スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドブ川の匂いがする女

帰国2日前ステーキ用のブロック牛肉を買うため銀座8丁目まで来たのだが、ちょっとムラムラしてたので歩いて新橋の箱ヘル(店舗型ヘルス)に行くことにした。その昔銀座に勤めていた頃は、新橋界隈の箱ヘルで楽しんだ後ガード下の焼きとん屋で飲むのが好きだったので懐かしく感じたのだ。

しかし昔行っていた箱ヘルは何処もかしこも潰れてしまい、あるのは部屋が狭いので有名だったXという店だけだった。他に選択肢がないのでこれまた狭い階段をトントンと降りて行き、受付の兄ちゃんにボードに貼られた女性達のブリーフィングを受けたが、今すぐ出来るのは梓ちゃん(仮名)ともう一人すごいオバさん顏だけだという。

1時間ほど待てば他のおねーさん達も空きますよ!と言うが、こっちは牛肉の塊を持ってるので早く冷凍庫にしまい込みたい。それで二人のうちまだまともな梓ちゃんというのを頼んだのだが、これが写真と現物は大違いという典型で、ブヨンと太った上に垂れ乳の白豚の様な女であった。

「いらっしゃいませー!いっぱいご奉仕しちゃいますからね〜」とねっとり笑顔で言う梓ちゃん。まあこういうタイプは気だてが良いからな・・と思う様にして早速サービスを始めたのだが、なるほどこれがなかなか上手い。さすがブスだけあってテクを磨いているようだ。それでこっちもウットリしていたら梓ちゃんはガサゴソと体のポジションを変え始めた。

さあシックスナインしちゃいましょうね〜、とルンルン気分で言う梓ちゃん。今までは頭の中で別の女のことをイメージしてれば良かったが、ブヨンと膨らんだ下腹部を顎から胸の辺りに乗っけられると現実逃避しにくいし、だいいち息苦しい。まあそれでもアソコの色でも眺めて見るか・・と思って指で開いて見たらプ〜ンと異臭が漂って来た。





な・・何だこの臭いは・・。ツンッと揮発性のある臭みでは無く、ドワ〜とゆっくり拡がるヘドロ臭、そう昔のドブ川の臭いである。これがゆっくりと漂ってきたのだ。冗談じゃねえぞ!何がシックスナインだ!と思ったが、よほど舐めて欲しいのか梓ちゃんは腰を下方にスライドさせるため芋虫の様に揺り動かしはじめた・・。

顎を90度上向きにさせて酸素を確保する筆者。しかし梓ちゃんは腰をズリズリ揺れ動かしながら1ミリまた1ミリと臭い割れ目を接近させてくる。しかも部屋が狭くて頭は壁に当たっているから逃げ場はない。もうダメだ!このままじゃ臭マンコに飲み込まれる!と恐怖に駆られた筆者は「ゴメン!喉が腫れて痛いんだ。扁桃腺炎なんだよ!」と思わず叫んでしまった。

あら〜そうなの〜、残念だわ〜・・と実に口惜しそうな表情で言う梓ちゃん。こりゃ本当に舐められるのが好きらしい。ああ、なんか熱が出てきそうな感じだからもう帰るよ・・と言うと(恐怖心から本当に寒気を感じていた)、でもせっかく来てくれたんだから出さないとね・・とつぶやいた後、筆者の○○○にニュッとかぶり付いた。アッ!気持ちいい・・。

結局45分の料金を払ったのに30分で店を出てしまう筆者。受付の兄ちゃんは階段で「なんか有りましたか?」と聞いて来たが、筆者の脳裏には迫ってくる臭マンコの映像が定着してしまい、いやっ!具合が悪くなっちゃって!気分が悪くなって!とだけ言って小走りに店を出た。

さてその時の牛肉はマニラへと運ばれ、女房の手でステーキサイズにカットされたのだが、その肉を見た時に梓ちゃんの巨大な肉塊が頭に浮かび、さらには牛肉の切れ目がドブ川臭のするワレメと重なって見えてきた。そして女房と大学生の姪は実に美味そうにステーキに食らいついているが、筆者は「胃もたれがするから」と言ってお誘いを辞している。しばらくステーキは食えそうにない・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/757-236c4447
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。