爪切りババアの恋

我が家にしょっちゅう出入りしているリサという中年女がいる。訪問型の爪切りサービスを生業にしているが副業は金貸しである。奥さん連中の足の爪を切りながら無駄話中に相手の資金状況を聞き取り、短期間の資金ショートに陥ったと聞くやすかさず月利20%を申し出すのだが、このがめついリサが最近見かける度にケバくなってきたことに気が付いた。髪の毛が茶髪になったのはまだいいが、やけに広く塗った青いアイシャドウとド派手な真っ赤な口紅はまるで新小岩の格安キャバレーのママのようで、この顔でニヤッと笑われると何か猛禽類の一種のように思えてくる。

さて昨日まっ昼間に散歩から戻ってくると、犬を連れたリサが木陰に向かって歩いているのを見つけた。犬に糞でもさせるのかなと思ったが、ちょうど爪切りをして欲しかったのでリサに声をかけようと戻って来るのを待っていると、木陰の向こうに若い男が立っていて歩いてきたリサの手をとった。そして・・二人はものすご〜く親密そうな感じを醸し出していたのだが、若い男が筆者の存在に気付き「なんだお前!」という視線を筆者に向けた。そして男の気配に気がついたリサも筆者の方を振り向いたが、その時リサの顔に「あっ!しまった!」という表情がありありと浮かんだ。


20140714005401473.jpg


自宅に戻り女房にこの事を話すと「その事は誰にも言うな!」と言う。実は女房もリサの最近の言動から相当アッチの方が溜まってるな・・とは思っていたが、狭いサブディビジョンで噂が広まるとマズいと言うのである。そりゃそうだけど・・ゴキブリ駆除会社に勤める旦那が部下と浮気しているのは誰もが知ってる話だし、だいたいリサの派手な化粧を見れば誰だって盛りのついたメス犬との噂になってるんじゃないか・・と反論したところ、確かに犬の散歩を口実に外出しては男に声を掛けまくる様になったという噂はあるのだという。

以前の日記にも書いたが、リサは夫と二人で必死に金を貯めてサブディビジョンに家を買い、やっと生活にゆとりができたと思ったら夫の浮気という現実にぶち当たってしまった。それで綺麗なオベベに化粧をして夫を振り向かせようとしたが、年齢的、外見的かつ体型的なハンディはどうにも埋めようが無く、夫は浮気相手に入れあげたままだ。残されたのは爪切りと金貸の生業と馬鹿そうな小学生の娘だけ・・、こんなはずじゃ無かった!あたしの人生なんなのよっ!それから妖怪のような化粧をして日な日な男漁りに精を出すようになったに違いない。


20140714005358fe6.jpg


さて筆者がリサの痴態を面白おかしく想像をしていると、下の階からドスッドスッドスッと階段を上がってくる大きな音がしてドアがノックされた。部屋を覗き込んだ義妹は筆者の方を見て「リサが爪切りに来たわよ」と言った。な・・何で・・?。念のため義妹にお前がリサに来るように頼んだのか?と聞くと、「アタシじゃなくて日本人の旦那に頼まれたってリサは言ってるけど・・」と答えた。

玄関に行くとリサは商売道具の入った小箱を抱えて立っていた。有無を言わせぬ眼力で筆者を見つめる。断っても帰りそうにないのでリサに爪切りを頼むことにしたのだが、リサはいつもと違って筆者とは一言も話さない。ただ黙々と爪を磨いては爪切りとペンチ状の道具で爪を切り、アルコールとワックスを塗りたくるだけである。筆者にベラベラ喋られたらどうしよう・・と気が気でなくなって来たのだろう。無言の圧力・・。それで空気を変えるためにリサの顔をじっと見てニヤッと笑ったら、リサは一瞬ひるんだがグッと顎を引くやバチンッ!痛えっ!。リサのやつ思いっきり親指を深爪で切りやがった。そして筆者の顔を観てフフフ・・と意味ありげに微笑んだ。


2014071400535547b.jpg



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/293-5e3f81e9