御巣鷹山から下りて来たのは・・・

2014/08/13 00:00:19 | オカルト系 | コメント:1件

日航機123便の墜落事故から今日で29年が経過したそうである。筆者は当時テレビで捜索活動の生中継を見ていたのだが、硝煙の臭いがブラウン管から漂ってくるかのような墜落現場のあまりの残状ぶりに衝撃を受けてしまった。乗員乗客合わせて520人死亡、奇跡的に助かった生存者は4名。川上慶子という12歳の生存者がヘリコプターに吊り上げられるシーンが印象に残っているが、しかし筆者の記憶に今でも鮮明に刻まれているのは、そばでテレビを見ていた父の「この山はとんでも無い心霊スポットになるぞ」という罰当たりな一言であった。

オカルトマニアの方は既にご存知の通り、御巣鷹山はすでに心霊スポットとしてつとに有名になっている。夜中に叫び声が聞こえる、森の向こうから何十人もの白い影が現れる、肝試しに来たヤンキーたちが帰り道に交通事故で全員死んだ等々、犬鳴峠や清滝トンネルなどの他の超有名心霊スポットと同じような目撃談が幾つかあるが、一方で日航機事故ならではの独自のエピソードがある。それは日航機の墜落現場で救出作業に当たった人間たちが体験した話である。さて今日は大して怖くないが筆者の行きつけのスナックのママが教えてくれた話を日記にしたい。もちろん御巣鷹山に関係する話だ。

ある雨の日の夜、もう店を閉めようかしら・・とママが思っていると、店のドアが開いて3人連れのお客が顔を表した。あらいらっしゃい!お久しぶりね!と3人のうち一番馴染みの男に声をかけたが、この男は「ああ・・」とぶっきら棒に言うだけである。いつもは「ママー!今日は徹底的に飲むからなー!」と勢い良く入って来ては、歌うわ騒ぐわママのお尻を触るわと陽気な男たちなのに、今日はなんだか様子がおかしい。それにいつもはカウンターに陣取るのに、今日はテーブル席の端っこに固まる様に座って3人とも無言でいるのだ。

ところがおかしいのはこの3人だけでは無かった。店のヘルパーであるミキちゃんという娘はカウンターの中に入ったまま凍りついたような表情で3人組の座ったテーブルの辺りを見回している。それでママは、ミキちゃん!早くボトルを持って来て!とかオツマミ用意して!、こっちに来て!と急かすが、いつもはテキパキと仕事をこなすミキちゃんが今日に限っては全く役立たずになっている・・。それに3人組との会話は弾まないどころかずっと沈黙したまま・・。気まずい空気が流れるなか結局この3人は1時間ほどいただけで帰ってしまった。





さて客が帰った後ママはさっそくミキちゃんにお叱りを入れたが、このミキちゃんは青白い顔でジッとママを見ているだけ。そしてママのお叱りが終わると、「ママ!今から私が言うことを驚かずに聞いてください」と言い出した。いったい何よ!この娘は!と思ったが、ミキちゃんはいきなり「私は見える人間なんです」と言い出す。見えるって何を?幽霊です。はぁ?というやり取りの後で、「子供の頃から見えるのでもう慣れっこになっているんですけど、あの3人のお客さんに憑いている幽霊の人数がハンパじゃ無かったんです」と言い出した。

ミキちゃんの語るところによれば、この3人のお客には何十もの霊が憑いていたのだそうだ。この霊は男も女も子供もいて全員が無表情のままお客の体にしがみついているのだが、不思議なことに全員が全員とも皮膚が青い色をしているのだという。怖い話が大嫌いなママはこの話を聞いて背筋がゾッとしてしまい、「もう話すのをやめて!」とミキちゃんの口を閉じさせてしまったため、後年筆者はママから幽霊の服装などついて詳しく聞くことができなかった(残念)。

しばらく経ってこの3人組の客のうち馴染みの男はママの店に現れ、開口一番「ママ!この前は暗くってゴメンな!」と謝った後で事情を説明し始めた。あの日は任務が終わって気分が塞いでいたから同僚と一緒に飲みに来たんだけど、どうしても気分が晴れなくってな!ははは!と幾分明るさを取り戻した口調で言ったそうだが、一体なんの任務なのかは職業柄言えないんだよ!と言ってはぐらかされたそうだ。ちなみにこの男は自衛隊の隊員で、墜落事故の現場で作業に当たった空挺部隊に所属していた。

さてこの数十体の幽霊はなぜ3人の自衛隊員にしがみついていたのかについてママは何も言わなかったが、言うまでもなく幽霊たちは自分の里に戻りたかったので下山する隊員の背後に取り憑いたのに違いない。ところが3人の隊員は町に下りると真っ先にスナックに飲みに行ってしまったため、幽霊たちもやむなくお供することになったと言うことであろう。手が千切れたり体が焼け焦げた形で化けて出てこなかったのは、スナックへ来たので緊張して襟を正したからではあるまいか。なおミキちゃんの見たところでは、そのままスナックに居着いてしまった幽霊はいなかった様である。







にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

怖い!

2015/10/21(水) 02:15:28 | URL | 清野幹文化財団法人 #-
あんな悲惨な事故が起きないように  お祈り致します

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/324-8c9b48aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)