右の奥から現れた怪しい二人

新宿のバーで以前勤めていた会社の後輩D君と飲んでいる時に「○○さん!国家非常事態対策委員会という番組が凄く勉強になるんですよ」と言って一方的に話し始めた。なんでもユーチューブだかニコニコ生放送で放映されているこのマイナーな番組はD君の右翼思想にピッタリと合うと言うのである。

このD君は小林よしのりの影響を受けて愛国思想に目覚め、大企業の管理職を勤める傍ら地元の私塾で若い世代とともに政治運動に邁進している民族派である。ただし一水会などの思想右翼と違って街宣車に乗っかって破壊や粉砕を叫ぶだけの在特会に近い人間なので、熱く語るD君の話など上の空で聞いていた。

しかしマニラに帰ってヒマが出来たので、D君の言っていた非常事態宣言という番組をユーチューブで探したところ直ぐに見つかったのだが、この番組出ている人間を見てアッ!と驚いてしまった。なんと右翼で闇社会のフィクサー朝堂院大覚と自称哲学博士の行徳哲男だったのだ。

こりゃ思いっきり統一教会の関係者じゃねえか・・。そう、この二人とも統一教会の政治組織である勝共連合の関係者で、今から30年くらい前に暗躍していた胡散臭い人物である。しかしこの二人はそれぞれが統一教会の持つ別の顔を代表する人物だから、何となく面白いな・・と思って番組を観ることにした。





朝堂院大覚は右翼とは別に武道家としての顔を持っていて、彼は梶原一騎や真樹日佐夫など他の武道系勝共連合のメンバーの盟友である。この統一教会と武道の根深い関係というのは知る人ぞ知る話で、日本の青少年たちが丸ごと左翼化しつつあった時に、体育会の中でも全国各地で組織化が進んでいる武道流派を体制側に抱き込もうと統一教会が浸透工作を図ったのだ。

中でも一番浸透されたのは極真会館で、開祖の大山倍達は統一教会に入ることを最後まで拒んだものの、最高幹部の何人かが信者になったために分派の一つは統一教会のダミー団体と化してしまった。そして朝堂院大覚はその分派のスポンサーの一人であり、勝共連合と極真会派のバックを使ってフィクサーとして暗躍していたのである。

さてもう一人の行徳哲男は哲学者などと名乗ってるが、実際は自己啓発セミナーの親玉で、統一教会の洗脳スキルを応用した独自の手法で中小企業のオーナーたちを言葉巧みに追い込み、巨額の金をパクッてきた男である。昔TBSの報道特集で徳田虎雄とともに怪しい人物として特集が組まれたことがあるからご記憶の方も多いのではないか。

全国各地で開催したセミナーを通じて2万人の参加者の心に灯をともしてきた!などと抜かしているが、実際は言葉巧みに洗脳して金を巻き上げてきただけある。その後自民党が政権から転がり落ちてからは姿を消していたが、どうも安倍晋三の登場でほとぼりが冷めたと勘違いし、またぞろ表舞台に出てくることにしたらしい。





こんな奴らが番組を持って「日本はこのままでは危ない」と喚いている・・。一体ナニをトチ狂ったのか分からんが、これだから右翼はダメなのだ。長年にわたって日本は左がかった思想に毒されていて、それに気づいた人たちは右の方に振れるのは理解できるが、そこはすでに先客である朝鮮カルト統一教会が口を開けて待ってることには気が付くべきである。

それでD君に「お勧めの番組を見たが、あれは統一教会だぞ」と言ってやったら、このD君は「そんなことは無い!」と反論した上に、「○○さんは未だに左翼の思考が抜けていない」と失礼な事を書いてきやがった。それで筆者も頭にきて児玉、笹川ら在日が右翼に浸透していった経緯を書いたら、「すべてウソです!もう話すことは何も無い」と一言返事をしたきりウンともスンとも言ってこなくなった。

日本の右翼は純粋で純日本人による運動である・・と子供のような戯言を信じたいのだろうが、そんなこと昭和の政治動向を鳥瞰図的に眺めれば誰でもわかっていることである。東西冷戦の対立軸とは別に、中韓朝3国は日本の国力を相対的に低く抑えるため左右両陣営に手を突っ込んでかき回すことで主導権を握って来たのだから、ちょっと目が良ければ外国勢力の爪痕に気づくはずだ。

筆者が学生のころは、右の世界の最深部には朝鮮人(統一教会)がいる!と言われていたが、現在は左の世界のカーテンを捲っていくと朝鮮人(韓国プロテスタント)がいる!と言われている。しかし不思議なのはそれぞれの時代のその反対側にも朝鮮人がいる!という見識は殆どなくて、皆が片目を閉じて眺めていることである。それはD、お前もおんなじだ。ちゃんと両目開けて世間を見ろ。このバカウヨめ!





にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

今は途切れてますよ 

想像ですが、現在は昔ながらの対韓国裏ルートは消滅していると思います。
傍証としては、長らく途絶えていた日韓首脳会談。

以前なら、双方のフィクサーが手打ちして仲直りを演出していたのですが、現在の動きを見ていると、よくて議員外交で、キャリア外交官がガチンコでやっているようにしか見えない。

統一教会の影響力にかつての強さはなさそうですね。

 

金日成 文鮮明対談以降、統一教会は南北朝鮮両方にまたをかけた鵺のような存在になっていますから、韓国一方の代弁人の様に見るのは違いますよ。

むしろ北朝鮮とアメリカ同様に日韓両国を仲違いさせたい勢力にいると考える方が普通なのでは無いでしょうか?

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/765-8cb2034d