スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反日団体の正体

長崎市・鍛冶屋町の狭苦しい焼き鳥屋で大学時代のゼミの同輩である山口君と杯を重ねていた際に奇妙な話を聞いたので日記にしたいと思う。山口君は被爆地長崎の出身ということもあって大学時代から朝日新聞と朝日ジャーナルを愛読し、Uターンで長崎県庁の職員になってからも仕事はロクにせず自治労の運動に精を出していた皆さんのイメージそのままの左翼である。

オレは四半世紀もモノ売りに精を出していたというのに、お前は旗振ってシュプレヒコールを叫んでいるだけで給料を貰っていたとは許せん!という口調で筆者は山口君に論戦を挑んだのだが、この男は左翼ではあるものの根はお人好しで、筆者とは結構ウマが合う存在だったからニコニコしながら左翼特有の詭弁を繰り返していた。

しかし25年も左翼運動をやっていたくらいだから内幕話を聞くには最適な人物である。それで昔に比べて世論は右の方に傾いてきたからお前らはやり辛いだろう?と聞いてみたところ、いやはや全くその通りだよ・・と案外素直に認めたうえで、デモ集会に参加してくれる人間がかなり減っちまってな・・と嘆いていた。

なんでも「○○闘争戦線」とか「△△を許さない会」、さらに「自然農薬を愛する主婦の会」なんてのは実は昔から全部同じメンバーで構成されていて、中年のオヤジが原子力反対の集会でメガホン持って叫んだあとで諫早湾の埋め立て反対集会に駆けつけるなんてのはザラだったらしいが、最近じゃ何件掛け持ちしたって集会のガラガラ感は否めらしいらしい。

「今じゃ大学でヘルメット被るなんて絶滅種になっちゃったから、運動に新たに入ってくるのは大学でボーッと過ごしてきただけの職員なんだよ。こんな無気力な連中をいくら集めたって出来る事などたかが知れているだろ?」と嘆く山口君。長らく自治労の情宣部門にいただけあって彼の情けない話には何度も失笑させられた。





しかしである・・。確かに左翼の人員動員力は激減していてデモに数万人をかき集めることはもはや出来なくなっているが、その一方で筆者の目には彼らの活動は巧妙になって来ているように見える。それに今やメディアや地方行政に深く浸透した左翼は実質的な権力側に変貌していて、中国と朝鮮の代弁者として日本の弱体化に邁進しているではないか。

それで山口君に反日運動を繰り広げているのは国内なら元新左翼の活動家と在日・同和団体、外国なら中国と韓国という近隣諸国、そして中国共産党の小間使いである創価学会がいるが、一体どの勢力がこの手の反日運動を最も活発に推進しているのか?と聞いたところ話が全く予想外の方向へ進んでいったのだ。

山口君は突然プロテスタントの話をし始めたのである。それはアメリカのペンテコステ派いうワシントンに多大な影響力を与える巨大教団、そしてペンテコステ派の分教会でありながら全く異質な動きをする韓国の教団と韓国政府、そして脆弱な日本のプロテスタント教団が入り組んだ摩訶不思議なストーリーで、最初に聞いた時には一体なんのことかチンプンカンプンな話であった。

筆者より年齢的に少し上の方であれば、宗教とアメリカと韓国と聞くと統一教会の事を思い浮かべると思う。アメリカの保守派の援護の下でKCIAと統一教会はタッグを組んで反共活動を行うかたわら霊感商法で荒稼ぎしてきたが、しかし彼らは左翼ではなくて表向きは右翼である(ただしソ連崩壊後は北朝鮮に接近し左右両刀使いになっているが)。

それでお前が言ってるのは統一教会の事か?と言ったら、山口君はちょっと顔をしかめて「違うよ。あんな連中よりももっともっと力のあるグループだよ」と断言する。しかし同じ左翼ながら山口くんは何と無くこの連中を余り良く思っていないフシが伺えたのを奇妙に感じた。そして彼の話を聞くうちに、この赤い十字架を掲げるプロテスタント一派の不気味さがだんだんと浮き彫りになってきた。(続く)






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

No title 

はじめまして
反日運動は、日中韓の関係を破壊しようとする欧米の工作といわれてますけど
クリスチャンを利用してたのか

まぁ、左翼に走ったご友人は、ご愁傷様としか言いようがない。。。
https://www.youtube.com/watch?v=Stp98UsKhk4&list=PLpw-ttKqXo1y5nurg80KQYAuvj1JBvrna

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/649-c108a1ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。