スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア航空から来たメール

最近マレーシア航空から頻繁にプロモーションのメールが来るようになった。筆者は一昨年11月のマレーシア旅行の後に3路線だけマレーシア航空を使った事があるのだが、ここ数か月の間一度もメールなど貰った覚えがなかったのだ。

きっとマレーシア航空も二度に渡る大惨事で経営が苦しいんだろうな・・と数日前までは考えていたが、ふと有ることに気が付いた。12月30日と言うのもピークシーズンはとっくに過ぎているし、あと2日で新会計年度という微妙な時期である。こんな時期にプロモーションを再開するなんて変じゃないか・・・。

それでヒマに任せてマレーシア航空からのメール受信履歴を見てみたところ、最初の受信は一昨年の11月末で、キャセイパシフィックやシンガポール航空と同様に「クリスマスに乗り遅れるな!」という内容でアメリカやヨーロッパ便の特別価格がずらりと書かれている。いたってごく普通の広告宣伝である。


blogvietnam-air-news-on-tours-of-malaysia-airlines.jpg


そして一昨年の12月末から昨年2月末まで毎月末に定期的にプロモーションメールを受信していたのだが、昨年3月末から12月30日の受信再開まで10か月間はピタッと配信が止まっているのである。この期間には良くご存じの通り、3月8日のMH370便失踪と7月17日のMH17便ウクライナ上空撃墜事件が起こっている。

この期間にメール配信を停止した理由は筆者にも良くわかるのだ。撃墜された飛行機の残骸が煙を上げている映像がニュースで流れている時期に「マレーシア航空で快適な旅はいかがですか」なんてメールを送れば、「てめえ!ふざけてんのか!」と猛反発を買うのは必至だし、マレーシア航空で死ににいこう!なんて悪意あるネット広告を捏造されかねない。

しかし人の噂も75日という諺通り、営利団体である以上どこかの時点でプロモーションを再開しなければならない。この場合はピークシーズンに向けて遅くとも昨年10月か11月に開始するのが定石なのだろうが、筆者がプロモーションメールを再受信しはじめたのは何度も書いた通り12月30日なのである。






12月24日にクリスマスカードも送ってこなかったマレーシア航空がなぜ年の瀬も押し迫った12月30日に突然売り込みを再開したのか・・。この日程を鑑みるとどうやら12月28日の早朝に発生した競争相手エアアジア機の失踪(現在は墜落)事件が関係しているように思えてきた。

今までは生きててごめんなさい・・とチンマリしていたマレーシア航空はエアアジアの事故を見て心の中で快哉を叫んだに違いない。なんてったって自分たちに向けられていた冷たい視線が同じマレーシアの競争相手、しかもまともに戦っては絶対勝ち目のないLCC(格安航空会社)に向けられるのだから願っても無いチャンスである。

それでマレーシア航空は急きょ役員会を招集し、12月30日なんて中途半端な時期に販売促進活動を拡大することにしたに違いない。まあ企業なんてどこでも自分に調子よく生きているモノだが、この事を想像するとマレーシア航空の幹部の腹の内と一般職員たちの捻じくれた笑みが脳裏に浮かんできた。他の航空会社が墜落したからって言って、オタクの安全性があがったわけじゃないんだよ!勘違いしなさんな!。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/465-fec5a2f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。