フィリピン人を侮辱して国外追放

2015/05/09 01:05:34 | 日記 | コメント:3件

フィリピン航空の悪口をブログに書いているのを発見した女房が「アンタ!こんなことしてるとタイ人みたいに国外追放になっちゃうよ!」と文句を言い出した。このタイ人とは一昨日フィリピンのニュースを少しだけ賑わせたスラサートスリ・コシン君のことである。

タギッグ市のコールセンターで働くこのタイ男はKOKO NARAKのハンドル名を使ってSNS上に「フィリピン人は愚かな生き物」「最低クラスのスラム型人間」、さらにフィリピン人の略称であるPINOYをPIGNOY(豚)ともじるなど、人種偏見丸出しの書き込みをし続けたらしい。

それがフィリピン人達の間で炎上して会社にばれてしまい、おそらく会社でも前々から問題のある人物と判断されていたのだろうが、勤務先から契約解除を申し渡されてしまったのだ。さらに労働ビザの自動失効によりイミグレーションに引き渡されてしまい、現在帰国の途にあると言う。





だけどこのタイ男と筆者では置かれた状況もやったことも随分と違うではないか。まず第一に筆者はフィリピン航空の対応の酷さに対して文句を言ったのであって、彼らが死ねばよいとかゴキブリ以下の下等生物だ!などとは全然思ってもいないのだ。あくまで行為に対して呆れているのである。

それに聞いたところではフィリピン在住の韓国人たちはSNSに想像を絶する人種偏見に満ちた書き込みをしているようだが、今まで韓国人が今回のタイ人みたいに国外追放になったと言う話は聞いたことが無い。なぜなら英語でなくハングル語で書きこんでいるからだ。

まあそういう内容を女房に説明したのだが、女房も半分くらいは納得したものの「まったく危ないったらありゃしない」とおカンムリである。まあ心配してくれる気持ちは有難いけれど、猿ピーナとか書いてる日本人が沢山いるし、何より選民パラノイアの韓国人が何万人もいるから、追放されるならそいつらが先だろう。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

2015/05/09(土) 21:35:44 | URL | hanep #-
言論の自由、検閲されずに自由に意見を表明できることって大事ですね。


2015/05/10(日) 00:43:18 | URL | star child #/9hBKkrU
彼も、タイ語で書けばよかったのに。でも英語で書いたのが問題だよね。

確かに、日本に働きに来ている泰人が、日本語で、日本国民は豚国民だ とか特定個人・団体ではなくて、国民全体=国家を蔑視したら、それなら、働きに来なくていいよ。ってなるかも。外国人は、他国に住む権利は無いわけだから。

でも泰って、国王の肖像があるお札の、国王の顔に落書きしただけで、処罰される国なのに、フィリピンをなめすぎ発言かも。歓迎されない外国人で、自主追放処分とか。

2015/05/11(月) 12:52:51 | URL | hanep #-
外人に何がわかる、というのがあると思います。

例えば 天皇陛下は必要ないと日本人が言ったとしたら「あなたはそういう意見なんだね」と話をききますが、外人に言われると「お前に陛下の何が分かる」となりますもん。

それにしても、たまにフィリピンってこういう子供っぽい理由で国外退去にするよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/587-cae953c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)