FC2ブログ

ダバオのキニラウ

2013/08/15 10:14:27 | グルメ | コメント:1件

フィリピンに住みはじめてから2カ月経過したが、未だにこの料理を超える美味いもんに出会えていない。その名はキニラウ。生マグロのぶつ切りと野菜を酢と調味料で和えたサラダっぽい料理である。なんだよ・・この料理ならフィリピンのどこにでもあるじゃないか・・とお思いだろうが、筆者が食べたダバオのキニラウはそこら辺のキニラウとは全然別格なのだ。
   536886_611374795546108_1644782525_n.jpg
  
今年の2月に事前視察のためダバオにひと月ほど滞在した時、ホテルのすぐ近くにあるSMラナン・プレミアムで「マリーナ・ツナ」というシーフード店の支店を見つけた。「日本の方ですか?この料理が良いと思いますよ。それにワインと合いますしね」とウエイトレスが言うのでキニラウをオーダーしたのだが、出てきたキニラウを最初に口に含んだ瞬間、マグロの新鮮さと軽快な酢の味がフワーッと口の中に広がり、その爽快感に刺激されたかのように口と喉が勝手に動きはじめ、プリプリしたマグロとシャキシャキっとした野菜をガツガツと噛み砕くと、ゴクリと一気に呑みこんでしまった。本当にペロリと食べるとはこういう事を言うのだろう。その後に自然と湧いてくる笑い・・見ると女房も同じように笑っていた。この日以来ダバオではしょっちゅうマリーナ・ツナ・レストランを訪れキニラウを必ず2皿オーダーするようになった。
   DSC_0102.jpg

さてマニラに来てしばらくしてキニラウを食べたくなったので、あちこちのシーフードレストランに行ったのだが、どのキニラウもマリーナ・ツナに比べるとまるで話にならない代物だった。マグロは水分が出きってグチョっとしていて、味付けは酢のバランスが悪く舌を指すような酸味がするし、何より水分が多すぎて舌触りが不快なのだ。その後マカティの超有名ホテルでシェフをしている女房の従兄弟が「よし!俺に任せろ」と作ってくれたキニラウも生直マニラの店と大して変わらなかったし、ボラカイのレストランで食べたキニラウも似たようなもんだった。なのでここ数か月、筆者はダバオのキニラウを渇望している状態が続いてる。
   427195_611374905546097_773679841_n.jpg 

さてマリーナ・ツナの社長さん、是非ともマニラに支店作ってもらえないでしょうか?料金は倍にしても商売大繁盛は間違いないと思いますよ。何より筆者が一族引き連れて毎日キニラウ食べに行きますから。それと辛口の白ワインと吟醸酒を揃えといてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

2014/02/10(月) 22:08:08 | URL | hanep #-
これはいただきました!ダバオに行く際、必ず行ってみる事にします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/31-638c749a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)