ソイカウボーイぼったくり記

アジアテックでタイ飯を食べた後、男4人のお約束ごと通りネーチャン遊びをしようということになった。筆者はまあマッサージパーラーに行くのだろうと思っていたのだが、一番後輩の影山くんが賑やかなところに行きたいと言い出したのだ。

デジャブという店でタイ女を膝に乗っけてご機嫌な影山くん。隣の席で陰気な日本人がムスッとしているのとは対照的に、大はしゃぎで「俺はこの女を連れ出すぞー!」と気炎を上げている。こういう男は話が早くて好きである。

デジャブでは女にねだられるままドリンクを奢ったので飲み物の会計はたった1時間で6200バーツに跳ね上がった。それで連れ出し料はいくらなのかと影山くんに聞いたら何と6000バーツで話をつけたいう。普通なら2000とか高くても3000である。

しかしネアカで大そうな高給取りの影山くんはたとえ値段が倍だろうが気にしない。ところが勘定を済ませてじゃあ出るか!という段になって店のママが「今の時間に連れ出すなら1万バーツだよ!」と値上げしてきやがった。

連休でアホな日本人が引っかかるとタカをくくったのだろう。ところがコッチもそんな手に引っかかる気は無いから「だったら要らない」と連れ出しは中止した。するとママはなんだかブツブツ説明しようとしているが、一切無視をして店を出た。



筆者は20代にパッポンやサウスパタヤでゴーゴーバーのハシゴをしたが、当時のドリンク代は160バーツ、今は240と物価上昇率に比べてごくわずかしか上がっていない。なので客の減少や場所代の上昇分はひっきり無しにドリンクをねだり、アホからのカッパぎで補う事になったのだろう。

あの子とやりたかった〜!とボヤく影山くん。まあ気を取り直して次に行こうじゃないか・・と入ったのは数件隣のサハラという店。ここもデジャブ同様にほとんど客がいない・・。しかしお立ち台で踊っている女性陣を見ているうちに影山くんに火がついた。

1時間後・・。女にキスされまくり恍惚状態の影山くん。幹事役の細谷くんも「あいつは絶対連れ出すから早く切り上げましょう」と言い出した。このサハラという店は女性のドリンク代が1オーダー480バーツと倍なのでデジャブより高くつく事を危惧したようだ。

酒代4200バーツを支払った後で、さて酒と女の肌でとろけてしまった影山くんに声をかけると、この女とはヤリ代3000バーツで話がついたという。しかし条件があって連れ出し料は払わなくて良いが、閉店時間が過ぎてから影山のホテルに来るという

これは怪しいな・・と思った。だいたいどの店も開店早々に女の連れ出しが出来るのだ。ところがさっきのデジャブといいサハラといい影山くんの場合に限っては連れ出しにハードルが設けられていて、法外な料金を請求してくるのである。



どうやらソイカウボーイの連中は筆者ら一行をアマチュアと見たようだ。それで影山くんに「絶対前払いで渡すなよ」と厳命した後、彼のホテルに電話をかけてジョイナーフィーの有無を確認する細谷くん。

さてお釣りの10バーツまでウエイトレスからもぎ取って店を出た後、影山くんを見ると「いやー2時まで待ちきれないっすよ!」とそわそわしている。まあ今日は頑張れよ!と声をかけ、ところで支払いは3000バーツじゃなくて1万円でもいいぞ!というと、いえ!もう女に払いましたから!と答えた。

な!なにー!もう払っただと!それじゃ女は来るかどうか分からんぞ!と思ったが、バンコクに在住して20年の細谷くんが「まあ影山くんにも夢を見せてあげましょうよ」と達観してるようで意味不明な事を言う。

あの娘が来たらこんな事をして〜🎵と車の中で陽気に歌う影山くん。あと2時間後に彼は深い失望を味わう事になるのだが、40を過ぎた大学時代の仲間はなにも言わない。やがてスクムビットのホテルに着くと影山くんは「じゃあ今夜は頑張ってきまーす!」と陽気な口調で叫ぶとドアを閉めた。

翌日フェイスブックで影山くんとやり取りをしている時に何気なく「昨夜宅配便は届いたか?」と書くと、先ほどまでと違って暫しの沈黙の時間を置いたあと「いえ、到着しませんでした」と書いてきた。その分体になにか寂しいものを感じた。外は静かに雨が降り出してきた。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

coyote ugly system (映画の題名から) の餌食ですか。かわわ。あの人たち、日雇いアルバイトダンサーですから。で、BF・PBなし。但し、一日契約ですから、仕事が終わったら、自由時間。店は関係しません。スニークアウトが自由です。ですから、LD飲んでナンボの世界。故に、積極的アタックなんですよ。LDどろぼう。(爆笑)

どう対処するか、LDを控えめにして、200バーツぐらい交通費わたして、ホテルにきたら1万ペソやるって約束したらよいのかも。自分のテーブルに長いさせないで、さっさと他のテーブルでLD稼げ。ぐらいしか、思いつかない。

 

で、このような、キャバクラみたいな、あほなシステムを考えるのは、多分日本人。ほんとうに益々良さがなくなる。

えらく値上がりしてますな 

10年位前にバンコク・パタヤビーチとかで遊んでましたが、1000-2000バーツ位でしたな。

マニラのブルゴスとかでも、最近は7000ペソとか言い出すしね。やめときまひょう。

 

何で事前にレクチャーしてあげなかったの?

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/717-f026cbdc