ハンバーガーさえもマトモに出来ねえのかぁっ!!

2015/02/09 01:31:02 | フィリピン雑学帳 | コメント:4件

先日の日記にも書いたがフィリピンにはロクな料理店が無い。これは潮州料理やケイジャン料理の美味い店が無くってね・・というような高レベルの話ではなく、チャーハンや日本のラーメン、ステーキなど調理にさほどの技量を要しない料理でさえも普通に作る能力が無いという意味である。

フィリピンで生活されたことが無い方は「そんな馬鹿な事はないよ・・」と一笑に付すだろうがこれは事実なのだ。確かに一流ホテルのレストランに行けば世界基準から見て中の下くらいの料理が出てくるが、一歩足を延ばして街中の小奇麗なレストランに入ると「これは人間の食い物か?」と疑いたくなるような代物が平気で出てくるのがフィリピンなのである。

例えばファストフードではない本格的なハンバーガーについて言えば、これは牛肉のミンチとつなぎに、パンと付け合せの野菜とベーコン、チーズにソースだけという比較的作るのが簡単な料理である。筆者は香港時代にPOST97やハードロックカフェで大振りのバーガーに齧り付いては冷たいビールで胃袋に流し込むのを無上の喜びにしていたのだが、フィリピンに来てからはこの楽しみは失われてしまった。

何故かというとフィリピンではバーガーの様な簡単な料理さえマトモに作れないからだ。例えば最近隣町にできたFRANK&CHARLESというバーガー専門店に行ったのだが、一体どうして?と不思議に思う位ソースと脂が過剰に使われていて(アナタが想像する量の二乗くらい)、食べている最中に液体が外に染み出してきてベトベトというよりもバーガー自体が溶け始めてバラバラになってしまったのだ(冗談でなく本当である)。





これは失敗作か?と思ってマネージャーを呼んだのだが、この男は「うちはジューシーが売り物なんです。だから使い捨ての手袋を渡してあるでしょ!」と真顔で言うのに驚いてしまった。ジューシーと言ったって脂でヌチャヌチャして手からヌルリと滑り落ちるような代物なのだ。一体こいつは自分の店の商品を食った事があるのだろうか?と思わず疑ってしまった。

また義弟フランシスが美味いといったARMY NAVYというチェーン店にも行ってみたが、安い肉を誤魔化すための独特のスパイスの味が強くて肉の味がせず、ソースは安物のBBQソースをそのまま使っているだけ・・、またパンがパサパサで味も乏しくちっとも美味しくない(これはフィリピン全土のバーガー屋に共通している)。これだったらまだマクドナルドのビッグマックの方がよっぽどマシだ・・。

不味いわねえ・・と嫌な顔をする女房と義妹。どっちみちマトモなパンが手に入らないならトーストで代用するとか、肉の方もUSビーフのミンチを使って手創りすればウンと美味いバーガーが出来るというのに・・。一体フィリピンの料理人はどうしてこんなに想像力が欠落しているのは不思議でしかたがない・・。

「ブラザー、あんまりカッカするのは店員に対して失礼よ・・」という義妹。しかし筆者にしてみればお前らが文句を言わずに金を払うからフィリピンのレストランは客に胡坐をかくんだあっ!!と叫びたい。香港の美食は味にうるさい顧客の文句に支えられていると言うのに・・。もっと中国人みたいにギャーギャーわめきまくれ!!。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

フィリピンの外食

2015/02/09(月) 03:10:27 | URL | 世界の町へ #-
今まで行った国の中でフィリピンの外食が一番まずいです。
他国に比べ働く能力が低い人が多いから、仕方がないかもしれません。

2015/02/09(月) 07:57:06 | URL | hanep #-
働く能力は万人あると思います。

国全体で、おいしい食事を取らずに大人になった結果だと思いますよ。子供の頃食べたレベルが基準になるので、どこかの世代で水準を上げてもらえばよいかと...

その中で、おいしいお店を探していくのもまた楽しみですね、私は...

2015/02/09(月) 10:28:27 | URL | Bee #-
いつもブログのほう楽しく拝見させて頂いております、駐在1年目の若造です。

現地物価の3倍以上の値段を出して出てきた料理がこれだと
外食する意味がありませんよね。

私はこの国でまだ満腹状態で食事を終えたことがまだなく、
満腹になる前に食欲が失せてしまいます。

おかげでフィリピンに帰ってくると必ず体重が減ります…。
体調管理が本当に大変です。

2015/02/10(火) 00:22:54 | URL | でぶ熊 #3hri4u1c
義母にマニラの酷い食事について聞いた事がありますが昔は富裕層は訓練されたシェフを家に持ち自前のレストランを持ってたそうです。欧米の金持ちのステータスの一つがホテルオーナーと共通します。
前コメの小生が麻雀仇老板さんを結婚前に送ったのを勘違いしたようですが単なる我儘、餌付づけにあっただけです 笑

フィリピン好きには失礼ですがマニラは食事でなく食餌文化にしか感じません。
取引先だった今は女房が中学生の時から勝手に行って飯を所望してたのも料理好き義母がつくらせていたの食事したかったでしょう。
亡妻の爺さんは愛人に通りを挟んだ処にお気に入り料理人を連れて来て店を出し故義父母、結婚前には故両親も招待してました。

食は文化ですから言われる事はフィリピンを示してます。
奥さんと移住される事をお勧めします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/496-21db2ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)