珍味売り教団に人生を捧げた男

2014/10/04 00:04:39 | 人間万華鏡 | コメント:1件

先日の日本帰国時に大学時代の友人と盃を交わしていた時に「おまえ駅前で勧誘してたゲンちゃん覚えてるか?」と聞かれた。ゲンちゃん?勧誘?はて?誰だろう?と訝っていると、ほら!黒縁のメガネをかけたゴツい奴だよ!。あなたの幸福とはどんな事ですか?って聞いてくる連中のリーダーの!と助け舟を出す友人。その時筆者の脳裏に大柄な風体とモサイ顔つき、度の強い黒縁の眼鏡の奥にあるどんよりと濁った目をしたゲンちゃんの姿が蘇ってきた。松本零士の「男おいどん」という漫画に出てきそうな野暮ったい大学生。それがゲンちゃんである。

このゲンちゃんと言うのはもちろん本名ではなく、彼の属していたゲンリケンという奇矯な団体の頭文字をもじったものである。この駅には常時数人の普通と違った目をした連中が学生の勧誘をしていて、ゲンちゃんはその中でも特に不気味な風体をしていたから誰彼ともなくゲンリのゲンちゃんと呼ばれるようになったのだ。このゲンリケンと言うのは皆様良くご存知の通り韓国発祥のカルト教団の学生組織で、こいつらに勧誘に引っかかると近所にあるビデオセンターに連れ込まれ、その後4日間の合宿に参加した人間はもれなく脳味噌が入れ替わって帰ってくると評判の恐怖の団体だったのだ。

ゲンちゃんは文学部の学生で確か筆者より2年上のはずだったが、筆者が4年生になってもずっと駅前で勧誘していたから、おそらく卒業どころか学校も中退していたのでは無いかと思う。多分親にはまだ学業を続けていると嘘をついて送ってもらった仕送りを全額ゲンリケンに毟り取られても、ゲンちゃんは何も疑わず新たな信者獲得に粉骨砕身していたのだろう。実際雨の日も風の日もゲンちゃん達は駅前に立って必死に学生に声をかけまくっていたけれど、この壊れた連中の事はみんな知ってるから当然引っかかる奴など居るはずもなく、夜間部の学生が最後の電車に乗って帰ってしまった後は疲れ切った足を引きずる様に共同生活ホームへトボトボと帰って行くのが何とも哀れだった。





「お前に言われるまでゲンちゃんの事などすっかり忘れてたよ」と友人に言うと、この友人は「俺だってそうだけど、実は全く意外なところでゲンちゃんの姿を見たんだよ」と言った。人間一度洗脳されるとなかなか抜けないというから、おそらくゲンちゃんは今でも統○教会に居るのだろうと思い、路上の珍味売りか印鑑の訪問販売でもやってたのか?と聞いてみたところ、いやいや全く意外な所なんだよ!と言う友人。それで多宝塔売り、募金集めのキャラバン隊、手相占いに悪質リフォーム業者など統○教会信者が従事していそうな仕事をあげてみたが全部違うと言う。やがて友人は「いいか!驚くなよ!」と前置きした後で「ザイトクカイ(仮称)の幹部になってたんだ!」と言った。

ザイトクカイ(仮称)…。言わずと知れた在日の過剰な特権を許さないという右翼団体である。彼らの行動はYoutubeにしょっちゅうアップされているので皆さん見たことがあるだろう。だけどなんで統○教会信者のゲンちゃんがザイトクカイに…とちょっと不思議に思ったが、よく考えてみれば統○教会の下部組織であるショウキョウ連合は街宣右翼の元締めだし、児玉誉士夫や笹川良一ら戦後の利権右翼は統○教会の教祖と盟友関係にあったから統○教会と街宣右翼の繋がりという点では理解できるのだが、肝心要の部分があべこべである。

「統○教会はソ連崩壊後は北朝鮮にすり寄って左傾化してるし、だいいち日本は朝鮮にひれ伏せ!という統○教会の主張と在日は出ていけ!というザイトクカイは真っ向から対立するじゃないか?」と筆者は頭の中に沸いた違和感を口にした。統○教会は自民党の清和会にがっちり食い込んでいるが、これは今では政治利権上の手段でしかなく、彼らの基本的な主張は反日であり、民主党や社会党の親韓・親北朝鮮議員のスポンサーとして日夜日本の国力を削ぐための努力を惜しまない団体なのだ。それが思想的には対極にいるザイトクカイ(仮称)に人を送り込んでるだと…?



(この写真は本文とは関係ありません)


やっぱりゲンちゃんは統○教会に搾取されている自分に気がついたんじゃないか?それで今までの反動でザイトクカイ(仮称)に加入したんじゃないの?と筆者が言うと、この友人は(書き忘れたがこいつは一応雑誌社に勤めている)「いや、ザイトクカイ(仮称)の動きをよく見て行けば統○教会の目的にかなってる事が分かるんだ」と言った。この話は長いので要約すると、ザイトクカイ(仮称)が盛んにYoutube上に自分たちの行動をアップしている理由は、これを外国人に見せて「日本は第二次大戦前のナチス台頭期のドイツと同じ状況下にある」と日本警戒論を醸成する事にあると言うのである。

「お前も知っての通りアメリカ各地で従軍慰安婦の像が立てられようとしているが、中国と並んであの背後にいるのが統○教会なんだ。それどころか日本はアメリカからの外圧に弱いから、直接日本に文句を言うよりもアメリカの世論を経由して日本に圧力を掛けた方が効果的だ!と中国に教えたのは他ならぬ統○教会なんだよ。奴らは60年代から日本を反共の防波堤にするためにこれと逆の政治工作を散々やって来たからなお手の物なんだ」と友人は驚くべきことを言った。そしてもしこれが天理教や立正佼成会とかなら考えすぎだよ!と筆者は鼻で笑っただろうが、統○教会なら左右両方に手を突っ込んで世論捜査を行うなどお茶の子さいさいだろう・・と思った。

ではゲンちゃんは洗脳が解けているのだろうか?。こればっかりはゲンちゃんに聞いてみないと分からないが、あれだけ搾取されて身も心もボロボロになったのだから、ふつう脱会したなら静かな生活をしてるはずである。統○教会いう巨大な食虫植物に捉えられたゲンちゃんは、ゆっくりと体を溶かされいているのも知らずに、これが人類のためになると使命感を持って在日の人達の家とかぶっ壊しているのだろう。なんとも哀れな話だが、まかり間違っても筆者は君から宝石や翡翠の腕輪を買う気は無いから、この日記を読んで勧誘対象が増えたと勘違いしてフィリピンまで来ない様に。


201410040103279cb.jpg
(この写真はパロディではなく事実です)



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

2014/10/04(土) 09:09:06 | URL | hanep #-
これまでの記事で最高でした。
---と同時に、伏字箇所を増やすべきと感じました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/374-9f47e7eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)