スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミンダナオ銃撃戦の背後

ミンダナオ島で警察の特殊部隊とMILF(モロ・イスラム解放戦線)のゲリラが銃撃戦となり少なくとも50人の死者が出たと言うニュースが流れた。最初の警察発表では戦闘になったのはMILFではなくBIFF(バンサモロ・イスラム自由の戦士)だったなど情報が錯綜しており事実関係は不明な部分が多いが、その後のニュースを追うにつれ偶発的な事件、もっというと警察部隊の指揮官のミスが原因のようである。

周知の通りフィリピン政府とイスラム系多数派のMILFはミンダナオ和平に関する枠組み合意を署名し、2016年にミンダナオの一部にイスラム自治区を創立することで合意している。少数派のアブサヤフやBIFF、MNLF(モロ民族解放戦線)はこの合意に反発し、あの手この手で混沌状態を作り出そうと画策しているが、政府とMILFの協調体制は盤石でこのまま順調にいくのだと全国民が思っていた矢先の出来事である。

さてこんな大事件について陰謀論が好きなフィリピン人の男たちが黙っているはずもなく、さっそくウィスキーグラス片手にやいのやいの各自の推測したストーリーを披露することになった。酒が入っているし元々世の中を斜め横から見るのが好きな男たちだから、この事件はあくまで偶発的なものではなく、背後にごく一部の人しか知らない筋書きがあるのだ!と譲って聞かないことは言うまでも無い。





ストーリーその1は、BIFFやアブサヤフが仕組んだ罠という説。筆者は兵役経験が無いのでリアリティーは良くわからないが、警察部隊の指揮官がブービートラップに引っ掛かってMILFの陣地まで誘導されてしまい、そこで誤って銃撃戦になってしまったという筋書きである。目的は停戦合意を壊してMILFを劣勢に追い込み、イスラム勢力内での主導権を握ることである。

ストーリーその2は、アメリカが仕組んだと言う説。ISISによる残虐行為やパリのテロ事件などの背景には実はアメリカがいて、アジアでも2~3カ所緊張状態を作る必要があるため先日の爆弾テロと今回の事件を起こした・・という筋書きである。目的は世界中でイスラムへの猜疑心を高め、来るべきイスラムとの戦争を正当化するためである。

ストーリーその3は、フィリピン政府自身がわざとやったという説。上に書いたストーリー2にもある通り世界中でイスラム勢力は劣勢に立たされつつあるので、この際2年前の合意はひっくり返してイスラム勢力へ対決姿勢へ転換しつつあるという話である。でも・・だったら市街地のショッピングモールが爆破されて数百人死亡とかキリスト教徒の一般市民が被害者の側に回った方が得策だと思うんだけど・・。





さて上に書いた3つのストーリーは筆者にも想像できる範囲内にあったが、これから披露する従兄弟ラフィーの持論は筆者にとっては少しばかり驚きであった。ただし実は筆者はこの分野について十分な知識が伴わないので上手に説明できているかどうか正直自身が無い。それに酔っ払いの戯言で全然間違っている可能性も高そうなので話半分、いや四分の一で読んでほしい。

彼の説は次の大統領選挙に向けた政治闘争の一つだというのである。今回衝突したのは軍ではなく警察というのがミソで、事件の発端はブービートラップに引っ掛かったのか、それとも指揮官が意図的にやったのかは知らないが、警察の最高責任者でありアキノ大統領から後継者指名を受けているロハス内相の失点を演出するのが目的だと言うのである。

また今回の事件以外にも警察関連の不祥事や刑務所の管理不行き届き問題などがニュースを賑わせているが、これもロハス内相は自分の管轄内も整備できない!という国民への印象操作を目的とした政治工作だと言うのだ(ただし全く逆の見方をする人も多い)。では誰が背後にいるのか?というと、ロハスを抜いて支持率一位だった(現在失速中)ビナイ副大統領を要する野党UNAの勢力だというのだ。





「フィリピンのニュースを読みとく場合、外国とか経済とかあんまり難しく考えずに、シンプルに誰が一番得をするか?を考えればいいんだよ」とうそぶくラフィー。じゃあ何か?アキノ大統領とMILFが蜜月関係ってことは、双方の敵対勢力であるUNAとMNLFあたりも実は裏では手を結んでいるんだという事か?と聞くと「そうだ!」と答える。

そこからラフィーはいくつか具体的な過去の例を説明し始めたが、筆者には登場人物たちの名前がチンプンカンプンだし、なによりかなり酔っぱらっていて内容自体を忘れちゃったからここで書くことは不可能である。しかし同席の男どもはフンフンと神妙な顔で聞いていたから当たらずとも遠からずなのかも知れない。

確かに2年前のポークバレル汚職はUNA幹部を狙い撃ちにしていたし、そのニュース真っ盛りの頃にMNLF議長のヌル・ミスアリがザンボアンガで無謀な武装蜂起をおこしている・・。あれも国民の目をUNA追求からさけさせるための盟友MNLFの煙幕だったってことかも・・。そう考えると案外ラフィーが言ってる事は正しいのかもしれない。


bloga1philippines MNLF



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/483-db8b0408
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。