貧乏人はビナイ、金持ちはドゥテルテを次期大統領に推す

2015/04/17 01:07:49 | ニュース | コメント:1件

来年実施されるフィリピンの大統領選挙では依然としてビナイ副大統領が優位とのニュースが流れていた。これはSWSという調査会社が3月末に行った世論調査に基づいていて、2位のグレース・ポー上院議員が支持率31%と肉薄されているものの、ビナイは36%もの支持を集めているのである。

あんだけ不正で叩かれても首位かよ・・と筆者は呆れてしまった。こっちのテレビを点ければ連日の様にビナイと息子のすっとぼけた様な顔が映らない日は無い。ビナイはマカティ市長時代に土地開発にからむ巨額の贈与を受け取った疑いがあり、父の後を継いだ息子は既に不正で告発されているのだ。

それで大変失礼ながらビナイの支持層について従兄弟のラフィーに聞いて見たところ「それは最下層の連中だ」と呆れるような口調で言った。まあ当たり前と言えば当たり前だが、フィリピンでは北ルソンとかミンダナオなどの地縁とは別に所得階層によって支持者が違うと言うのである。





要するにばら撒き政策のことか?と聞くと「そうだ!」と答える。ビナイの場合は高所得層の支持率は極端に少ないが、低所得層、特に最下層民からは圧倒的に支持を得ていると言うのである。さしずめ日本で言えば共産党か?それとも民主党左派みたいなもんなのだろうか。ビナイの盟友エストラダが貧者の代表の典型的な例らしい。

それでヒマに任せてラフィーの言った事をネットで調べてみたところ、別の世論調査会社(パルスアジア社)が所得階層別の大統領候補者支持率を公開しているのを発見した。なおSNSとは別会社なので支持率(%)は微妙に違うが、1位ビナイ、2位グレース・ポーという順位は同じだが、SWSでは3位に点けているロハス内相の支持率は何故か極端に少なくなっている。

さてパルスアジア社の調査を見てみると、なるほどビナイは全階層平均では29%の支持率があるが、最下層のD層では33%と相対的に高く、逆に中間より上の層では22%と圧倒的に低くなっている。一方対立候補のグレース・ポーは全階層ともバランスが取れているが、逆に明確な支持母体層が無いという政策上の脆弱さが垣間見れるのが面白い。





一方ビナイと逆に高所得層に人気があるのがドゥテルテ元ダバオ市長とマルコス・ジュニアの二人、さらに相変わらず血気盛んなサンチアゴ女史の3人である。表には書いていないが、サンチアゴは台風の目になりつつあるドゥテルテ元ダバオ市長に支持率を持っていかれるまでは最上位層ではビナイを上回る支持率があったのだ。

なるほど誰を支持するかによってそいつの所得レベルがある程度分かるって事か・・。それで試しにラフィーにアンタは誰に投票するんだ?と聞いて見たところ、ちょっと上目づかいをした後で「俺はサンチアゴ女史だよ!」と言った。そして沈黙・・・。

お前なあ・・、確かに名門大学出で大手製薬会社の経理マネージャーを勤めているかもしれないけれど、小さい赤ん坊を抱えて長屋住まいのお前が高所得者なわけないだろう。素直にビナイを支持するか、せめてグレース・ポーあたりに留めておいたらどうだ?。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

2015/04/17(金) 08:36:23 | URL | star child #/9hBKkrU
ダバオ市長-マルコス-アブサヤフ って、ラインがありまして。 彼のやり方、ミンダナオ、モスリムエリアを治めるのにはうってつけかも。西部開拓史、マルボーロ カンツリー(笑)

ノイノイさん。自分のハシェンダを守るために、以前の最高裁長官を引きおろして...安堵。ちなみに今の最高裁女史は、元モスリムだし。

後は、政敵を引きおろす事しか動いていない。ナポレスしかり、ビナイしかり、悪乗りしてるわけで。

今回のSAF44の件で、支持率がた落ち。バンサモロ締結のために、マレーシアMILFの機嫌取りで、テロリスト討伐のSAFを見殺し。資源の宝庫サバの発言も含めて、そこまでマレーシアの肩を持つとは、国賊ですよ
(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/564-cb0d5654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)