民族派右翼F君の衝撃

会社の後輩にF君と言う少し変わった男がいる。県一番の進学校から上智大学に進んだF君は卒業後は県下一の企業にUターン就職し、入社後3年目にして香港支店に駐在員のご身分となり、そしてアメリカの大学院に企業留学してMBAを取得するなど絵にかいたような国際派サラリーマンなのだが、実は彼の頭の中身は経歴から想像できるイメージとは裏腹に生粋の右翼、いや民族派なのである。

筆者の知るかぎり新入社員の頃のF君はおっとりしていて思想的にはノンポリだったのだが、彼は昔からSPAとSAPIOを熱烈に愛読していたから、おそらく小林よしのりの右傾化につられる形で彼も思想転向していったのだと思う。まあここまでは特段珍しい事では無いのだが、数年前からF君はより過激な団体の影響を受け始め、彼の言動もより常人離れしたものになっていったのだ。

しかしF君は思想面を除けば元来は気の良い男で、筆者が困った時など良く助けてくれたから彼とは親しく付き合っていたのだが、困ったのは酒を飲むと会話の50%くらいが朝鮮人と中国人への罵詈雑言になってしまうことだった。筆者も両民族に対しては文句が山ほどあるのだが、F君は香港や深センのレストランでも大声で「傲岸不遜な支那人め!」などと叫び始めるので、彼と酒を飲むのは時には命がけになってしまうのである。





さて3年前のある日香港に出張に来たF君とサシで飲んでいると、いつもの様に「全くチョン公はゴキブリ以下の生物ですね!」などと喚いた後で、実は最近地元の私塾に参加するようになりまして・・と意味深な事を言った。私塾?なにそれ?と聞くと、志を同じくする地元の人間たちが集まる勉強会のようなもので、歴史問題や内外情勢について議論する場なのだと言う。

なんか怪しいな・・と思った筆者は「それは右翼団体だろ!」と聞いてみたところ、ええ・・まあそんなもんです・・と歯切れの悪い口調で答えた。40代半ばで二児の父であるF君が右翼に入団とは思わず笑ってしまったが、いえいえ!僕が通っている○○○○塾はヤクザみたいな人たちばかりじゃないんですよ!と弁明し始めた。

F君の話によるとこの○○○○塾というのは地元の郷士を自認する親睦団体なのだが(なぜか武道団体でもある)、メンバー全員が街宣車に乗って叫んでいるわけではなく、表立った活動はしない賛助会員という制度があるのだそうだ。おそらくF君は心情的には街宣車の上で「朝鮮人は日本から出ていけ!」と叫びたいと思うのだが、会社や家族の手前一番穏便な賛助会員になるつもりだと言う。





「左翼は韓国や中国の使い走りに堕ちてますからね!子供たちの将来を考えればやっぱり右翼ですよ!」と胸を張って言うD君。しかし・・80年代までに左翼運動に身を置いたことがある方ならF君は根本的な考え違いをしていることにお気づきのはずである。誇り高そうに笑うF君には気の毒だが、彼が誤った道に進まないためにも筆者は彼の不勉強さを指摘せざるを得なかった。

「あのさぁ・・。左翼よりも右翼の方が外国に浸食されているって知ってる?」と言うと、F君は「それはウソですね!」と直ぐに否定する。確かに世界的な反共政策の一翼を担うため一時的にアメリカと・・!とF君は誰もが知ってる話をしようとしたが、「いやアメリカと言うより韓国なんだけど・・」と途中で筆者が水を差すとF君はエッ!と言ったまま動きが止まってしまった。

日本の民族派のかなりの部分が実は韓国のカルト教団に支配されていることをF君は知らなかったのである。それで統一教会の下部機関である勝共連合が日本の街宣右翼の元締めで、彼らの目的は児玉誉士夫や笹川良一ら日本の利権右翼を使って日本を韓国の国益に叶うように誘導することだったことを説明したのだが、○○○○塾の勉強会ですっかりマインドコントロールされたF君は筆者の言う事を全く信じない。





やがて筆者の説明を聞き終わったF君は「でも!それはあくまで国際的な連帯の事であって、日本の右翼は児玉誉士夫ら愛国者が主導権を握っていたんですよ!」と言いはる。おまえ児玉がどれだけ金に汚い男か知ってんのか?と言ったが、ええ!でも金に汚くても左翼よりはいいんですよ!だって児玉は自分の母国を裏切っているわけじゃないんですから!と興奮した口調で言うF君。

それで仕方なしに「児玉は日本人じゃなくて朝鮮人なんだけど・・」と本当の事を言ったら、F君は「エエッ!!」と言ったきり黙り込んでしまった。これは児玉が朝鮮生まれだが父母は日本人という意味では無く、生まれた場所も両親も純粋な朝鮮人という事なのだが、笹川良一が日本史的に化外の民と位置付けられた特殊な集団の出身であるのと同様に、ある一定年齢以上の日本人なら誰もが知っている話である。

そのままF君は凍り付いてしまったので、その場は何とも気まずい雰囲気のままお開きとなり、そして残念な事にその後彼とは連絡を取り合う仲ではなくなってしまった。なのでもしアナタが「韓日友好」とペンキで書かれた街宣車の上で「朝鮮人を一人残らずガス室にぶち込め!」と叫んでいる小太りの中年男を見つけたら、それは十中八九F君なので筆者がよろしくと言っていたと是非とも伝えて欲しい。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

こんばんわ。初めまして。
70年頃を思い出させてくれる懐かしい話しです。韓国とセットのようにCIAも語られていました。
今ならネトウヨ、ネトジジがビックリするような政治家の名前もありましたっけ。
いつの時代も、右も左も、疑うことを知らない人間は利用されますね。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/528-209881dd