肝試しに行くなら・・

2015/02/11 01:01:04 | オカルト系 | コメント:0件

真夏に向かって毎日気温が上がりつつあるフィリピン。こういう時期は冷えたビールと枝豆を両手に、エアコンがギンギン効いた部屋で過ごすのも良いが、やはりここは日本古来の伝統に倣って怪談で火照った体を冷ましたい。そこで今日の日記では肝試し、しかもハンパじゃなく怖い霊と出会える心霊スポット選びについて説明したいと思う。ただし今回は真冬の日本が舞台なんだけどね・・。

心霊スポットと言うと当然のことながら人が死んだ場所である。古今東西一番多くの人が死ぬのは病院であり、病院以外で多くの人が死んだ場所というなら広島・長崎と東京の下町が挙げられよう。それからさほど多くの死者数を求めないのであれば殺人事件の現場や自殺の名所などがあるが、ここで皆さんおかしな点に気が付かれただろうか?

十万人規模で人が死んだ場所には案外と幽霊話が無いのである。例えば埼玉県秩父市はたった一体の変死体から数多くの幽霊目撃談が生まれているが、その十万倍の人が死んだ広島市は幽霊話が無い事は無いものの夜中に町中が黒い人影で埋め尽くされるような事は無いのだ。これは幽霊に詳しい人の話によれば、訳も分からず一瞬で死んだ場合は怨念が残りにくいからだそうだ。

ではちゃんと苦しんでから殺された殺人事件の現場や死体が埋められていた場所はどうかと言うと、これはもう立派な心霊スポットになるらしいのだが、霊の怖さ(ヤバさ)はどうかというとあんまり高くないという。なぜなら彼らは「オレの恨みを聞いてくれ!」と言うために現れているだけなので、居酒屋で隣の酔っ払いに絡まれたと思って黙ってウンウン霊の話を聞いていれば相手も満足してそのうちに立ち去るだけだからだ。





それから病院の方も基本的には殺人現場と同じで「いやぁ実に苦しかったよ」や「私は本当に死んだんでしょうか?教えてください」という穏やかな対話型なので、やたらと霊の数は多いがヤバくは全く無いらしい。まあ数が目当てなら病院がベストなのだろうが、ただし廃病院ならともかく現在も営業中の病院に夜中に忍び込めば不法侵入で捕まってしまうので肝試しには使えないのが難である・・。

ではここで真打登場である。最後に残された死因は自殺・・。そう!最も怨念を残して凶悪な霊と化すのは実は自殺なのである。もともと世の中を恨んで死んだ上に、死んだ後の孤独感に耐えられずに通りかかる誰でも彼でもあの世に引っ張ろうとするからだ。次々と住人が死ぬマンションなどはほぼ全てが自殺霊が原因だと言われている。

だからアナタが本当にヤバい霊が集まる心霊スポットを探しているとしたら、自殺現場こそ正に打ってつけなのである。それに自殺現場なら新聞記事や大島てるのサイトで検索できるし、アナタの住む町にも自殺があった場所なら必ず2~3軒はあるはずだ。エッ?自殺現場だってマンションの一室など不法侵入になってしまう場所や、樹海に東尋坊など交通不便な場所が多いじゃないかだって・・?

だったらアナタのすぐ近くにあって誰もが確実に、しかも200円以内ですんなり入れる自殺スポットを今から紹介しよう。それは鉄道駅である。なんだよ・・そんな事か・・と言うなかれ!。何と日本では年間5~600人もの人が飛び込み自殺をしていて、その6割は首都圏の鉄道駅、特に中央線と京浜東北線が断トツに多いのである。





例えば中央線で過去10年間に5人以上の飛び込み自殺があった駅名と死者数をあげるとこんな風になる。四谷6、新宿9、中野6、阿佐ヶ谷7、荻窪9、吉祥寺8、三鷹10、東小金井8、武蔵小金井5、西国分寺6、国立8、立川5。案外地味な駅に飛び込みが多いのが意外だが、あと八王子~西八王子間17なんて意表を突いた場所もあるので要注目だ。

どうだろう。なにも車を飛ばして樹海などに行かなくとも、夜遅く中央線に乗ってこれらの駅に降り立てば最凶の心霊スポット巡りが出来るのだ。ただ駅は必ず誰かがいるし夜中は閉鎖されているから、もしも自分たちだけで丑三つ時に肝試しをしたいという場合は八王子~西八王子の線路横を歩いてみることをお勧めする。

では駅に着いたら何をするべきかと言うと、まずプラットホームに佇んで線路の光景をしっかり目の奥に焼き付けた後で瞳を閉じるのだそうだ。そして「あなたに逢いに来ましたよ」と心の中で唱える。そして1秒、2秒と経つうちに巧く自殺霊と波長が合ったら、突然テレビの電源をオンにした時の様に脳裏にプラットフォームから線路を見下ろした画像が浮かぶらしい。そして彼らが画像の片隅からに現れるのだそうだ・・。

自殺霊の方も現れ方にはごく普通の格好をしたとのグチャグチャに潰れた2つのパターンがあって、これは同調波長によって違ってくるので予めどちらか選ぶことは出来ないそうである。それから波長が合いすぎると霊に線路へと引きずりこまれてしまい、肝試しのつもりがアナタ自身が霊の仲間入りしてしまうケースがあるそうなので、必ず同行者を用意するか時刻表をよく確認して最終電車が通り過ぎた後でやって下さい。なお深夜の貨物列車のスケジュールを調べることもお忘れなく。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/498-bec9a8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)