ケリー米国務長官 台風で訪非キャンセル

2013/10/12 00:19:44 | ニュース | コメント:0件

APEC会議の後でフィリピンを訪問する予定であったケリー米国務長官だが、大型台風サンティのルソン島上陸時期とタイミングが重なるため訪問はキャンセルとなった。中国やMNFLにも屈せずにオバマ大統領が来るのを首を長くして待っていたのに米国内政のゴタゴタで訪問キャンセル、更にはかなり見劣りするけど代役に選ばれたケリーまで訪問をキャンセルとは、アキノ大統領と言うのは何とツキの無い人なのか。まあケリーにしてみれば下手にマニラに来て中国を刺激するような発言をするよりも、台風のせいにしてワシントンにさっさと帰った方が得だとソロバンではじき出したのかもしれない(それにマニラ空港は現時点まで台風で閉鎖されてもいないし、フライトキャンセルも1社以外はあんまり無いんだけど・・)
     kelly.jpg

今回の一連の騒動でフィリピンは中国からつんぼ桟敷に置かれるし、中国の露骨な外交圧力はアジア各国の中国への警戒感を呼び起こす結果となったので、両国ともダメージを被ったことになる。結局一番得したのは米国ではないだろうか。フィリピンから提案を受けた新軍事協定については「拒絶しない」態度をとることで、まだ外交能力の稚拙な中国新指導部の感情的な対応を引き出し、中国への恐怖に駆られたアジア各国に米国への求心力を高めていく。一方中国との正面衝突を避けるためにフィリピン訪問をキャンセルしてなんとなく誤魔化す形となった。まあオバマのキャンセルは偶然とは思うが(ケリーは意図的だと思う)、結局アメリカは最小の出費とリスクでアジア地域でのイニシアチブを高められたのだから、内心ほくそ笑んでいるのではないか。
     imagesCAXFBPH1.jpg

その反対にバカやってんのがノコノコと横から出てきた日本の安倍総理。フィリピンに巡視船10隻を供与すると約束したことで、行き場のなくなった中国の怒りが日本に向けられるのは火を見るよりも明らか。前回総理だった時にKYとか言われてたけどバカは死ぬまで治らないってことか・・。筆者も中国封じ込め政策には賛成だし、今年9月の領海侵犯への報復という意味合いもわかるけど、もっと米中非の空気を読みながら手を突っ込むタイミングを推し量れ。このバカ!
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/70-20fffff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)