肥満生物の挫折

2015/10/25 06:17:27 | 日記 | コメント:0件

クラブハウスで開催されるハロウィーンパーテイーに参加するため我が家に泊まり込みで来た義妹と大学生の姪がプチ断食に興味を持ち始めた。この親子は身長は165センチとけっこう大柄だが、体重の方も義妹は推定70キロ、姪は65キロとかなり肉付きが良く、二人がソファに寝転がっているのを見るとアザラシやトドなどの海洋哺乳類がいるような光景が頭に浮かぶ。

「その36時間断食って痩せるのかしら?」と真剣な表情で聞いてくる義妹。いや、これは肝臓に溜まりこんだ毒素と脂分を排出るためのもので・・と説明したところ、多少医学的な知識を持ち合わせている大学生の姪が「脂分が新陳代謝を邪魔しているのよ!」と要らぬ横やりを入れてきた。22歳で新陳代謝が悪いなんてことはありえないはずだけど・・。

この二人の肥満の原因は暴飲暴食、特に炭水化物の摂りすぎなのである。筆者の女房は香港に長年いたので肉やご飯の他に必ずスープと野菜料理をつけ加えることを忘れないが、義妹ときたらアンドックスで買ってきた脂身タップリの焼き豚とご飯(それも山盛り)だけ、それをスプライトで流し込むようなろくでもない食生活を続けているのだ。

「だったら今からプチ断食をやってみたらどうか?オレも付き合うよ」と提案する筆者。じつは筆者は一昨日にプチ断食を終えたばかりだが、来週は連日連夜飲む事になるから今のうちに肝臓の浄化力を高めておくのも悪くない。それで大学生の姪が「いいわね!やりましょう」というので、3人でプチ断食を始めることにしたのだ。





空腹感を和らげる効果のある濃い目のウーロン茶をテーブルにずらりと並べる。あとは体をあまり動かさずにテレビでも見ているだけである。一方女房はこれ見よがしにアンパラヤと牛肉の炒め物なんかを作って断食3人組の前で平然と食べているが、義妹と姪は別になんともないといった風情だ。昨晩スパゲティの特大をかっ込んだから胃袋にはまだ残存物があるに違いない。

ところが昼になって事態が変わってきた。ウーロン茶をカプカプ飲んでいた義妹がなんとも情けない声で「ハングリ~」と言い始めたのだ。昨晩のメシから20時間経過したあたりだからちょうど消化活動が終わったあたりである。ここから先は肝臓が自分自身の浄化活動を始めるのだ!あと16時間だけ我慢しろ!とハッパをかける筆者。

そして午後3時ころに義妹が「明日のハロウィーンのお菓子を買わなくちゃ」とさも肝心な事を忘れていたと言った感じで立ち上がった。目の前にあるスーパーに買い物に行くというのだが、どうも雰囲気がおかしい。それで筆者も一緒に行くと言うと「やっぱり明日の朝にでも買えばいいわ」と急にトーンダウンする。どうやら買い食いするつもりだったらしい。

しかしここで奴らに追い風を吹かせる事態が発生した。一昨日のウーロン茶漬けで睡眠時間がずれてしまった筆者は急に眠くなってしまったのだ。しまった・・、あいつらは俺に隠れてつまみ食いをするに違いない・・と必死に眠気を覚まそうとしたが、こっくりこっくりと頭が垂れるようになってしまえばどうしようも無い。ついに筆者は眠りに落ちたのである。





キャッキャッ!という笑い声で目が覚めた。どうも義妹と姪、それに女房が居間で楽しそうに会話をしているようである。それでドアをゆっくりと開けると、そこで筆者が見たのはポテトチップスなどの菓子類を嬉しそうにつまんでいる義妹と大学生の姪の姿だった。時刻は午後9時、この二人は24時間目にして脱落していたのである。

オレが寝た後にスーパーに買い物に行ったに違いない。そして目の前に置かれた食い物を無視することが出来ずに堰を切ったように食い始めた二人の姿が脳裏に浮かんだ。それで今は血糖値が十分跳ね上がって至福の気分にいるのだ。やっぱりこいつらには断食など無理だったか・・、そう思って静かにドアを閉めた。

翌朝8時になるといつものとおり女房が朝食を作り始めた。筆者にとっては36時間ぶりの、義妹と姪にとっては12時間ぶりの食事である。あ~!腹減った!と叫んでハムエッグとトーストに噛り付く筆者。しかし義妹と大学生の姪を見ると断食明けの人間に見られるガッツキ感が微塵も無い。

「どうだ!断食後の食事は?つらかっただろう?」と聞くと、曖昧な表情を浮かべたまま何も答えない二人。この負け犬め、食欲に負けたブヨブヨ母娘、だらしなく太った二人の体を見るにつけ蔑みの感情が浮かんできた。お前らはこのまま食い続ければ良い!そのうちジャバ・ザ・ハットのように醜い体をさらすようになるんだよ。





にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/747-b3a23e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)