スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育ちの悪い女の嫉妬

ここ最近デパートや小洒落た店に行くと女房が必ず買い求めるのがテーブルクロスである。「もっと地元の伝統的な絵柄のものは無いの?」とか「天然素材を使ったものを」などと店員にアレコレ指示しては現物をジッとみて、「ちょっと私の欲しいのと違うのよね」とか言って奥の方から別の品物を持ってこさせるのだ。

こう書くと筆者ら夫婦はテーブルにナイフとフォーク、さらにワイングラスなど置いて優雅に食事している様に思えるだろうが、実は下町の大衆食堂にいるオヤジたちのと大して違わない下品な食いっぷりをしているのだ。しかしある理由からテーブルクロスだけは場違いな品物として使うようなったのである。

時間は今から1年ほど前に遡る。当時リサール州のド田舎に住んでいた筆者ら夫婦は従兄弟ジェンとジュミ夫妻の住むパッシグのアパートに遊びに来たのだが、ここで夕食の準備を始めたジュミがテーブルクロスをサッと敷いた時に、筆者は広東語でコソッと「この女は育ちが良いな」と言ったのだ。

ジュミの母親はそこそこ裕福な商人の家系の出身で、また父親もバンドマンとして世界中を駆け回っていて結構な収入があったから、この夫妻の3人の子供達は中産階級特有の上品な家庭環境で育ったのだ。日本で言うと父親は富裕な開業医か会計士で、子供達は全員とも中学から青山学院に入ったのよ・・という家庭を想像してもらうと良い。

一方の女房の一族は半世紀前にパンパンガ州の田舎からマニラに出稼ぎに来たくらいだから育ちが良いわけが無い。さらに女房は子供の頃に母親を亡くした上にリサール州のド田舎で育ったから、テーブルクロスどころかスプーンとフォークを使って食べていたかどうかも怪しい限りなのだ。





それに筆者と一緒になってからも、外じゃカクテルドレスなんか来て一流レストランで食事はするが、家ではテーブルに新聞紙を引いて食べていたのだ(後でゴミを包み込んで捨てるのに便利だからである)。そう、実は筆者も育ちの方は女房と五十歩百歩であり、食事の際中に女房がゲップやオナラをしようが全然気にしないのだ。

しかし「ジュミは育ちがいいな・・」。この一言が女房の中で許し難い敵愾心を生み出してしまったらしい。いとこ世代の最長老で香港で青春時代を過ごし、一応今のところ一番お金持ちなアタシよりも洗練された人間がいるなんて・・。全ての原因は女房の家庭環境にあってジュミは関係無いのにジュミの存在が許せないのである。

それで馬鹿の一つ覚えの様にテーブルクロスだけは呆れるほど買い求めるようになったのだが、育ちの良さの証明書と言うのはモノに限らず身振りや話し方にも出るから、こんな付け刃で逆転など出来るはずが無い。そこで女房と何故か途中で参加した義妹は立ち振る舞い以外の分野で勝負に出ることにした。

「ジュミは料理が下手よね」「いつも旦那のジェンが作ってるのよね」「母親として恥ずかしく無いのかしら」と血縁の有る従姉妹たちに陰口を言って嫁いびりのシンパ獲得を始めたのだ(正確には従兄弟の嫁である)。ただ筆者の記憶では義妹の料理など不味くて食えたもんじゃ無いんだけど・・。

筆者が言った何気ない一言が引き起こした女の嫉妬。以来ジェンとジュミ夫妻は(筆者にアパートを売りつけた後)あんまり顔を見せなくなってしまったが、女房と義妹は同じく育ちの悪い従姉妹や大学生の姪相手に「食事の時はテーブルクロスを敷くものなのよ」と笑みを浮かべて説明をしている。その笑みから透けて見えたのは捻れた優越感と達成感だった。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

テーブルクロスからカーテンまで、食器からナイフ フォークまで、なにか田舎っぽいガラが好きな方も多いようで。ビニールシートに大きな赤い花柄とか。(汗)

やはり、シックな無地で、材質感のある、シンプルな 例えばイケヤの家具みたいなのが、私は好きなのですが

 

我々の時代で育ちが良い人間が行ったのは麻布とか開成だった。でぶ熊が評価する青山学院などは普通の人間が行く私立で育ちが良いとは思っていなかった。育ちが良くてもそれを問題としない我々は日比谷、西、戸山、新宿、小石川など学区のトップ校から難関大学を目指して頑張っていた。最近はこれらに替わって昔は都立の滑り止めだった学校に優れた私立が出てきたがずいぶん変わったものだ。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/772-7645b0d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。