神社が教えてくれるアナタの血統

2015/06/27 00:08:46 | 日記 | コメント:1件

神道の家に育った方なら「行く神社を間違えるな」という決まりをご存知だろう。神社はおおざっぱに分けて国津神と天津神の2つの系統があるし、製鉄民の稲荷(鋳成り)、蘇我系の恵比寿、藤原家の春日など業種や氏族によっても行く神社は変わってくる。例えば毛利家の末裔が尼子氏の謂れの地に行ったら怨霊に取り囲まれる様に、自分の系統をよく見極めないととんでもない目に遭ってしまうという話である。

亡くなった筆者の父は神社の跡継ぎとして生まれたものの左翼運動に嵌まり込みすぎて神社を追い出されてしまったのだが、筆者をびびらすために「ウチは氷川神社、つまりスサノオという国津神の大王様の血統だから、お前が天津神の神社に行ったら台風が来るぞ!」とよく話していた。

しかし父以上に無神論者、と言うよりも神社や教会、仏閣にまるで興味が無く、自ら行くことさえほとんどなかった筆者は神道の決まりなど全く気にもかけて無かったのだが、数年前に商談のため取引先を訪れた際に近くにある諏訪大社に行ったらえらい目にあったのだ。

その日は朝から快晴だったのにも関わらず諏訪の上社にたどり着いたら大雨、それもどえらい暴風雨になったのである。それで慌ててタクシーを呼んだが予約で一杯である為に駅まで30分間ずぶ濡れになりながら田舎道を歩いて帰ったのだ。

だけど諏訪大社と言えば国津神である。なんでお前らの親玉の流れを汲む俺がこんな目に・・と怒ったが、なんとなく愉快でもあったので神道に詳しくて迷信深い久保という先輩に面白がてら聞いたところ筆者の遭遇したケースには可能性が3つあると言う。





1つ目は筆者の父が神社を勘当された言わば裏切り者だから神道全体の敵になってるというもの、2つめは実はお前ん家は国津神じゃ無く天津神の末裔なのではないかという基本的な間違い、3つ目は国津神と言っても内部は一枚岩ではなく、つまり反米では利害の一致するファタハとハマスが内ゲバをしているように、お前の先祖は諏訪の敵なのではないか?と言うものだった。

どれも当たっている様な気もする・・・。というのは筆者の家系は曽祖父までは井草八幡宮という神主を何百年にも渡って務めていたのだが、ここはスサノオでは無く応神天皇と秦氏を奉る神社である。つまり同じ国津神でも応神天皇の定義がこんがらがって理解していた可能性があるのだ・・。

それから諏訪大社について調べてみるとここは一枚岩では無いことが分かって来た。大国主と同族で国津神のタケミナカタ(宗像神)が敵に攻められて諏訪の地へ逃げて来たのは確かだが、冷静に考えてみればその前に此処に住んでいた氏族というのがいるわけである。

つまり諏訪はタケミナカタ自身とタケミナカタを滅ぼした敵に2度攻められていて、元々諏訪に居た縄文系ミシャグチ神を報じているのが上社、そしてタケミナカタの氏族が母国から運んで来た神を奉じているのが下社ということになる。筆者が行ったのは上社だ。

ではタケミナカタとは何者か?というと、これが出雲系やら北九州の海洋民族だと言うものや、物部氏から尾張氏など諸々の意見があってさっぱり分らないのだが、あの地域では守矢という名字の人が祭事を行っている事から、恐らく物部氏(物部守屋のこと)だと思っている。





物部に攻め滅ぼされた地元神に嫌われた筆者。つまり筆者は父が話していた様にスサノオの末裔ではなく、応神天皇の神社の神主という出自とおり物部氏の系統では無いのか?。そこでそれを確かめる為に今回は神社ばっかり回っているので有る。

まず物部系神社から説明すると、これは大神神社に石上神宮、さらに大阪の石切神社へ行ったのだが、この3神社は交通不便なところにあって足腰は疲れたものの天候は良好だったし、何よりおみくじも中吉以上であった。

一方スサノオ系では京都八坂神社で小雨に降られたのはまだ良かったが、スサノオの総本山である熊野三山に来たら呆れるくらいのざあざあ降りである。しかも麓の那智勝浦は曇りであり、天気予報でも雨は上がると出ているのに筆者夫婦の乗ったバス亭の近くに来ると雨脚が強くなる・・。

まあそれでも折角来たのだからと往復3000円も払ってバスに乗り、やけに長い階段を登っていよいよ熊野本宮にお参りをし、早速おみくじを引いて見たところ、昨日熊野那智大社で見たのと同じ一文字がそこに書いてあった。

結論 : 筆者はおそらく物部氏です。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

2015/07/04(土) 12:30:39 | URL | hanep #-
いいえ。キーワードは台風にあります。
フィリピンで発生した台風がそちらにぶつかったんですから自明ですよ。

いま思いついたんですけど、神道って、こっちのムルトに効くんですかね?
双方共に手ごわく、まさに神々の戦いじゃないですか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/636-a7c8e304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)