やっと不幸の年廻りから脱出

謹賀新年。皆様明けましておめでとうございます。筆者はリサール州のド田舎で連日二日酔いで反吐を吐きそうなのを我慢していて、おまけに酒を飲むとき以外は親戚たちの楽しそうな輪からは一歩引いた浮いた立ち位置にいるなど全然楽しくもなんともない正月を過ごしてきたのだが、待ちわびていた未年(ひつじどし)が到来したので実は心は結構ウキウキしているのである。

話は今から25年ほど前の春に遡る。当時筆者は大学を卒業して新潟県の会社に就職の運びとなったのだが、喜び勇んで入社式に臨んだところが何故か人材のゴミ捨て場と言われている最低の事業部に配属されてしまい、おまけに入社研修中に体調不良(実際は麻疹であった)になったので病院に行ったところ、母親がお前は麻疹を一度やったよ!との勘違いが元で重大な性病と診断されてしまい、隔離病棟に収容されるという憂き目に遭っていた事があるのだhttp://dadesigna.blog.fc2.com/blog-entry-335.html。病気の方は事前にタイでやりまくった自分に原因があるとはいえ、入社1か月も経たないのに完全失脚してしまったのは正直辛かった。

一体どうして自分の運命はガラガラと崩れてしまったのか?。ああ・・やっぱり好きで好きで溜まらないタイとタイ人の彼女を捨てて就職したことでバチがあたったのだ・・と朝から晩まで病室でため息をついていた時である。看護婦さんが恐々した表情で差し入れてくれた女性週刊誌を何気なく見ると、そこに当時流行っていた天中殺という占いコーナーが載っていた。

血液検査の結果が出るまでヒマなので自分の運勢を検索してみたところ思わぬ結果が出た。その年の春先から2年間は運命のどん底に落ちるというのである。そして前回のどん底時期は12年前・・つまり小学校5~6年が最悪だったはずだと書いてあるのを見てビックリしてしまった。実はこの時期の筆者は担任の女教師の憎悪を一身に受け、毎日みんなの前で耳が聞こえなくなるまでぶっ叩かれるという苦悶の日々を過ごしていたからである。

天中殺によると人の運気は12年で一回りするらしく、筆者の場合は子年から卯年あたりが好調期なのだが、辰年に大きな間違いをしてしまい、巳年から午年にかけてどん底の低迷期に入るバイオリズムらしい。そして未年の春先に不幸さは底を打ち、やがて運命が徐々に上向きになっていくというのである。勿論こんなの迷信なのだろうが、その時は我が身を悲嘆している時だったので筆者は12年周期説というのをすっかり信じてしまったのだ。


blogtenchusatsuキャプチャ


これを読まれた方は「そんな馬鹿な!」と思うだろうが、2年後の1991年(未年)に筆者の人生は本当に一気に好転しただけでなく、12年後と24年後に筆者は全く同じ運勢の浮沈を経験することになったのだ。2000年(辰年)に香港での起業を諦めて会社の指示通り帰国したら3年間(未年まで)新潟県のド田舎の工場で無聊を囲うことになってしまった。そして2012年(辰年)には注意深く自分の環境を整えたのにもかかわらず、この環境整備が全部裏目に出てちょっと信じられないような異常な事態になってしまい、会社から強制帰国の命令が出たため24年勤めた会社に辞表を叩きつけることになった。

それでフィリピンに移住して少しはハッピーになれるかな?と思っていたら、これが不摂生が祟って糖尿病になってしまい、しかも少ない手持ち資産は円安で毎日に目減りしていくのを見せつけられ、おまけにフィリピンの激マズ料理を食わされるのだから、この2013年(巳年)と14年(午年)の2年間は正に苦行ともいえる日々だっだのである。そう、筆者のケースで言えば天中殺はまさしく当たっているのだ。

しかしこの苦悶の日々もあと数か月で終わるのかと思うと嬉しくなってくる。それに36、24、12年前の運命の転換期には居住地が変わっているので、多分今年の夏ごろにはフィリピン国内の別の場所か、もしくは他の国に移住するという巡り合わせになるのではないかと思ってる。なので今年は積極的に他の土地に出向いてチャンスが訪れやすい環境をつくるつもりである。

さて占いに身を任せるなんてアホな・・とお思いの方。物は試しに自分の過去を振り返って各年の○×▲を付けてみることを是非ともお勧めしたい。そこに金運や健康運、愛情運という別枠を設けてみると更に良い。おそらく7年とか11年とかある一定の規則性が見つかるはずである(筆者の場合は厳密には11.5年である)。そうして過去の事例を見てみれば、自ずと今年1年の過ごし方が見えてくると思うのだ。

中国人の好きな経済7年説から言うと2015年はリーマン・ショックから丁度7年目である。そして戦争経済学で言われる戦争12年周期説というのがあるが、今年は2003年のイラク戦争から奇しくも12年目にあたる・・。それに世界のニュースや株価動向を見れば2015年と言うのはかなりの確率で過渡期になるのでは・・?と思えてしまう。なので先が見えない時代だからこそ、ご自分のバイオリズムを参考に見てみて、今年一年の立ち位置を検証されてはいかがだろうか?。


Blogゼロ学占い



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

花火無事だったようでなによりです。新年のイベントが少ない比ですので、私もヒマを囲っていまして、日本に電話したところ、寒くて死にそうみたいです。寒がりの私は、なんとなく勝ち組になった気分で、「IM」happy new yearといったところです。今年もよろしくお願いします。

 

私も小学5年の時、担任になった老女教師の憎悪を一身に受けて皆の前で毎朝ひどく悪口を言われ続けたので6年になる時に転校しました。12歳は家族の不幸、24歳は恋人と別れて失業、36歳は副業の失敗で損失、48歳は退職して自営業へ、60歳はなぜか平穏無事でした。次の72歳は望んでもいないことが起こらないよう気にしています。

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/460-03fc9136