カティクランへのフライト-ボラカイの旅(1)

2013/08/06 16:26:12 | 旅行 | コメント:1件

過去20年の間、筆者にとってリゾートとはプーケットかサムイ島と相場が決まっているのだが、女房の従兄弟のジェンジェンとジュミー夫婦がボラカイ島がいかに素晴らしいかを何度も力説するので、物は試しと筆者夫婦と義妹とその娘、従兄弟夫婦と娘の合計7人でボラカイ島に行くことにした。なお筆者はカネを出すだけで予約・日程はすべて女3人にお任せ。筆者の職場での経験では、この手の仕事は女性陣に任せるに限る。まず予算を超えることはめったにないし、当事者意識が高まるので旅の期間中にご婦人方の不平不満に悩まされることも無い。与えた予算は筆者が独自に算出した額の2割引きになってることも知らず、3人とも嬉しそうにパソコン画面を見つめ、何が相違点なのか筆者には全く理解不能な議論を楽しそうにアーダコーダと重ねている。ばーかめ!
   boracaymap_convert_20130806123545.jpg

交通渋滞を考慮してフライトの4時間前に家を出たが、案に相違して車はスイスイと進み空港に到着したのは出発の3時間前。とりあえずチェックインだけして昼飯を食うことにしたところ「あなたたちの乗るフライトはキャンセルになる可能性がありますから30分後に出る1つ早い便に搭乗変更しますよ」と言われた。一同あわててセキュリティーチェックを過ぎ、飛行機に向かうバスへ飛び乗ったが、バスが飛行機に横付けされた時に制帽を被ったオッチャンが車内に入ってきて「カティクランの天候が悪いから一旦搭乗ラウンジに戻って待機してください。」と盛り上がる気分に冷水を浴びせる一言を。結局ターミナルで2時間待ち、飛行機が飛び立ったのは一番最初に予約したフライトと同じ時間だった。これって乗客不足による1便削減だけなんじゃないの・・・。
   photo+1_convert_20130806134124.jpg

マニラからカティクランまで飛行時間は1時間。カティクラン空港は滑走路が長さ800メートルしかないため飛行機は客席数50以下のデ・ハビラント社製の小型プロペラ機である。このカティクラン以外にもカリボ経由(=ジェット機の離着陸可能)でボラカイに行く方法もあるが、カリボからカティクラン海港まで1時間半バスに乗らなければならないため、女性陣はカティクランルートを選んだらしい。ちなみに飛行機の往復運賃は7人全員で合計36000ペソ(約8万円)だった。
    photo+5+(1)_convert_20130806140318.jpg

空港に着いた後も宿泊先にトランスファーサービス(空港でのピックアップからホテルまでの移動エスコート)を頼んでおいたので非常に楽ちん。手配した車に乗り込みカティクラン海港へ。と言っても乗車時間は3分あるかないかで、歩いても行けるんじゃないかと思える距離。海港のターミナルにて10分ほど待機しバンカーボートに乗り込むが・・・乗り心地が悪い・・・近所の公園に浮かんでいるボートとそんなに変わらんゾ。救命胴衣を着用し船に揺られること約20分。見えてきましたボラカイ島。あれ・・?果てしなく広いビーチじゃなくて岩がゴツゴツ出た岸壁に接岸するんだけど・・なんでも2008年からホワイトビーチへの上陸は禁止され、島南部の岩場に出来た港にいったん上陸し、そこからホテルへ車で向かうことになったらしい。
   photo+1+(1)_convert_20130806144210.jpg

ホテルお出迎えの車に揺られること10分、やっと到着しました今夜の宿ボラカイ・トロピックス・ホテル。ホワイトビーチのステーション2と3の間に位置しホワイトビーチまでは徒歩3分の距離。今回の旅を思い立ってから出発まで3日しかなく、この期間にコンタクトしたビーチフロントのホテルはどこも満室だったためこのホテルになったらしい。受付はしょぼいが、いったん敷地に入るとスイミングプールとガーデンと木造の建物を巧く配置していて、オアシス感覚を醸し出しているのに気づいた。筆者の好きなタイプのホテルだ。
   1st-Pix1-960x400_convert_20130806151348.jpg

ベスト・ウェスタン系列ってあんまり好きじゃなかったけど、さすが一行の中では一番育ちの良いジュミ-が選んだだけある。「私たち大人5人と子供2人でしょ。ちょっとだけ予算を超えちゃったけど、2部屋取るんだったらこっちの方が良いと思って」と通された部屋は、独立した一戸建てでベッドルーム2つにリビングとキッチンが付いたプレミア・スイート。一泊9000ペソ(2万円)で朝食付き。ここなら料理もできるのでワインとか持ち込んで宴会もできるし、目の前がスイミングプールなのでガキたちも大喜び。かなり上出来だ。
   2553_convert_20130806161628.jpg 2551-image_convert_20130806160253.jpg
   2550-image_convert_20130806160203.jpg 2552_convert_20130806160908.jpg

「このホテル気に入ったよ。この広さなら7泊は問題なしだね」と褒めると、ジュミはちょっと複雑な表情をして「実は2泊しか取ってないのよ。シエナ(筆者の女房の名前)が現地で自分たちの目でホテルを選ぼうって言い張るから」と申し訳なさそうに答えた。筆者もこの時には、まあフロントに延長を申し出ればいいだろ・・とか、他のエリアのホテルもいろいろ見てみたいしな・・とやり過ごしたのだが、3時間後にこれが重大な間違いであることに気づかされることになる。
    無題88888

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

B1クリアランス取れましたか

2013/08/13(火) 12:19:58 | URL | kumagawatarou #-
遊んでばかりいないで、ビザの申請に集中したら2か月で終わらせないとまた初めからやり直しですよ、B1クリアランスは取れましたか、40日位で催促の手紙が来ます。B1クリアランスを取得した話がないけど取れましたか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dadesigna.blog.fc2.com/tb.php/23-81dfe064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)