FC2ブログ

最も危険なテロリストがマニラで逮捕

2014/06/12 00:10:26 | ニュース | コメント:1件

ネットに大物テロリストが逮捕という記事が出ていた。逮捕されたのはアブ・サヤフのリーダーの一人でファイナンサーと呼ばれていたカイール・ムンドス(Khair Mundos)という50歳の男で、マニラ市内パラニャケにある知人の家にいるところをフィリピン国家警察に捕まった様である。このムンドスはテロ部隊の指揮官という顔とは別に、中東のアル・カイダから資金を引っ張ってくる役割を担っていたという。2004年に逮捕された際の容疑は資金洗浄の罪であったが(2007年にキダパワン刑務所からの脱獄に成功している)、今回は複数の殺人・殺人未遂で起訴される見込みだという。


さて記事を読んでいて気になったのは、このムンドスはアメリカ司法省が公表しているThe Most Wanted Terrorist in the Worldのリストに入っていたという箇所である。世界で最も危険な連中・・一体どんな奴らがこのリストに入っているんだろう?と興味を持った筆者はさっそく司法省のウエブサイトを開いてみることにした。するとそこには55人の顔写真と名前、所属組織、経歴とは他に、なんと賞金額が出ているのを見つけた。デッド・オア・アライブなのかどうかは知らんが、テロリストの首に賞金をかけるとは流石西部劇の国アメリカである。



さて55人全員をここで書くのは面倒なのでトップ8人だけ掲載することにした。なお名前は読み方が分かりにくいのでいくつか間違っている可能性もあることをお許しいただきたい。

第8位 ー 賞金額700万ドル 同額3人
・ムシン•アル•ファダリ
アル・カイダのイランにおける幹部の一人
9・11及びサウジ国内のテロ事件に関与
・アフメド•モハメド・アブディ
ソマリアのアル・シャハーブの創設者
ソマリア国内の複数のテロを実行
・アブバカール・シェカウ
ナイジェリアのボコ・ハラムのリーダー
女子学生誘拐など同国内の多くのテロ・犯罪に関与



第5位 ー 賞金額1000万ドル 同額5人
・アブ・ドゥア
アル・カイダのイラクにおけるリーダー
イラク議員殺害など同国内のテロを実行
・ムラー・オマル
アフガニスタンのタリバンの指導者
米軍侵攻後も逮捕されずに逃亡中
・ハーフィズ・モハマド•サイード
元大学教授でジャマット・ウド・ダワの創設者
ムンバイ攻撃を含むインド国内のテロを実行
・ヤシン•アル•スリ
アル・カイダのイランにおけるリーダー



第1位 ー 賞金額2500万ドル 単独首位
・アイマン・アル・ザワヒリ
エジプト・ジハード団の創設者
オサマ・ビン・ラーディンの盟友
タンザニア・ケニアの米大使館爆発を実行

なお昨日逮捕されたムンドス容疑者の順位を調べてみたところ、賞金50万ドルで55人のうち単独最下位であった。このリストにいる55人のうちアジア人は6人(全員がアブ・サヤフとインドネシアのジェマイア・イスラミアのメンバーである)と結構健闘しているが、最高順位は賞金額500万ドルで44位と、アジア勢はどうもテロリストとしては今一つパンチに欠けるようである。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト




コメント

2014/06/16(月) 22:03:01 | URL | hanep #-
でも、パラニャケなら近いじゃないですか。
50万ドルあれば人生変わりますよ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/261-72462a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)