるのかと思い、カリフォルニアのインテルでマネージャーやってた近所のおばさんに聞いてみたところ、フィリピン人が自分で事業をやるといっても個人事業主ばかりで、大店を構えるという事はまず無いわね・・と言った。





じゃあ多くのフィリピン人は何やってるんですか?と聞くと、工場労働者やファストフーやクリーニング屋の店員、ゴミ処理場の職員に医療関係者などやはり使われる仕事ばかりで、大手企業のマネージャーだったオバさんは例外的な方で、フィリピン人会では出世頭だったそうである。

つまり下層都市住民ということですか?と聞いたら、このオバちゃんは笑いながら「そうだ」と言ったが、でも同じランクのプエルトリカンやヒスパニックみたいに路上で犯罪を犯すわけじゃ無いから「サイレント・ロウアー・クラス(静かな下層民)と言うべきね」と幾分上機嫌に笑う。

大きく羽ばたいた割には大きな巣が作れず、小さな巣の中でで必死に働いて故国に送金するフィリピン人。むかし経営学の本に企業や民族の生存特性を分析する場合は、生態系にいる動植物に当てはめると分かりやすい・・と書かれてあったが、どうも繁殖力だけが命綱の草食動物のようである。

中国人と違って移民先の経済を浸食しても行けず、下層民として黙々と働きながら家族を増やすことで繁殖して行くフィリピン人。最初は下手に出ていつの間にか母屋を乗っ取ろうとする卑劣な朝鮮民族よりは遥かに無害人畜である。朝鮮人100万人追い返す代わりにこいつらなら入れてもいいかな・・。ただし人口増加の為うら若き美女限定だけどね。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

2015/11/30(月) 06:19:15 | URL | star child #/9hBKkrU
lower class が出て行くから、そうなるわけで、middle classがでていけば中間層コロニーができる。

日本の特色は、下層~下層の上まで、全て婚姻に頼っていること。まともな労働査証が、取れるのは中流以上。土地も買えるし、会社も作れる。

全てではないですが、一般的には、フィリピンの下層層の外国人夫は、下層層。並んでしまうのですよ。特に、婚姻証書に学歴が記載されるような階層国アメリカでは… だから政治的力が夫を含めて何もない。

フィリピンは、特殊な家族主義。特殊な愛情主義。極端な感情主義。妹や弟のために誰が身を削って働くかと(多くの外国人は思うはず)。なぜって、大家族保証制度だから(笑)だって、愛ですよ。

そして、フィリピン人には国境という観念がない。まるで、大昔、東北から都会へ出てきた都会が、アメリカだったり、日本だったり、アラブ連邦だったり、イタリアだったり。

都会に行けば何とかなる。でも、何とかなるのは、ほんのわずか、成功するのはまたその一部。

フィリピン人の欠点は、目先のことは考えるけど、中期、長期の事は考えない。考えらない。考える訓練が出来ていない。余りにも いの中のカエルちゃん。

で、higher low class, lower Middle classで、高学歴の若い美人が各国に散ってくれれば、未来はあかるい!!頑張れフィリピン


2015/11/30(月) 12:58:24 | URL | 傭兵カット #5bAGT/qc
その昔聞いた話。
ハワイに移住した日本人は農場に雇われ働き、慎ましく暮らしお金を貯め小さいけど自分の農場を買い独立し、少しずつ農場を拡大し二世が成長した時にはそこそこの農場主になっているか、農場は買わないが子供達に教育を受けさせ子供達を教師、弁護士、医者にしたそうな。又、金を貯めて町で商いを始めた者もいたそうな。
 ハワイに移住したフィリピン人は移住そのものが目的だったから、農場に雇れとりあえず金を貯めて家を建てノンビリ暮らしたそうな。子供達も成人すると親と同じ農場で働いたそうな。どちらが良いか、という話では無く国民性の違い、って事で宜しかろうと...

2015/11/30(月) 20:39:36 | URL | star child #/9hBKkrU
私も、移住したい(笑)15年若かったら。

今は、純粋な移住者って、少ないのかも。単身赴任の海外就職でしょ。稼いだお金は、全てフィリピンへ。

でもフィリピン人中流層は、中東に出かけても一味ちがいますよね。
OFWの送金、荷物のドアTOドア、OFWへの現地での5・6(金貸し)、闇の質屋。
現地OFWへの化粧品販売。ピラミッド商品の販売。
こんなことやって、15Mの家に住んでいる知り合いがいます。

金貸し、儲かるそうですよ。OFWのフィリピンの家族が、事故、病気、その他もろもろで金が要る。で、現地で借金(サラリーローン(笑))、質入して、フィリピンへ送金。

管理人のみ閲覧できます

2015/12/03(木) 17:11:00 | | #
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/783-86648996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)