FC2ブログ

ラパス・バッチョイ-ボラカイの旅(6)

2013/08/12 12:40:40 | グルメ | コメント:0件

ボラカイ滞在中に筆者が一番多く食べたレストランがここDECO’Sである。7泊8日の旅で訪問回数は5回。この店はステーション2付近のビーチロード沿いにあって、パナイ島の名物料理のファストフード店なのだが、ここで出てくるラパス・バッチョイという麺がとても美味いのだ。
   photo 2 (21)

筆者は麺類(特に汁ソバ)が大好きで、タイのバーミーナムやシンガポールのラクサ、台湾の台南担仔麺などは現地に行くたびに毎日必ず食べていたし、香港に住んでた時は鮮蝦雲呑麺か搾菜肉絲公仔麺(写真下:ザーチョイ・ヨクシー・コンジャイミンと発音する)という世界一美味い麺を15年間毎朝欠かさず食べてきた。ところがフィリピンに来てから今までの2か月、ただの一度も美味いと思わせる麺に出会えず、ずっと失意の毎日を過ごしてきたのだ。
   img_1517072_61204099_4.jpg

さて筆者がハマったのがこのラパス・バッチョイの大盛97ペソ(写真下)。スープは豚骨と豚モツをじっくり煮込んだタイプだが意外にあっさりしていて少し甘みがつけてある。麺はフィリピンには珍しく細めの中華麺で、トッピングは豚モツの細切れに豚の皮を揚げたものとネギだけというシンプルさ。最初食べた時、これは日本のどこかの地方のラーメンじゃないかと思うほど筆者の舌にするりと馴染める味で、思わず「もう1杯」とお代わりしてしまった。以来1日最低一回はこの店に来てラパス・バッチョイの大盛を2杯食べるようになってしまった。それに朝9時から11時までやってるので、カルメラの不味い朝食をスキップしてブランチに一杯、バーで飲んだ後軽く一杯と1日2回いけるのが良い。
   photo 3 (16)

さてボラカイから帰ってきて数日たったある日、義妹が「タイタイのSMに確かラパス・バッチョイあったはずよ」と言うので喜び勇んで行ってきた。DECO’Sがあるのかと思ってモールを探したがどこにも見当たらない。モールの受付に聞くとフードコートにあるという。嫌な予感がしたがとりあえず行ってみるとDECO’Sでもなんでもないがバッチョイは確かにあった。女房は「こんな店は不味いにきまってる」と別の店でシシグをオーダー、筆者は万が一を期待しバッチョイと注文したが、そこで出てきたのは案の定ろくに食えたもんじゃなかった。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/29-aae060dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)