映画「インシディアス2」を観てきた。

近くのSMシネマでホラー映画をやっているというので買い物がてらに女房と二人で観劇してきた。この映画は「INSIDIAS CHAPTER2」という題名で、監督は先日見た「CONJURING」を撮ったジェームス・ワンだという。CONJURINGは思った以上に楽しめたので今回の作品は期待できるな・・と意気揚々と劇場へと入っていった。
     8752586_orig.jpg

この映画のストーリーは、悪霊に憑依された少年が成長して家庭を持つまでになるが、同居人が不審死するなど怪奇現象に見舞われたため、妻がゴーストハンターに解決を依頼。やがて夫についた悪霊の少年時代の深い闇、幼児虐待や猟奇殺人など次々と忌まわしい過去が判明し、追い詰められた悪霊は夫の体を支配して妻とゴーストハンターを殺害しようとする・・というものなのだが、プロットがCONJURINGとほとんど同じなので筆者と女房は呆れてしまった。ジェームス・ワンってホラー映画界の山田洋二でも目指してんのかね・・
     Insidious-2.jpg

とは言え、粗くて重苦しいカメラワークに、箪笥の奥や地下室に潜む不気味な存在をゾワーッと感じさせる演出などはCONJURING同様に巧みで(というかコレだけがワン監督の売り)、観客全員が本当に飛び上がったシーンも3カ所あるので、ヒマで何もやることが無い時にはお勧めできる映画である。なお最後に夫が憑依されて妻と子供を殺害しようとドアをぶち壊すシーンはホラー映画の金字塔「シャイニング」を彷彿させるので、スタンリー・キューブリック好きの筆者は心の中で思わず快哉を叫んでしまった。
     shining.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/59-546c457e