正しい歴史観を持つオヤジ

2015/07/06 00:35:36 | 日記 | コメント:5件

鹿児島市内のラーメン屋で女房と深夜飯を摂っていた時のこと、店に備え付けられたテレビから「台湾で抗日70年記念の軍事パレードが開かれた」というニュースが流れてきた。台湾の馬英九総統がそこで演説をしたらしいのだが、ナレーションでは「韓国や中国の同じようなパレードに比べるとずっと反日姿勢を抑えたモノになっている」と付け加えられている。

とその時「なんだよ!戦っても無い台湾が反日だと!」「便乗しやがって!」「ニセモノが増えて来たな!」という声がカウンターから響いてきた。見ると20代半ばくらいのスーツ姿の男たちである。えっ?この人たち何を言ってるの?と思ったが、彼らの話に聞き耳を立てて聞いてみたところ「中国・韓国の抗日反日ブームに台湾が便乗し始めた!」という事を言っている様だ。

ちゃんと歴史教育を受けた方なら彼らが2つの意味で間違っている事は良くご存じだろう。ご存じの通り現台湾の正式名称は孫文以来の中華民国で、1931年の満州事変から敗戦までの15年間に渡る日中戦争で日本が戦ったのは中華民国の国民党軍である。例えば日本軍は1億発の弾丸をこの15年間に撃ったとすれば、その99.9%は国民党兵士に対して向けられたものなのだ。

ただし国民党は日本敗戦後の国共内戦に敗れて旧日本植民地だった台湾に逃げ込んだのであって、そこで台湾には一般庶民の親日と支配層の反日姿勢というややこしい構造が生まれてしまったのだが、台湾は民主化したとはいえ政権与党は国民党なのだから、台湾で抗日パレードをやるというのは当然と言えば当然のことなのだ。





2つ目の間違いは抗日運動の主体となったのは中国と韓国だと思っているらしいことだ。こんなの歴史を良く調べてみれば毛沢東の中国共産党は日本軍と国民党軍を戦わせることで漁夫の利を得る戦略をとっていたことはすぐに分かるし、日本との戦闘というのはせいぜい線路や通信網を破壊するゲリラ戦程度である。はっきり言うと共産党は世界に喧伝できるような抗日運動などやってないのだ。

それから南北朝鮮は両国とも当時は日本領(というより併合されて日本の一部)だし、だいたい多くの朝鮮人軍属が日本軍に随行して各地で野蛮な虐殺行為を行っていたのは周知の事。つまり抗日を叫ぶどころか、むし抗日を叫ぶ人たちから縛り首の目に遭わされてもおかしくない民族なのだが、それを巧く誤魔化して被害者ツラしているのが朝鮮人なのである。

さて筆者と同じ年齢くらいの人たちならばこんなことは誰でも知っているはずなのに・・。それにこの3人とも上物のスーツを着ているし中々理知的な顔つきをしているから立派な教育を受けてきたはずだ。それがどうしてアベコベな歴史観を植え付けられてしまったのか・・と唖然としていると、カウンターの中にいる50代と思しきオヤジが「あれはね・・」と口を挟み始めた。

このオヤジは「いやいや、台湾だけが抗日パレードを行う資格がある国ですよ」と3人組の間違いを正した後で、国民党の話を説明し始めたのだが、この3人はフンフン・・と頷いているだけで馬耳東風の様である。この3人のオヤジを見下した態度にはムカついたが、言うべきことを言ったオヤジには感銘を受けたので、胸に着いたネームプレートを見たところ、そこには「邱〇〇」と台湾人らしき名前が書かれていた。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

2015/07/06(月) 08:46:50 | URL | star child #/9hBKkrU
歴史には、疎いのですが(余り興味が無かったもので)、現在の台湾と大陸中国との関係を説明して欲しいです。お願いします。

2015/07/06(月) 20:38:33 | URL | ほにょ #-
元々は敵ですが現在は台湾国民党は中国共産党に飲み込まれつつあります

No title

2015/07/07(火) 16:28:44 | URL | hanep #-
中国という国があるとして、この国の正統な政府はオレだ、と言っている団体が二つあるとします。それが現共産党と、台湾の国民党です。

戦後、共産党と国民党が戦い、国民党が負けて台湾まで逃げましたが、日米は国民党が正統で、共産党は認めませんでした。それが台湾を国として認めなくなり、共産党を認めるといいだしたのが歴史的な米中国交樹立です、コメ欄に収まる内容ではないですねこりゃ

No title

2015/07/07(火) 22:33:11 | URL | star child #/9hBKkrU
どうもありがとう。でも現在、台湾を守っているのはアメリカだし。
話はかわりますが、タイが中国につきましたね。この時期に中国から潜水艦輸入ですか

No title

2015/07/22(水) 01:05:12 | URL | you #-
ブログ村のトーナメントから来ました。
私も日本近現代史を中心に動画とブログをやっています。
少しでも多くの人に本当の事を知ってもらえるよう、お互い頑張りましょう・・・!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/645-7bfb3532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)