スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャープ社員にモノ申す

シャープの凋落が止らない様である。液晶ビジネスの競争に敗れて構造的な赤字体質に転落し、相次ぐリストラや事業撤退を繰り返しながらも全く構造改革の兆しが見えないことから、投資家たちの間で失望が広がり売りが加速しているらしい。

ある雑誌が企画した覆面インタビューに参加した社員たちは「液晶が将来は陳腐化するのは事業開始時点から分かり切っていた」「なぜもっと早く手を打たなかったのか」と歴代の経営陣を無能呼ばわりする発言を繰り返していたが、この記事を読んだ筆者の感想は「気持ちはわかるが、それは違うんじゃないかな」というものだった。

実は筆者が3年前まで働いていた会社も液晶ビジネスに参入していて、1990年代まではシャープをシェアを競うほどの勢いがあったのだが、投資規模がモノを言う電子デバイス業界の法則のとおり数千億円の資金調達が出来ずにシャープとの開発競争で負けてしまい、大型ディスプレイ事業からは撤退していたのである。

そして残った中小型ディスプレイも携帯電話の主役交代で一気に失速し、いろんな会社との合併・統廃合を経て数年前には跡形もなくなくなってしまったのだ。あれだけ注目されていた事業が木端微塵に打ち砕かれたぞ・・、いったいこの20年は何だったんだ・・?。それが液晶からの完全撤退が決まった日の全社員の頭に浮かんだ言葉だった。





これは断言していうが、当時筆者のいた会社で立ち上げ気に「液晶がダメになる!」と予測した人間は社長から食堂のオバちゃんまで一人もいなかったし、現に一番優秀な社員は続々と液晶の開発部門に配属されるなど、筆者の居た会社は大型ディスプレイの撤退を決めるまで輝かしい未来を夢に描いていたのだ(筆者も液晶事業を希望したが、入社成績が余りに悪いため別事業に回されてしまった)。

しかし90年代の半ばごろにある役員が「液晶事業は量が増えてきたら100%海外子会社に移管する」という発言が社内にちょっとした波紋を広げた事がある。電子デバイスは急激な価格下落が起こるのが常であり、液晶は差別化が非常に難しい商品であるため、ノックダウン生産や基盤の製造どころか商品開発から営業までのオペレーション丸ごとを人件費の安い国に移管しないと将来は立ちいかなくなる・・という事を言い出したのだ。

今自分が注力している事業は将来無くなる・・、という事は将来俺は社内失業するってことか・・。でも確かにプロダクトサイクル論から見ても役員の言う事は正しいよな・・。そういう懸念が急速に広がっていったのだ。ただし筆者の会社は人材の引き受け手になる他の事業がいくつかあったし、前述の様に割と早い段階で大型ディスプレイから撤退していたから、それほど大きな痛手を受けずに済んだのだ。

ところが筆者の居た会社が液晶ビジネスの幕を引き始めた頃に、一方のシャープは亀山工場という巨大な液晶生産施設を建設し始めたと聞いて驚いてしまった。日本国内にか・・?、直接費用である工員の人件費だけでも韓国勢に大きく差をつけられているのに、受付嬢や駐車場係の給料に法外な税金まで乗っかってくるんだぞ・・。シャープ気でも狂ったのか?という疑問である。





ところがメディアは「世界の亀山モデル」「日本経済界の総力を挙げたプロジェクト」などえらく囃し立てている。それで分別ある同僚たちは「通産省のお役人まで乗っかってきたんじゃ、これはいずれ破綻するぞ」と言い合っていたのだが、その数年後には亀山よりも大きな工場を同じ日本の堺市に作ったと聞いて口をあんぐりと開けてしまった。シャープはまったく経済原則に反する事をやっているのである。

はっきり言うと、シャープの社員たちは自分たちがこういう結末を迎えるとは数年前まで絶対に思っていなかったはずである。それは彼らが国内ナンバーワンの地位を維持し続けたために視野が狭くなってしまったこともあるが、何よりもプロダクトサイクル論を無視してまで自分たちの雇用を守ってくれた会社を有難がっていたはずだからだ。

冒頭の「始めから分かっていた」「なぜもっと早く手を打たなかったのか」と覆面社員たちはこれが正義のごとく文句を言うが、それでは彼らの言うとおりに当時の経営陣が動いていたとしたら、おそらく亀山に工場など設立せずインドネシアかベトナムあたりに大工場を作り、日本人従業員のリストラはもう10年以上早く始まっていただけだと思う。

まあ自分の所属する会社が傾きかけて憤懣やるせないのはたしかに分かるし、液晶事業に注力しすぎて新規事業の育成に手をこまねいた経営陣の誤判断を罵りたい気持ちは判らないでもないが、今頃になって後出しジャンケンでブー垂れるよりも、10年長く自分たちを雇用してくれたシャープに感謝したほうが良いのではないだろうか。それに他人事のように上司を批判するより、先の見通しを立てられなかった自分自身をまず最初に悔いなさい。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

ドル120円時代、殆どの外国通貨に対して、以前の3割安の日本円でも、海外生産に太刀打ちできないのでしょうか?4k 8K UHD規格対応大型液晶を含めて、シャープの再建に期待します。従来のHD規格製品は、別ブラン(エコブランド)を立ち上げて、50インチ500ドル位で、海外で安売りすればシェアが激増するかも。今でも、純日本製の強みはあると。素人の意見で、ごめんなさい。

 

追伸:もう一つは、中型~大型タッチスクリーン TV?モニターですよね。

 

シャープとは仕事では無縁でしたが同じ業界のポン友は亀山工場建設に関わってましたが(専門はクリーンルームと配管のフラッシング)技術サイクルの早い製品なのに何故ネシア、タイマレーシアに作らないのかと疑問してました。
同じ業界で準大手と呼ばれる東京の目抜き地区の本社ビルは売却され同業の大手に解体され知人の同社社員は苦労して稼ぎ出来た本社ビルがなくなるのは寂しい、それも同業にと文句を言われたそうです。
再婚を機に早期退職し同じ業界で起業しましたが社内的にはマイナー部門ですが育てたくれた所属してた会社の若い衆の見本になればと老体を使い稼がさせていただいてます。
シャープOBも大変でしょうが頭だけでなく体で覚えた知識、技術で活躍して欲しいものです。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/597-a5e48d31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。