FC2ブログ

カルトにはまり込んだフィリピン人メイド

2014/08/04 00:13:03 | 人間万華鏡 | コメント:0件

「ノエミーが香港に帰るから空港まで見送りに行かない?」と女房に言われたので、仕事の合間でちょうど暇だった筆者は喜んで同行することにした。このノエミーというのは女房のお笹馴染み兼遠縁の親戚で、ノエミーを含むパズ家の五姉妹は全員が香港に家政婦として働きに出ていて、筆者が香港にいた時には毎週の様に家に来ては飲めや歌えやで一日すごしていたのだ。もうかれこれ20年近くの付き合いである。

さて案の定大人数で我が家に現れたノエミー一行。今回一緒に帰省して3日後に香港に帰る姉のカルメンまで来ている。あんた太ったわね?顔色いいじゃない!香港よりフィリピンの方が向いてるんじゃないの?などと気さくな会話を楽しみ、従兄弟ジョマールの運転で空港近くのSMを目指す。本当はリゾートワールドのイタリア料理店に行きたかったのだが、総勢10人の大所帯なので予算の関係からGerry's Grillに行くことにした。


201408040100290ef.jpg



さてテーブルについて筆者とノエミーの定番である男関係の話をしてみた。一般的に香港にいる家政婦は我が身の寂しさから①レズビアンになる、②男漁りに躍起になる、のどちらかだと言われていたが、ノエミーは典型的な②のパターンで、ワンチャイにあるネプチューンというディスコに入り浸っては白人男と浮名を流していたのだ。(ちなみに姉のカルメンは①のパターンである)。

ところがノエミーは急に真面目な顔になり「私はもうああいう生活は止めたのよ!」と言う。そして「今は教会に行くことで身が綺麗になっているの」と唖然とする様な発言をし始めた。教会・・?。あのフランス人やイギリス人の初老の男を引っ掛けては得意になっていたノエミーが教会だと・・?。思わずシーンとなるテーブル。それで筆者はテーブルの向こう側にいる5人の親戚たちがノエミーの通う教会にあまり良いイメージを持っていないことが分かった。


2014080401003372a.jpg


ノエミーが入信したのはダバオに本拠を置くキングダム・オブ・ジーザス・クライストという教団で、アポロ・キリボイなる御仁が指導者なのだそうだ。イグレシア・二・クリストやボーン・アゲイン教団なら知ってるが、この名を聞くのは初めてである。「今まで人生でいろいろ紆余曲折したけど、今はまっすぐ前を見て歩んでいるの」と確信したような表情で言うノエミー。しかし筆者はあまりの意外な事態に思わずウンウン・・としか返事ができなくなってしまった。

空港からの帰り道、ノエミーの姉のカルメンが「妹はカルトにはまり込んでしまって・・」と悲しそうな表情をして言うが、お前だって創価学会の信者じゃねえか、五十歩百歩だろうが・・と思った。どうも長い家政婦生活で寂しさに追い込まれたフィリピン人は前述の①②の他に③宗教に走る、という傾向があった様である。しかしあの遊び人のノエミーが宗教にねえ・・と何度考えてみても首を捻るばかりだ。


2014080401002105e.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/315-fdc60a79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)