FC2ブログ

フィリピンでの親戚付き合い(1)

2013/09/02 00:16:02 | 親戚付き合い | コメント:0件

昨日久しぶりの猛暑日の中、女房の○×回目の誕生日会を開催した。今回は母方の親戚筋だけだが、年齢は上は65歳の爺さんから下は1歳の幼児まで40人もの人が来てくれた。筆者は東京の新興住宅地で育ったので日本の伝統的な親戚付き合いというのを知らないのだが、フィリピン人に来てこっちの親戚とか一族のつながりと言うのが非常に濃いことにビックリさせられた。まずほとんど毎週のように一族の誰かと会っていて、やれ子供が生まれた、誰それの結婚式だ、甥が彼女を連れてきた・・航海が終わって帰ってきた・・と用事を見つけては親族全員で叔母エスターの家に集まってワイワイとやるのである。筆者がこっちにきてからもう4回も参加したから、たぶん年間20回くらいは宴会をしているのではないかと思う。
     party801.jpg

どの一族にも親玉というのがいるが、女房の母方親族の親玉が会場提供者の叔母エスターである。4人姉弟の2番目としてパンパンガ州のサンタアナに生まれたエスターは、今から45年前に学校を卒業するとマニラに出てきてパッシグの菓子工場の下っ端女工の仕事に就いたが、そのリーダーシップと性格の強さから班長、主任、事務職とトントン拍子に出世し若くして工場のマネージャーになった。やがて工場で楽そうな職の空きを見つけたので自分の姉(筆者の女房の母親)をパンパンガから呼んで無理やり入社させ、小さかった二人の弟もマニラに呼んで、姉妹二人で学費を払って大学まで行かせたのである。この4人姉妹がそれぞれ結婚して30年位前までに子供を産み始め(合計13人)、ここ4~5年の間に今度はその子供たちが子供を産み始めているので(現在18人で増殖中)、叔母エスターは現在約50人の一族の族長の地位に納まっているのである。
     party803.jpg

さて女房の誕生パーティーの進行具合だが、午前中にエスターと娘のアニーがパンパンガ料理を夜食分までたんまりとこしらえ、先に到着していた叔父とエスターの旦那が豚・チキン・イカなどを炭火で焼いてくれていた。12時に参加者の7割が到着すると挨拶もそこそこに昼食を開始。女たちは同じテーブルに一緒に座って「最近うちの娘はねぇ・・」とよこやま話に花を咲かせ、ガキたちは道端で勝手に遊び、筆者と叔父・従兄弟などのオヤジグループは最初はビールを飲み、1時を過ぎたあたりからシーバス・リーガルにボチボチ切り替えていく。長丁場なので本当はココで飛ばしすぎると自滅するのだが、爺さんたちはいい気分になって飲み続け3時ころには全員酩酊して1回目のグロッキー状態となりソファや床に寝そべり始めた。3時にオーダーしていた誕生ケーキが到着しハッピーバースデーの大合唱をしてケーキカット、筆者ら男たちは酒が足りないので近くのスーパーで買い出しに行き、ジャック・ダニエルやプンタドールの他に女たち用の赤ワインを12本くらい買ってきた(これが一番高くついた)。
     slide_fundador.jpg

4時くらいになると爺さんたちがぼちぼちとグロッキーから回復しはじめ飲酒再開、女たちもカラオケを歌いながら赤ワインをグビグビ飲みはじめた(特に若い女ほど飲みっぷりがいい)。そのうち「熱いから外で飲もうぜ」と外の道路にテーブルとイスを持ち運んで夕涼みしながら大声を張り上げてワイワイ始めるが、フィリピン全土でどの家も同じことを日常的にやってるので誰も文句を言いに来ない。6時に各家から連れてきたメイドが作ったパンシット・カントン(広東風焼きそば)を食べるころには20人くらいグロッキーになっていて、いくつかある寝室は男も女も入り乱れてザコ寝状態になっていた。エスターが9時に「そろそろお開きに・・」と言うまで昼からずっと歌い続け飲み続けたことになる。この9時間の間、団体的な活動と言うのはバースデーケーキの時しか無くて、それぞれが勝手に9時間過ごすのである。よく飽きが来ないと感心するが、勝手にやってるからこそ続くのかもしれない。
     party802.jpg

  昔女房が言ってた話によれば、フィリピンは不正も多く社会正義なんてものは期待もできないから、頼りになるのは一族だけなのだ、一族の力を強くするためにはまず子供を増やすことが必要で、一族の人が多ければアチコチにコネが出来るし、そのコネを使えばどこかに解決策を見つけることができて困難にも立ち向かえるのだ・・という。だからフィリピン人は子だくさんなのよ・・と真面目な顔で言っていた。筆者はあべこべの話も見聞きしているので半分しか信じてこなかったが、たしかに冠婚葬祭で参加するのは年寄りの方が圧倒的に多い日本と、ガキが溢れてるフィリピンと、どっちの国の方がアナタは居たいですかね?と聞かれればフィリピンだと思った。さて10時を過ぎたころに女房が「明日は2時に迎えが来るから」と言うので、「あした何か用事あったっけ?」と返すと、「何を言ってんのよ!明日は従兄弟のスプークの娘の1歳の誕生日会じゃないの!それから明後日は従兄弟ジェンジェンの娘の3歳の誕生日会よ!」とふくれっ面で言った。えーっ・・三日連続で親戚付き合いすんのぉ・・・?だったら1回にまとめてやりゃあいいじゃねーかよ! 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村   
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/40-97ff250b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)