スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一の牛肉

今回の旅で最もよく食べているのは焼肉である。最初の日に和歌山駅前で入った全然客のいない店が意外にも美味かったのから始まって、大阪の心斎橋、南紀白浜、那智勝浦、神戸、そして鹿児島と2~3日に1度は焼肉屋でカルビやロース、牛タンを堪能しているのだ。

しかしなんとまぁフィリピンにある焼肉に比べて美味いこと・・。日本に来たら寿司や刺身、懐石をたんまり食うぞと決め込んでいたが、女房が盛んにカルビを食いたい!イヂボを食いたい!と叫ぶので、どうやら今回の食い物の王座は焼肉に決まりそうである。

さて長崎へ向かうバスの中に置いてあったガイドブックには「長崎に来たら長崎牛」「日本一美味い長崎の牛をどうぞ」と書かれてある。それで焼肉大好きな女房に「今度は日本一の牛肉が食えるぞ」と言ったら何故だか怪訝な顔をした後で「行く先々の牛肉がそれぞれ日本一だというが、じゃあ日本一じゃない産地と言うのはあるのか?」と言い出した。

どういう意味かというと、日本到着直後に和歌山で食べたのは但馬牛で、店主が「これは日本一の牛ですよ!」と自慢していたのを皮切りに、大阪の焼肉屋では近江牛を、南紀白浜と那智勝浦では熊野牛を、そして神戸ではKOBE BEEFをそれぞれ店主店員たちが口を揃えて日本一と称していたことを言っているのである。





まあそれでも大阪圏内は同じ様な牛の種類がいるのだろう・・と何と無く納得していたらしいが、飛行機に乗ってやって来た僻地の鹿児島でも店長が「ここ鹿児島の肉は日本一でごわす!」と言い張るので訳がわからなくなってしまったというのに、今度は同じく僻地にある長崎が日本一を主張しているではないか・・。

いったい牛肉日本一の定義は何だ?ということを筆者に聞きたいらしいが、そんなもの全国統一牛肉偏差値テストでもあるならまだしも(有るかもしれないが知らん・・)、日本を離れて12年、日本のテレビも新聞も一切見なかった俺が知ってるわけ無いじゃねーか・・。

それに各都道府県が「うちの牛肉はマズイです」と本当のことを言う訳も無いから「日本一」のオンパレードになってるんだよ・・、ビコール美人とかセブ美人と言うけどパンパンガ州はブスの産地が誇りですとは言わないだろ!と説明したが、女房は全然納得してない様である。

それで一体なにを持って日本一と呼ぶのか品評会について調べて見たが、これが複雑極まりない上に○○牛はこうだ!と断言できる類のものでは無い・・。一方女房はあんたの調べた結果はどうなった?とせっついてくる。で・・けっきょく長崎牛を食べてみてから自分たちでランキングをつけようという当初の疑問には全然答えてない結論になった。ということで明日も焼肉だぁ!。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

No title 

神戸牛=但馬牛です。三田市近郊の牛ですね。
マー、一つはコスパ比較でしょう。全国の肉を集めている肉屋があれば、同じ100g500円、1000円の肉、2000円の肉、5000円の肉で比較できるでしょうが

同じ値段帯なら大体どこでも一緒でしょ。

私は、オーストラリア産の霜降り肉で充分です。

No title 

心からうまいと思った肉があります。

岩手牛の超高級品で、値段に100回くらい突っ込みいれたくなるような奴。
「この脂身だけでオレの昼飯代超えてんじゃね?」みたいな感じで盛り上がった記憶が。祝いの席で特別に出たものです。

だいたい全部食べた中であれに叶う肉は無かった。最近食べた中では、MOAの吉野家が一番うまかったね。はは・・

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/647-9f2cba30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。