35歳のお祖母ちゃん

週末に我が家へ遊びに来た一団の中に義妹の親友マアンがいた。マアンは二人の娘を持つシングルマザーで、毎朝早くリサール州のド田舎町からマカティのコールセンターへと通う頑張り屋である。今回来たのは下の娘をプールで泳がせるという名目だが、久しぶりに女房や義妹と一杯ひっかけるのが本当の目的の様だ。

このマアンは35歳とまだ若いのになんと祖母なのである。大学でHRM(ホテルとレストランの経営管理コース)を学ぶ娘は一昨年トレーニー先のマカティのホテルで男に引っかかって妊娠してしまったのだ。この時のマアンはあまりの衝撃にすっかりしょげ返ってしまい、我が家に時々来ては義妹相手に散々こぼしていたのだ。

「ちゃんと卒業して結婚してからならともかく・・」「あんな若くて妊娠するなんて・・」と筆者と女房、義妹の前で梅酒をガブガブ飲みながら思いをぶちまけているが、こっちにしてみれば「そりゃアンタの血を引いたからだろう・・」としか思えない。なんたってマアンは15歳で最初の娘を産んでいるんだからな・・。

フィリピン人は早熟な上に宗教上の理由で一応堕胎は禁止されているから、ものすごく若い母親が沢山いるのだ。特に田舎や低所得世帯ほどこの傾向は顕著で、スカッターと呼ばれるスラム街なんかを歩いていると、あんた小学生じゃないのか?と思うような女の子が既に母親だったりするのである。

さてけっきょくマアンの娘は今年の初めに無事子供を産んだという話は聞いていたので、さっそく「あんたの孫は元気なのか?」と聞いたところ、マアンは顔を綻ばせて「もう可愛くて可愛くてしかたないのよー」から始まるえらく長い自慢話を始めた。

なんだよ、生まれる前は「あんなふしだらな娘に育てた覚えは!」とか言ってたくせに・・。それにこのガキも15年後には女をすけこまして妊娠させてしまい、あんたは50歳前にしてひい祖母さんになる運命なんじゃないか?。なんだかこのガキは繁殖力がありそうな顔つきしてるぞ!





にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

オバ~アチャン 

そう言えば20歳下の愚妻は愚息夫婦に子供が生まれたのでグランマになり日本に行くと先輩母親顔してます。亡妻が長生きすれば孫を可愛がる姿が見えたのにと最近思います。女は国籍宗教文化に関係なく母性本能があるのでしょう。

 

みんな美人

 

山健様
そ、そうですか?

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/768-c134aa2b