FC2ブログ

洪水の来る前に・・・

2013/08/20 03:33:21 | 人間万華鏡 | コメント:1件

台風マリングの引き起こした大雨でテンヤワンヤの一夜を過ごしたのち、翌朝10時に起きると床上浸水はすっかり水が引いていてメイドがモップで床を拭いていた。TVニュースによると大雨は水曜日まで続くようなので油断はならないが、どうやら昨年のような大洪水には至らない様なのでひとまず安心である。さてアナウンサーがマニラの一部地域が水没して大変なことに・・と言った後、画面に冠水した町が映し出され画面下にラス・ピニャスという文字が出てきた時、筆者は思わず「よしっ!」と快哉を叫んでしまった。
     c0990f15e2ede51b3a0f6a706700e695.jpg

今から2か月前、香港の空港でマニラ行きのフライトを待っているときに、向かいの椅子に座るフィリピン人のオバさんグループの一人に話しかけられた。なんとなく細木数子に似てる金持ちそうな風体である。飛行機はもう3時間も遅れており細木女史の話題もエンジントラブルかどうか・・みたいな事なのだが、お互いヒマなので何となく会話を続けることになった。「香港人?」「日本人ですが女房はフィリピン人で」「私たちは高校のクラスメートで同窓会代わりに香港に観光に・・」みたいなありふれた話をした後、細木女史が「あなたはどこに住んでいるのか?」と聞いてきたので「リサール州の★△◎ですよ」と答えると細木女子は少し蔑みの表情を浮かべたように見えた。
     mig.jpg

細木女史は「★△◎は去年の大洪水で冠水した低開発地区なのよ」と言い「自分の住んでるラス・ピニャスとは大違いの田舎だわ」と付け加えた。その見下したような物言いには正直気に障ったが、筆者はフィリピンの永住ビザが取れたらラス・ピニャスやパラニャーケなどマニラ市の南地区に家を買おうかなと当時は考えていたので細木女史にラス・ピニャスの住宅事情について聞いてみることにした。すると「あたしの家は今買えば2000万ペソ(4500万円)はするのよ」と自慢げに言うので、女史へのご追従も込めて「えーっ!そんなに高いのですか?その金額の半分くらいで買えるのかなと思ってましたよ。」と驚いたフリをしたのだが、どうやら女史の脳裏には「目の前にいる日本人(筆者の事)=貧乏人」というイメージが出来てしまったらしい。
     250px-Ph_locator_ncr_laspinas.png

そこへ今まで他の席にいたグループの一員がやって来て細木女史と何やら小声で話し始めたが、二人の会話の端々に「★△◎」とか「ハポン(日本人)」という単語が混ざっているので、どうやら筆者の事を話しているらしい。昔やってた「独占女の60分」という番組に出ていた泉アキによく似た(というより泉アキそのもの)このオバサンは、心なしかなんとも気の毒そうな目で筆者を見ている。やがてこの泉アキは「ラス・ピニャスには1000万ペソくらいの安い物件もあるけれど、でもアナタには無理じゃないかしら」と外国人の夢を壊すのは忍び難いんだけど・・というような表情で言った。なんだ・・このオバはんは・・?どうもこの泉アキもラス・ピニャスに住んでいるらしい。それでも一応年長者なので怒らずに、筆者はその後も二人にラス・ピニャスの事をいろいろ聞いたが、「この日本人は貧乏だからラス・ピニャスに住むのは無理よ」という先入観ですっかり固まってしまったみたいで聞いてる事にロクに答えやしない。やがて搭乗を知らせるアナウンスが始まると泉アキは「★△◎は雨季になると大洪水になるから気を付けてね」と言って席を離れていった。おい・・何だ・・この屈辱感は・・・?
     MW-W93-0317.jpg
さて今日のニュースをみるとラス・ピニャスの冠水は深刻そうだが地域全体が水の都ヴェニスのようになったのかどうかは定かでない。もちろんそうあってほしいが、筆者の住む★△◎も冠水で大変な身なので見に行くわけにもいかない。筆者はラス・ピニャス住民には何の恨みもないが、一方であの二人のオバさんの人を小馬鹿にした態度にお灸をすえるには荒療治が必要だとも思う。洪水の来る前に・・もしも望みが一つ叶うなら、どうかフィリピン中の雨を集めてナイアガラの滝のように一点集中でラス・ピニャスに振り注いでください、雷神様、お願いします。

*こんなこと書いてる内に2度目の床上浸水がはじまった。外はすごい豪雨である。今日はスペインのブランデー「カルロス1世」を飲みながら、ケイト・ブッシュのアルバムを聞いて過ごそうっと!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

2014/02/10(月) 22:03:23 | URL | hanep #-
この記事は、少し違和感を感じました。
ラスピニャス、バコール近辺といえば、いわずと知れた
フローティングエリア。道々に、「この地区は浸水します」と看板があるほどです。

実際に住んでいる人なら、こんな事言わないんじゃないかな、このおばちゃん、大口叩いただけで、実は...
ただのOFWだったりして...ww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/34-c6ce5a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)