スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大ハズレのサスペンス映画

女房がジェニファー・ロペスの新作映画を観たいと言うのでアンティポロのロビンソンシアターまで夫婦そろって出かけて行った。筆者はこの女優にはあんまり興味が無いのだが、女房は映画「セレナ」以来かれこれ20年近くジェニファー・ロペスのファンで、彼女の作品は全て見ているらしい。

映画館に貼られたポスターには題名THE BOY NEXT DOORと書かれてあり、どうやら筆者の好きなサスペンス映画の様である。しかも犯罪的な人物に付きまとわれるサイコ・スリラーと書いてあるから否が応にも期待が高まった。というのは筆者は犯罪ものが大好きで、家には幽霊の本の他に殺人事件からみの本がずらりと並んでいる殺人マニアだからである。

ちなみに殺人本といっても「○○温泉湯けむり殺人事件」みたいなアホみたいな推理小説ではなくて実際に起こった事件に関するドキュメンタリー本である。それも痴情のもつれとか激情に駆られて・・みたいな単純な事件ではなく、殺人に憑りつかれてしまった精神病理者や人間の肉が食いたかったなどの生まれ付き頭のプログラムが壊れた人が引き起こした猟奇事件が筆者の好みである。

ポスターに書かれた「隣に住む少年が実はサイコパスだった・・」という宣伝文句。考えるだけで身が震えるストーリーである。それで女房の肩を「良くやった!」と叩いて意気揚々と映画館へと向かったが、1時間半後に筆者は全く逆の理由で再び肩を叩くことになる。





この映画サスペンスファンにとっては大ハズレなのだ・・。映画のストーリーは離婚した中年の女教師(ジェニファー・ロペス)が隣人の青年と一夜の関係を持ってしまうが、やがてこの青年の支配欲がメラメラを燃えていき女教師の学校に生徒として入学、再び関係を迫るが女教師に拒まれたため様々な嫌がらせをした揚げくに女教師の別れた夫と息子を殺そうとするという話である。

少しでも精神病理者の事件を調べたことがある方ならお分かりだと思うが、サイコパスという人間は設計上きわめて単純に出来ていて、この支配欲がメラメラとか断られたので腹いせに嫌がらせをするなんて面倒な時間をかける前に障害物(夫や子供)を除去した上にサッサと気に入った女性を強姦して殺しているのである。

カマキリなどの捕食生物の様な単純さと不気味さを持つのがサイコパスなのに、この映画に出てくる青年の行動パターンは典型的なストーカーなのだが、しかし単なるストーカーでは結末の殺人未遂行動には飛躍がありすぎる。

そこでストーリー上「この青年は過去に人を殺したことがある」と無理やりキャラを作ってつなぎ合わせているのだが、この殺した相手というのが自分の実の父親と愛人で、それは愛する母親を自殺に追い込んだ二人への復讐だったという理由なのには呆れてしまった。おまえサイコパスが自分以外を愛する事が出来ないのは誰だって知ってることだろ・・。





結局この青年は常識的な脳機能を持ったマザコンのモンスターという訳の分からないキャラになってしまい、いくら効果音を駆使して観客を驚かせようとしても主人公の設定自体に無理があるからちっともリアリティーが無いのである。

この映画アメリカで結構売れた割には製作費が400万ドルと格安だったらしいが、どうもジェニファー・ロペスの出演以外は思い切り予算をケチったようで各キャラクターの性格的な肉づけや脚本の事前検証もままならなかった様だ。

さて映画館を出たあと「感想はどうだった?」と女房に聞いたが、女房の回答は「ジェニファー・ロペスは45歳なのにまだまだいけるわね」とストーリーとは全然関係ないものだった。それでお前はあの青年のキャラ設定に違和感を感じないのか?と聞きなおしてみたところ、女房は青年が出てくるところはロクに見てなかったわ・・と白状した。

と言う訳で本格的なサスペンス映画が好きな方はこの作品を見ることはお勧めしません。ただし紹介文にエロチック・スリラーと書かれてあるとおりジェニファー・ロペスのブヨンと垂るみ気味の濃厚ボディが溜まらないと言う方なら暇つぶしに劇場に向かわれてはいかがでしょうか?






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/492-01d9d079
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。