ネズミ算のように増えていく親族

女房の親戚が亡くなったというので、筆者ら夫婦は弔問のため昨日パンパンガ州サンタアナ市まで出かけてきた。筆者ら一行の代表はエスター叔母とボウイ叔父の2人、随行者は筆者ら風雨に義妹と従兄妹のジェンとフィリン、それと2人ガキンチョの合計8人である。

2時間半のドライブの後で会場についた筆者らは早速遺族へ弔いの言葉を向け、ご遺体に十字を切ることにした。今回亡くなったのは68歳になる女房の亡母の従兄弟で、今まで病気ひとつしない健康体だったのに先週食事中に突然心臓発作を起こしてしまったのだそうだ。

日本では母親の従兄弟の葬式に娘が参加するというのは珍しいのかもしれないが、大家族主義のフィリピンでは従姉弟同士が子供を連れてお互い行き来するのは非常に一般的である。それに女房の親戚はこの第一世代の従姉弟たち(全員60歳以上)が中心になって毎年ファミリー・リユニオン(親族合同交流会)を開催するほど仲が良いのだ。

これは第一世代の従姉弟たちが各自持ち回りで幹事となり、年に一度サンタアナ市のレストランを借り切って上は80歳の婆さんから下は生後1か月の乳飲み子まで一同に会し、朝から晩まで飲み食いと歌とダンスに明け暮れるという行事で、昨年はエスター叔母ら3兄妹と女房や義妹が幹事役だったのである。





さて昨日の葬儀の場ではエスター叔母やボウイ叔父は第一世代の従姉弟たちと同じテーブルに集まり、死んだ○×は子供の頃はヤンチャで・・と故人を偲んでいたのだが、会話に聞き耳を立てていた義妹によると、いつの間にか来月5日に開催される次期ファミリー・リユニオンの連絡会になっていたそうである。

まあ年寄りの葬式と言うのは悲しみの場と言うより親戚の再会の場と言うのはどこの国dでも同じだが、この第一世代のファミリー・リユニオンに対する愛着は並々ならぬものが有り、この会合を1回でも多く続けるためには私たちみんな長生きしなきゃ!と励まし合っていたらしい。

そしてこれは別の場で聞いた話だが、第一世代は自分たちが死んでいなくなってもファミリー・リユニオンを現在の形のまま(つまり第一世代の子孫が全員集まる形)継続してくれないか?ということを第二世代の主要なメンバーに打診し始めたらしい。まあ自分たちの友情の証を後世にいつまでも残したい!とは、いかに彼らの関係が強固であったのかという証だと思うが、残酷だが筆者はそれは無理だろうな・・と思った。

というのは、このリユニオンは凄いスピードで新規参会者が増えていて、今現在でも誰が誰だかさっぱり分からない状態になっているからだ。この第一世代の従姉弟の人数は元々は30人ほどだったのだが、それぞれが結婚して最低でも3人くらい子供を作っているから、第二世代は約90人、つまり第一世代の配偶者と第二世代も合わせて全部で約150人というのがファミリー・リユニオン開始時期の人数だったのだ。





ところが第二世代は現在全員が20代歳以上に成長し、ほぼ全員が結婚して子供がポコポコ産まれている真っ最中なのだ。仮に子供の数は夫婦当たり平均2人としても第三世代は現在180人くらいになっていて、しかも今も現在も力強く増殖中なのである。

仮に10年後に第一世代が配偶者もろとも全員お陀仏したとしても、第二世代は配偶者込みで180人、第三世代は最低でも270人には増えているだろうから、ファミリー・リユニオンは450人と開始時の3倍に増えているはずである。

「第二世代の半分くらいは顔だけは覚えているけど、第三世代はもう無理よ!」というのが女房や義妹の言。どんな仲が良いと言ってもこれだけの人数が一体感を維持するには限界がある。筆者など従兄弟が30人と聞いただけで気が遠くなってしまうし、450人の親戚などもはや統計上の数字でしか捉えられない。

「従姉弟会は残したいのよね」とエスター叔母は言うが、こんな膨大な人数だと実質統制不可能である。なので悪いけれど皆さんの美しい友情の場はあの世にたどり着いてから第一世代だけで継続していただきたい。なおメンバーが少ないからといって霊界から無理やり第二世代を引っ張りに来ない様に・・。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/521-799b1265