FC2ブログ

NBIクリアランスにご注意

2014/08/07 00:11:24 | 海外移住入門編 | コメント:2件

フィリピンに移住して初めてエルミタにあるNBI(国家捜査局)本部に行って来た。昨年秋に取得した永住ビザ(13A)を1年暫定版(PROBATIONARY)から永久版(PERMANENT)に切り替えるにあたってNBI発行の無犯罪証明書(通称NBIクリアランス)を提出する必要があるからである。暫定版の失効日は10月頭で、切り替えは1ヶ月前からと移民局のホームページには書いてあるが、フィリピン在住のある方のブログには2か月前に申請を始めろ!と書いてあったので早すぎるかな?と思ったが8月頭から動くことにしたのである。

さてNBIの英文ホームページには、①フィリピン全土にあるNBI支部で申請・受領が可能である、②申請→受領にかかる日数は1日である、と書かれていたので、近所にあるロビンソン・デパートに入っているNBI支部に行けばいいんだな!と気軽に考えていたのだが、たまたま英文でNBI Clearance Foreign nationalsと検索してみたら「外国人は支部ではなくエルミタのNBI本部で無いと受け付けてもらえない」という記述を見つけた。えっ?だけどNBIのホームページには外国人の扱いについてなんの記述も書いて無いではないか・・。

朝10時に家を出てエルミタのユナイテッド・ネーションズ・アヴェニューにあるNBI本部に到着したのは12時過ぎだった。大雨の影響であちこちの道が閉鎖されていてひどい渋滞である。年々マニラは人が住む所じゃなくなっているな・・、こんな所にコンドミニアムを買う奴って馬鹿じゃないだろうか・・などと考えながら、1階の外国人用受付をすっ飛ばして3階の申請窓口へ直行し、カウンターの中にいる目当ての女性を探し回った。実は筆者の親戚筋の伝手を辿ってNBI職員を探し出し、一切待たずに即手続きしてくれる様にしてもらったのだ。

「はい、この書類に必要事項を書き込んでね」と2枚の書類を渡されたので、名前、生年月日、現住所、肌の色などを記入していくが何とも居心地が悪い。この女性職員は手取り足取り実に丁寧に教えてくれるのだが、筆者は女性職員の側、つまりカウンターの内側に座っているのだ。航空会社のチェックインカウンターの内側にズカズカ入り込んで、長蛇の列に並ぶ一般客全員の冷たい視線を浴びながらチェックインさせてもらっている光景を想像してもらうと良いだろう。ファーストクラスを超えるウルトラ特別待遇だが、俺が一般客の立場だったら怒鳴りつけているに違いない。


20140807005610ce1.jpg


さて光学センサーで10本の指の指紋を取られ、書き込んだ書類とパスポート、ACR-iカード、そしてポスタルIDを女性職員に手渡すと、「じゃあ今から指紋採取に1階に降りて行くからついて来てね」と言ってスタスタとエレベーターの方へ歩いて行ってしまう。おいおい!この長蛇の列はどうすんだよ!と思ったが、この女性職員は一向に意に介して無い様だ。そして指紋採取セクションでも、椅子に座って待っている一般申請者をすっ飛ばしてカウンターの中に入りこみ「ここの主任はこの人よ!」と紹介してくれた中年のオヤジの支持に従え!と言う。

「ハイ!シャチョー!テヲダシテ!インクヌルネ!リラックスヨー」と香港のインチキ時計売りのような怪しい日本語で筆者の手をグッと引っ張る主任のオヤジ。この作業自体は昨年日本の無犯罪証明書を取得する際にクバオの国家警察本部(PNP)でされたのと同じ要領だが、さっき3階のカウンターに設置された光学センサーで指紋の写真撮ったばかりじゃねえか!何のために新旧2つの方法で指紋採取するんだろう・・。ひょっとしてこの主任のオヤジが失業させないためなんじゃないだろうか・・と思えてきた。

指紋を採取している間もずっと離れずに女房と立ち話している女性職員。職場に戻って居並ぶ一般申請者を処理しなきゃ!とは考えないんだろうか?。しかしこの後女性職員の口から「受領は2日後になりますよ!」と驚くような一言が・・。即日発行じゃねえのかよ?。しかしこの女性職員は「外国人の場合は調査項目が多いので稼働日ベースで5日かかるんですよ」と微笑みを絶やさずに言う。ちなみに後で調べたらこれは本当で、単にNBIのホームページでは外国人の扱いは①本部のみ、②時間がかかります、と書いて無いだけだった。何でそんな簡単な事に頭が回らないんだろう・・。

さてNBI到着から指紋採取終了まで約30分。5時間かかったという人もいるから超特急ペースである。そして出口まで女性職員は送ってくれたので、「俺たち今から日本料理を食べに行くんだけれど、アナタもご一緒しませんか?」とお誘いしたところ、この女性職員は「仕事上それは出来ません。それに私たちは多くの申請者をハンドルしなければいけませんから」と言ってキッパリ断られてしまった。親切丁寧の公務員の鏡、それとも見上げたプロフェッショナル意識と言うべきか?。だけど大きくボコっと抜けたところが有るような気がするんだけど・・。


20140807005618b38.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト




コメント

2014/08/07(木) 22:36:16 | URL | でぶ熊 #3hri4u1c
比在住でない事もあり13aビザを申請した事ありませんがどんなアドバンテージがあるのでしょうか、永住ビザも同じです。女房実家の弁護士も勧めませんが。。。

Re: タイトルなし

2014/08/08(金) 00:58:20 | URL | 3カラット #-
ビザ延長のために何度もイミグレに行かなくて良いことくらいでしょうか。
あとはあんまりメリットは感じませんね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/318-96c9721f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)